スポンサーリンク

【MLB移籍情報2019】クレイグ・キンブレル、カブスと3年で合意へ!

キンブレル、ついに決着へ

長かったですね。

現地2019年6月5日、レッドソックスからFAとなっていたクレイグ・キンブレル(Craig Kimbrel)の移籍先がついに決着!

ナ・リーグ中地区のカブスと3年で合意しました!

契約内容

キンブレルとカブスの契約内容ですが、3年なのは間違いないところですが、第一報のケン・ローゼンタールさんは4,500万ドル、ジョン・ヘイマンさんは4,300万ドルと若干の違いがありますので、ここは正式発表を待ちたいと思います。

現在、フィジカルチェック待ちです。

4,300万ドルで流れている情報でいきますと、

  • 2019年:1,000万ドル
  • 2020年:1,600万ドル
  • 2021年:1,600万ドル
  • 2022年:ベスティング・オプションで、達成すれば1,600万ドル
  • バイアウト:100万ドル

2020年から2021年までの4,200万ドルと途中解除された場合の100万ドルをプラスした4,300万ドルという情報が一応出ております。

ベスティング・オプションの中身はまだわかっておりませんが、年度別の登板試合数で決まるのではないか?と思われます。

当初は6年1億ドルの希望も

今オフのFA開始当初、キンブレルが求めていると言われていたのが6年1億ドルの大型契約。年平均にするとざっと1,666万ドル。

年平均の金額ならあり得た額でしたが、31才となったキンブレルに対して6年はさすがに長期過ぎるのでは?という見方が大半でした。

どうしてここまで大型契約を求めていたのかはプライベートでの問題など諸説あり、正確にはわかりません。

QOとの比較

2018年12月に出たクオリファイング・オファーの金額は$1,790万ドル。QOは1年だけのオファーではありますが、2019年単年で考えるとQOを受ければという金額でしたね。

シーズン開始後、キンブレル側はアスキング・プライスを下げたと報道されました。やはり当初の設定に無理があったのではないかと言わざるを得ないですね。

カブスにフィットした2つの大きな理由

当ブログでもキンブレルの噂をブレーブスやナショナルズ、ブルワーズなどいろいろ書いてはきました。

結局ナ・リーグ中地区カブスというまったく書いてこなかったクラブに決まり、惑わせてすみませんでした。

そのカブスとフィットしたのには複数の条件がありました。

1. クローザー不在の状態

一つはクローザー不在の状態の状態になったことです。

右肩の故障で開幕に間に合わないと言われたブランドン・モロー(Morrow, Brandon)が4月に復帰、いや5月復帰とその復帰時期がだんだんとずれ込み、ついには登板がないまま右肘も故障し、5月2日付けで60day IL入りとなってしまいました。

さらにマーリンズ時代にクローザーを担っていたスティーブ・シーシェックはセットアップならよい結果を出してもクローザーとしてはやはり疑問符がつきました。

急遽アサインしたペドロ・ストロップも同様でやはりセットアップが最適にフィットする状態で、クローザーがいない状態であったことはキンブレル獲得の大きな要素となりました。

2. ゾブリストのリストリクティッド・リスト入り

またベン・ゾブリストがリストリクティッド・リスト入りとなり、ロスターから外れ、サラリー1,250万ドルの大半が浮いたという資金的な事情も後押ししました。

2021シーズン終了後にハビアー・バイエス、クリス・ブライアント、カイル・シュワーバー、アンソニー・リッゾがFAとなるカブスにとっては、勝ちながらもコストをセーブするという点で、資金面での軽減は重要です。

以上の大きな要素がカブス入りにフィットした理由です。

「クリスマス・ギフトをもらったようなものだ」

クレイグ・キンブレルのカブス入りはカブス選手から非常に歓迎されています。なかでも「クリスマス・ギフトをもらったようなものだ」と言ったのはジョン・レスター。

先発投手にとっては後ろに安定感のあるクローザーがいるのは本当に心強い要素のようです。

ブルワーズ、カージナルスに対抗

またキンブレル獲得でカブスはナ・リーグ中地区で覇権を争っているブルワーズ、カージナルスに対し、大きなプレッシャーを与えたと言っていいでしょう。

ツインズが2年でオファー

なお、ケン・ローゼンタールさんの情報ではツインズが2年でオファーしていた模様です。

カブス、この補強で勢いが増すかもしれませんね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!
【MLB2022】A’s、S・ピスコッティー、J・ラウリーに続き、エルビス・アンドラスをリリース!(追記あり)
【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!
【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)
【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる
【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
タイトルとURLをコピーしました