スポンサーリンク

【MLB2022】ドジャースがAJポロックをホワイトソックスにトレードし、キンブレルを獲得

ドジャースとホワイトソックス間で大型トレード成立

 現地2022年4月1日、開幕まで1週間を切りましたが、ドジャースとホワイトソックス間で大型トレードが成立。クレイグ・キンブレルとA.J.ポロックがスワップすることになりました。こちらはもうオフィシャルになっております。

トレード概要

 このトレードは1:1です。

ドジャースGet 

ホワイトソックスGet

  • AJ・ポロック(AJ Pollock/34)OF/右投げ右打ち

背景

 ドジャースは今オフ、クローザーのケンリー・ジャンセンをFAで流出。ケンリー・ジャンセンはブレーブスと契約しました(1年$16M)。

 クローザー・ロールが空いていた訳ですが、今回のトレードでその有力候補を獲得するに至りました。もっとも、今スプリングトレーニングで、ブレイク・トライネンがその役を担うべく、意欲的に取り組んでいましたし、キンブレルがそのままクローザー・ロールに収まる訳ではありません。

 ブレイク・トレイネンの他に、ダニエル・ハドソン、ブラスダー・グラテロールもおります。今回のクレイグ・キンブレルの獲得で、ゲーム終盤を固めることができたのは言うまでもありません。

 一方、ホワイトソックスはエロイ・ヒメネス、ルイス・ロバート、アダム・エンゲル、アンドリュー・ボーンとOFは豊富におり、先日も左打者のアダム・ヘイズリーをフィリーズからトレードで獲得したばかりでしたが、現地2022年4月1日、そのアダム・ヘイズリーをマイナー・オプションを使って、トリプルAにアサインしました。

 CFにルイス・ロバート、LFにエロイ・ヒメネスと配置した場合、ホワイトソックスはRFが固まっていないと思っていて、アダム・ヘイズリー獲得後も引き続き、強力なRFを探していたところ、ドジャースと受給がマッチ。今回のトレードとなりました。

2人の契約内容

 トレード後は、両者間で取り決めがない限りはその契約内容を新しいクラブがそのまま引き継ぐことになります。今回は両者間ではお金に関する話はなかったので、現契約がそれぞれ反映されることに。

クレイグ・キンブレルの契約

 クレイグ・キンブレルの現契約は下記の内容です。これは2019年6月にカブスとサインした時の内容です。

  • 3 年/$43M (2019-21) + 2022 $16M クラブオプション($1Mバイアウト←行使されたので不要) 

 契約にはオプションの条件など色々と詳細事項があるのですが、ここでは割愛させていただきます。ホワイトソックスは2021年11月に2022年のクレイグ・キンブレルのクラブ・オプションを行使しました。よって、2022年のサラリーは$16Mです。

AJ・ポロックの契約

 AJ・ポロックの現契約は以下です。こちらは2019年1月にドジャースとサインした時のもの。

  • 4年/$55M (2019-22) + 2023 $10Mプレーヤーオプション($5Mバイアウト)
    • 支払い:$1M(2019)/ $12M (2020)/ $15M (2021)/ $10M (2022)
    • 2021終了後にオプトアウトがあり、その場合$5Mバイアウトの条件がついており、$5Mバイアウトの設定もあったのですが、オプトアウトしませんでしたので、詳細は割愛します。

 このように、ポロックの2022年のサラリーは$10Mです。

 贅沢税への反映ですが、新CBAで確認しているところがあるので、分かり次第追記します。

ホワイトソックスのブルペン

 ホワイトソックスはキンブレルをトレードに出すことを前提に、上述のクラブオプションを行使したと見ていいのですが、結果的に受給はマッチしました。

 キンブレルの抜けたホワイトソックスのブルペンですが、クローザーはリアム・ヘンドリクスがおります。そして、今オフはアストロズからFAとなったケンダール・グレイブマンと契約。また、ドジャースからFAとなっていたジョー・ケリーも獲得。盤石ではあります。

 なお、100mph左腕のギャレット・クロシェはトミージョン手術となってしまいました。

ドジャースのシフト

 一方、AJ・ポロックの抜けたドジャースですが、彼はエブリデーLFというべき存在だったので、スポットができました。

 しかし、ここは内部から埋めて行くことができそうです。ドジャースはSSのコーリー・シーガーも抜けましたが、ここはトレイ・ターナーがカバーします。ナショナルズのSSでしたからね。また、フレディー・フリーマンを獲得しているので、彼を1Bにしたとして、これまで2Bと1Bを守っていたマックス・マンシーは2Bに。マンシーは腕の状態次第です。

 仮にマンシーの状態が思わしくなければ、ギャビン・ラックスがカバーしそうです。そしてスーパー・ユーティリティーのクリス・テイラーがLF専任になることが予想されます。3Bはジャスティン・ターナー、CFはコディー・ベリンジャー、RFはムーキーですね。

2021年のキンブレル

 2021年はカブスで開幕を迎えたクレイグ・キンブレルは前半に素晴らしい活躍を見せました。2019年、2020年の不調から蘇りましたね。カブスでは39試合に登板。35試合のゲームを締め、13セーブ。ERAはなんと0.49をマークしました。

 ただ、ホワイトソックス移籍後は24試合でERA 5.09と荒れました。2021年はトータルで、63試合、59.2イニングで4勝5敗、ERA 2.26。

 2022年も活躍してもらいたいところです。

AJ・ポロックの2021年

 AJ・ポロックは2021年は117試合に出場。打率.297、OBP .355、SLG .536、HR 21、RBI 69。

 ホワイトソックスの打線にさらに厚みが増すのは言うまでもありません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました