スポンサーリンク

【MLB 2021】コービン・バーンズ(ブルワーズ)、MLBレコード・タイの10連続Kをマーク!

今季6度目の10K+で大記録

 現地2021年3年8月11日、ミルウォーキー・ブルワーズのコービン・バーンズ(Corbin Burnes)がまたしても三振に関する記録を打ち立てました。今回は、10者連続三振のメジャー・レコード・タイです。

春先には無四球期間中の最多奪三振

 コービン・バーンズは春先には、無四球のまま58奪三振をマーク。

 これはメジャー記録だったのですが、残念ながら、その4日後の5月17日にヤンキースのゲリット・コールにより、61に更新されてしまいました。

いきなりの7点リード

 この日(現地2021年8月11日)、コービン・バーンズは非常に特殊な状況でマウンドに上がりました。

 対戦相手のカブスの先発は、ジェイク・エアリエッタ。1回表、ブルワーズ打線は、ジェイク・エアリエッタに対し、コルテン・ウォンの二塁打を皮切りに、クリスチャン・イェリッチ、ウィリー・アダムスが3連打。

 エドゥアルド・エスコバーが倒れたあとも、オマール・ナルバエス、タイロン・テイラー、ロウディ・テレス、ロレンゾ・ケインと4連打を浴びせ、さらに、コルテン・ウォンのこのイニング2度目の2塁打などで、計8安打で7得点。

 いきなりのビッグ・イニングで大量得点をもらい、マウンドに上がったのでした。

2回から10者連続K

 1回裏、先頭のラファエル・オルテガにLF前シングルを許したコービン・バーンズ。立ち上がりが心配されましたが、その後は後続を落ち着いて打ち取り、無失点。

 圧巻だったのは2回から。コービン・バーンズは2回裏から5回裏1アウトまで、10者連続三振をマーク。

 マット・ダフィーのRF前シングルにより、11者連続のMLBレコードは阻止されてしまいましたが、その後も8回裏まで三振を取り続け、奪った三振の合計は15個。キャリア・ハイの数字となりました。

 コービン・バーンズは8回、99球、74ストライクで、被安打4、無失点、無四球、15奪三振。

 一方、初回に7失点したカブスのジェイク・エアリエッタは、4イニングを投げて、83球、被安打11、失点8、与四球2、奪三振3。今季は大量失点するケースが目立ち、ERAは6.88。

その他の10連続奪三振の達成者は?

 連続奪三振の最多記録は10ということですが、そのほかの達成者を見ると、このような感じです。

トム・シーバー

 メッツのレジェンド、トム・シーバーがこの記録を持っていました。トム・シーバーは、1970年4月22日のパドレス戦でこの記録を達成。なんともう50年以上前のことです。

 トム・シーバーは2020年9月3日にお亡くなりになりました。

アーロン・ノラ

 実は今季、この記録をすでにマークしている投手がいました。フィリーズのアーロン・ノラです。ノラは、2021年6月25日のメッツ戦で、この記録をマーク。

 皮肉なことに、このとき、メッツのジャージの右袖には、トム・シーバーの41番のパッチがつけられていたのでした。

 ゲームの方はブルワーズが10−0と完勝。

 この勝利でブルワーズはシーズン、69勝目。70勝まであと1です。

 お読みいただき、ありがとございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
【MLB2022】エンゼルス、ジョー・マッドン監督を解雇(追記あり)
【MLB2022】マイケル・ワカが3ヒット・シャットアウト!エンゼルス12連敗へ
【MLB2022】”衝撃の一戦”。フィリーズが大逆転勝利でエンゼルスをスイープ! LAAは11連敗へ
【MLB2022】フィリーズ、監督交代後に連勝!好循環へ!エンゼルスは10連敗で悪循環
タイトルとURLをコピーしました