スポンサーリンク

【MLB2023】クレイグ・キンブレル、古巣相手にキャリア400セーブを達成!

キャリア14シーズンでの偉業達成

 現地2023年5月26日、クレイグ・キンブレル(Craig Kimbrel)がキャリア通算400セーブを達成しました!

 Congratulations!

古巣相手に達成

 フィリーズは、前日2023年5月25日に行われたブレーブスとの3ゲームシリーズのGm1で先発のアーロン・ノラが序盤からブレーブスにコツコツと安打を許し、ビハインドとなり常に追いかける苦しい展開。終盤にはブレーブスに追加点を許して5-8で敗れました。

Philadelphia Phillies vs Atlanta Braves Box Score: May 25, 2023 | Baseball-Reference.com
Atlanta Braves beat Philadelphia Phillies (8-5). May 25, 2023, Attenda...

Gm2はシーソーゲーム

 地区の強烈なライバルであるブレーブスをなんとかしておきたいGame2ではタイワン・ウォーカーが先発。ブレーブスはルーキー左腕のジャレッド・シュスターが先発しました。

 タイワン・ウォーカーは立ち上がりは粘り強く投げ、スムーズにゲームイン。先制点を許したのはジャレッド・シュスターで、3回表に2つの四球が絡み、ニック・カステヤーノスにトリプルを許すし、2失点。

 ところが、タイワン・ウォーカーは4回裏にエディー・ロザリオの犠牲フライで1点を返され、5回裏には、マイケル・ハリス2世に2ランHRを打たれて逆転を許してしまいます。

 逆転された直後の6回表、フィリーズは四球で得たチャンスをしっかりと活かして、ブランドン・マーシュが2点タイムリーを放って4-3と再逆転。

 さらに、7回表にはルーカス・リトキーからチャンスメイクし、トレイ・ターナーがタイムリーダブルを放つなど2点を追加し、6-3とリードを拡げます。

 8回裏にマット・ストラムがマーセロ・オズーナにソロHRを許し、4-6と追撃を許すも、2点のリードを保って9回裏に突入。ここで登場したのがクレイグ・キンブレルです。

キンブレルが最終回を無失点に

 クレイグ・キンブレルは先頭のオジー・アルビーズに粘られ、8球を費やすも、95.1mphの4シームでCFフライに打ち取りまずは1アウト。

 つづくオーランド・アルシアには初球のインコースへの95.1mphの4シームで1球でCFフライに仕留め2アウト。

 当たっているマイケル・ハリス2世には徹底して低めに投じ、厳しいコースをつきますが四球。ランナーを1人置いてロナルド・アクーニャ・Jr.に打席が回り、一発で同点という場面でしたが、キンブレルは粘り強く対戦し、アクーニャを95.4mphの4シームで3Bゴロに仕留め、ゲームセット。

 6-4のスコアでフィリーズが勝利し、キンブレルにセーブがついて見事、400SVを達成したのでした!

Phillies 6, Braves 4 Final Score (05/26/2023) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

クレイグ・キンブレルの400セーブ

 クレイグ・キンブレルは1988年5月28日生まれ。今季34才で開幕を迎え、5月の誕生日で35才となります。

ブレーブス時代

 ドラフトは2008年のブレーブスの3巡目指名。デビューは早くて2010年で22才の時です。デビューイヤーは5月と8月にメジャーで投げ、計21試合で20.2イニングで40 SO。しかし、16BBを出しました。一旦マイナーに落ちたのはこの調整です。

 2011年から本格稼働をし始め、このシーズンはなんと79試合に登板し、64試合を締め、46セーブをマーク。77.0イニングで127SOです。BBは32。ERAは2.10。

 強烈なシーズンはブレーブスではまずは2012年から2014年までの3シーズン。ERAはいずれも1点台で、42セーブ、50セーブ、47セーブとキンブレルが出てくればもう終わりという無双状態でした。

 ブレーブスには2014年まで5シーズン在籍していたのですが、ここで上げたセーブ数は186!5シーズンのERAは1.43です。すごかったですね。

【YOUTUBE】Phillies fans mimic Kimbrel’s mannerisms

パドレス時代

 2015年4月5日、ブレーブスとパドレス間でブロック・バスター・トレードが成立。ブレーブスはクレイグ・キンブレルとB.J.アップトンをパドレスに出し、パドレスからはキャメロン・メイビンほか4名と2015年のドラフトピック権を受け取りました。

 2015年、パドレスでは61試合に登板し、39セーブでERAは2.58。

レッドソックス時代

 2015年11月には、パドレスとレッドソックス間でトレードが成立。レッドソックスはクレイグ・キンブレルを獲得する代わりに、ローガン・アレン、ハビー・ゲラ(細身の2Wayの投手)、マニュエル・マーゴットらをパドレスに出したのでした。ハビー・ゲラとマーゴットは現在はレイズに所属。現時点でゲラはマイナーですが、マニュエル・マーゴットにはよく打たれておりますね。

 レッドソックスには2018年まで所属。2018年にワールドシリーズ・チャンプになれたのはクローザーとしてクレイグ・キンブレルがいたからこそです。最後はバテ気味でしたが、シーズンを勝ち抜くには大きな存在でした。

 レッドソックスでは3シーズンで108セーブをマーク。ERAは2.44。

カブス以降

 2018年にワールドシリーズ・チャンプになり、契約も切れたキンブレルはビッグディールを目指してFA市場に出ます。ところが、本人の思惑とは裏腹に長年の登板過多でベロシティーが落ちていることを嫌った各クラブは二の足を踏み、キンブレルのディールは難航。

 カブスとの3年契約が決まったのは、シーズンが始まってからです。

 カブスには2021年の途中まで在籍。2020年の60試合シーズンもあり、セーブ数は38にとどまりました。

 2021年途中からホワイトソックスに移籍。ホワイトソックスでは1セーブに終わりました。

 2022年開幕直前、FAでケンリー・ジャンセンを出したドジャースは、OFのA.J.ポロックとのトレードでキンブレルを獲得します。

 ドジャースでは多少復調はしたものの、63試合登板でゲームフィニッシュは47試合。6勝7敗、22セーブ。リードを吹き飛ばすシーンも見られながらもなんとか22セーブを上げたというところでした。

 2023年、キンブレルはレッドソックス時代の関係もあり、デーブ・ドンブロウスキーが編成トップのフィリーズと契約。

 今季もやや苦戦していて、ここまで21試合で3勝1敗、ERA 5.68。ベロシティーが95-96mphのレンジに落ちましたが、フィリーズのチーム事情もありブルペンでなんとかチームに貢献しているという状況です。

歴代8位

 400セーブは歴代8位です(現地2023年5月26日時点)。

#Player (yrs, last mlb age)SVIPArm
1マリアーノ・リベラ【HOF】 (19, 43)6521283.2R
2トレバー・ホフマン【HOF】(18, 42)6011089.1R
3リー・スミス【HOF】 (18, 39)4781289.1R
4フランシスコ・ロドリゲス(16, 35)437976R
5ジョン・フランコ (21, 44)4241245.2L
6ビリー・ワグナー (16, 38)422903L
7ケンリー・ジャンセン (14, 35)401783.2R
8クレイグ・キンブレル (14 35)400707.1R
歴代セーブ数(現地2023年5月26日時点)

現役で2位

 現役では一足早くに400セーブを達成したケンリー・ジャンセンに次いで2位です(現地2023年5月26日時点)。

#Player (yrs, last mlb age)SVIPArm
1ケンリー・ジャンセン (14, 35)401783.2R
2クレイグ・キンブレル (14, 35)400707.1R
3アロルディス・チャップマン (14, 35)317658.2L
4マーク・マランソン(14, 38)262726.2R
5エドウィン・ディアス(7, 29)205399.2R
6デービッド・ロバートソン(15, 38)165761.2R
7ライセル・イグレシアス(9,33)161552.0R
8アレックス・コロメ(11, 34)159539.0R
9ジョシュ・ヘイダー(7, 29)145354.1L
歴代セーブ数(現地2023年5月26日時点)

 ジャンセン、チャップマン、キンブレルがMLBキャリア、年齢ともに同じですね。また、エドウィン・ディアスとジョシュ・ヘイダーもMLBキャリアと年齢が同じといのも興味深いですね。ディアスの方が一歩先に歩いていますが。

 以上です。

 キンブレル、マイルストーン達成、おめでとうございました!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
【MLB2024】ナッツのスティーブン・ストラスバーグは未だ40manロスター。今後の動向は?
タイトルとURLをコピーしました