スポンサーリンク

【MLB 2023 FA】”400セーブまであと6”、クレイグ・キンブレルがフィリーズと1年/10Mドルで合意

35才、14シーズン目でNLイーストへ復帰

 現地2022年12月23日、ドジャースからFAとなっていたクレイグ・キンブレル(Craig Kimbrel )がフィリーズと1年契約で合意しました。

クレイグ・キンブレルは1988年5月28日生まれの34才。2023シーズンは35才のシーズンでメジャー14年目を迎えます。

 ここまでアトランタ、サンディエゴ、ボストン、シカゴ(カブス)、シカゴ(ホワイトソックス)、ロサンゼルス(ドジャース)と渡り歩いてきましたが、今回のフィラデルフィアで再びNLイーストで投げることになりました。

契約内容

 フィリーズとクレイグ・キンブレルが合意した内容な以下の通り。

  • 1年/$10M 保証(2023)

 パフォーマンス・ボーナスはついていそうですので、情報が明らかになりましたら、追記します。

 クレイグ・キンブレルの前契約は、2019年6月にカブスとサインした時の内容で、3 年/$43M (2019-21) + 2022 $16M クラブオプション($1Mバイアウト←行使されたので不要)でした。前年にクラブ。オプションも行使され、今回は契約が切れたのでFAとなっていました。 

ドンブロウスキー氏との縁

 今回のフィリーズとのディールは現ベースボール・オペレーション社長のデーブ・ドンブロウスキー氏がレッドソックスで同ポジションに就いていたときに、パドレスから獲得した際に出来た縁でもあります。

WSチャンプ後の2人

 レッドソックスが2018年にワールドシリーズを制覇した時のクローザーがクレイグ・キンブレルでしたが、この時のキンブレルの契約は、2014年にアトランタとサインした4年/$42M (2014-17) + 2018 $13Mクラブ・オプションを行使した後でFAとなっていました。

 大型契約を望んでいたキンブレルにレッドソックスはオファーをしませんでした。その時の編成トップがデーブ・ドンブロウスキー氏で、ファンとしてはなぜ動かないのか?とやきもきした覚えがあります。GMロールと言えども中間管理職ですから、オーナーからの意向で動けなかったのでしょうね。

 2018年のワールドシリーズ後にFAとなったキンブレルはなかなか引き取り手が見つかりませんでした。各クラブが敬遠したのは、2018シーズンの後半戦の苦戦と、ほぼすべてのクラブの分析部門が、クローザーは一般的に過払いであると指摘し始めてたからです。

 ただ、その前の2016年にインディアンスのアンドリュー・ミラーがALCSで鬼の投球を披露。彼は厳密に言えばクローザーではありませんでしたが、ゲーム後半のリリーバーがいかに大事かを痛感させた出来事でクローザーの相場も上がっていたという背景がありました。

 キンブレルが所属先を見つけたのは2019年のアマチュア・ドラフトが終わった当日の6月5日のこと。シカゴ・カブスは、FA選手獲得の補償でドラフト上位指名権を手放す心配がなくなったので、上述の3年契約でサインしました。 

 今回のディールはあの時の穴埋め・・・不義理を許してとDD氏がキンブレルに請うているようにも思うのです。

 カブス1年目の2019シーズンは、膝の炎症と戦いながら、23試合で13セーブ、ERA 6.53と散々な成績でした。

 そして2019年9月、デーブ・ドンブロウスキー氏はレッドソックスを解雇されました。

2020年以降のキンブレル

 短縮シーズンとなった2020年、最初の登板となった7月27日のシンシナティ・レッズ戦で、8-5のリードの状況で登板したものの、打者4人に四球を与えるなどでわずか0.1イニングで2失点を喫してジェレミー・ジェフレスに救われるなど、最悪のスタートとなりました。2020シーズンは18試合で0勝1敗、ERA 5.28、2セーブ。クローザーの座はジェフレスに奪われたものの、ポストシーズンの接戦で起用され、10月2日のワイルドカードシリーズGame2で、マイアミ・マーリンズに2-0で敗れた試合に1.1イニングをスコアレスで抑えるなど本来の力を出したケースもありました。

 2021年、キンブレルはそれまでの2シーズンが嘘であったかのように、メジャー屈指のクローザーに返り咲きました。6月15日時点で、28試合に登板して18セーブ、ERA 0.66でクローザーロールをリードする存在に。6月17日には、キャリア通算367セーブをマーク。ジェフ・ラードンと並んで歴代10位タイとなりました。6月24日のドジャース戦ではコンバインド・ノーヒットノーランを達成。ただ、カブスはこの試合の直後から連敗を続け、ポストシーズン争いから脱落しました。

 クレイグ・キンブレルはこの年のトレードデッドラインで2Bのニック・マドリガル(怪我で年内離脱)らとのトレードでシカゴ・ホワイトソックスに移籍。トレード直後の8月16日には、キャリア1000個目の奪三振をマーク。ただ、ホワイトソックスにはリアム・ヘンドリクスがクローザーを務めていたため、キンブレルはセットアップロールに回りましたが、どうやら合わなかったようで24試合で2勝2敗、ERA 5.09、1セーブと良い成績は上げられませんでした。

 2021年は63試合に登板し、4勝5敗、ERA 2.26、24セーブ。アストロズとのALDSでは、3試合に登板し、2イニングで3失点を喫しました。

 2022年の開幕直前の4月1日、キンブレルはOFのA.J.ポロックとのトレードでドジャースに移籍。ホワイトソックスはOFが一人欠けており、ドジャースはケンリー・ジャンセンを放出していたためクローザーがいないということで、受給がマッチしました。

 2022シーズンは63試合で、60.0イニングを投げ、ERA3.75。47ゲームを締め、セーブは22。

400SVのマイルストーンへ

 現時点で394セーブのクレイグ・キンブレルはあと6で400セーブ。2023シーズンはケンリー・ジャンセンとともに400SV投手が2人も誕生するかもしれませんね。それにしてもマリアーノ・リベラの652セーブは異次元の数字ですね。

#Player (yrs, last mlb age)SVIPArm
1マリアーノ・リベラ【HOF】 (19, 43)6521283.2R
2トレバー・ホフマン【HOF】(18, 42)6011089.1R
3リー・スミス【HOF】 (18, 39)4781289.1R
4フランシスコ・ロドリゲス(16, 35)437976R
5ジョン・フランコ (21, 44)4241245.2L
6ビリー・ワグナー (16, 38)422903L
7クレイグ・キンブレル (13. -)394688.1R
8ケンリー・ジャンセン (13, -)391769R
9デニス・エカーズリーHOF】(24, 43)3903285.2R
10ジョー・ネイサン (16, 41)377923.1R
11ジョナサン・パベルボン (12, 35)368725.2R

キンブレルの実績

 とにかくブレーブス、パドレス、レッドソックス時代は本当にえげつなかったクレイグ・キンブレルですが、過去の実績はご覧の通り。

 そう言えばキンブレルの眼前でピッチング・ルーティーンのマネをしていたのはフィリーズ・ファンでした。

【YOUTUBE】Phillies fans mimic Kimbrel’s mannerisms

  • オールスター出場:8度 (2011-2014,、2016-2018 & 2021)
  • 2011 NL ROY(Rookie of the Year) Award
  • NL ロレイズ・リリーフ賞(Rolaids Relief Award):1度 (42SV: 2012)

ロレイズ・リリーフ賞は、ロレイズ社が毎年、各リーグの最優秀救援投手に贈るAward。1976年に初めて授与されたが、2014年にマリアーノ・リベラ賞とトレバー・ホフマン賞が導入されたため、2012年シーズンを最後に廃止されています。NPBの「ファイヤーマン・オブ・ザ・イヤー」という同じ

  • トレバー・ホフマン賞:1度 (47SV: 2014)

トレバー・ホフマン賞は2014年から導入されたNLの最高救援投手を称えることを目的とした賞。NL歴代トップのセーブ記録を持つトレバー・ホフマンに敬意を表して名づけられた。

  • マリアーノ・リベラ賞:1度 (35SV: 2017)

マリアーノ・リベラ賞は2014年から導入されたALの最高救援投手を称えることを目的とした賞。AL歴代トップのセーブ記録を持つマリアーノ・リベラに敬意を表して名づけられた。

  • NLセーブトップ:4度 (46SV:2011/ 42SV: 2012/ 50SV:2013/ 47SV: 2014)
  • 30 セーブ以上のシーズン: 8度 (2011-2018)
  • 40 セーブ以上のシーズン: 5度 (2011-2014 & 2018)
  • 50 セーブ以上のシーズン: 1度 (2013)
  • ワールドシリーズ・チャンプ:1度( @レッドソックス in 2018)

フィリーズのリリーバーは?

 フィリーズはポストシーズンにリリーフで活躍したザック・エフリンが抜け、さらにデービッド・ロバートソンも同地区のメッツへ。

 タイワン・ウォーカーとマット・ストラムが入りましたが、ウォーカーは先発、ストラムはブルペンロールを演じてきましたが、また先発をやりたいと言い出すのかどうか。いずれにせよキンブレルが入ったのは心強いですね。

 ホセ・アルバート、セランソニー・ドミンゲスのどちらかがクローザーになるのか?あるいはクレイグ・キンブレルか?ここは注目ですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】タナー・ハウクがシャットアウト勝利!試合時間はたったの1時間49 分!
【MLB2024】ムーキー・ベッツが5-5! 過去のキャリアハイの打率.346、安打数 214を超えるシーズンになるか!
【MLB2024】マイケル・ローレンツェンのレンジャーズ・デビューはスコアレス投球!
【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました