スポンサーリンク

【MLB 2021】コービン・バーンズ(ブルワーズ)、MLBレコード・タイの10連続Kをマーク!

今季6度目の10K+で大記録

 現地2021年3年8月11日、ミルウォーキー・ブルワーズのコービン・バーンズ(Corbin Burnes)がまたしても三振に関する記録を打ち立てました。今回は、10者連続三振のメジャー・レコード・タイです。

春先には無四球期間中の最多奪三振

 コービン・バーンズは春先には、無四球のまま58奪三振をマーク。

 これはメジャー記録だったのですが、残念ながら、その4日後の5月17日にヤンキースのゲリット・コールにより、61に更新されてしまいました。

いきなりの7点リード

 この日(現地2021年8月11日)、コービン・バーンズは非常に特殊な状況でマウンドに上がりました。

 対戦相手のカブスの先発は、ジェイク・エアリエッタ。1回表、ブルワーズ打線は、ジェイク・エアリエッタに対し、コルテン・ウォンの二塁打を皮切りに、クリスチャン・イェリッチ、ウィリー・アダムスが3連打。

 エドゥアルド・エスコバーが倒れたあとも、オマール・ナルバエス、タイロン・テイラー、ロウディ・テレス、ロレンゾ・ケインと4連打を浴びせ、さらに、コルテン・ウォンのこのイニング2度目の2塁打などで、計8安打で7得点。

 いきなりのビッグ・イニングで大量得点をもらい、マウンドに上がったのでした。

2回から10者連続K

 1回裏、先頭のラファエル・オルテガにLF前シングルを許したコービン・バーンズ。立ち上がりが心配されましたが、その後は後続を落ち着いて打ち取り、無失点。

 圧巻だったのは2回から。コービン・バーンズは2回裏から5回裏1アウトまで、10者連続三振をマーク。

 マット・ダフィーのRF前シングルにより、11者連続のMLBレコードは阻止されてしまいましたが、その後も8回裏まで三振を取り続け、奪った三振の合計は15個。キャリア・ハイの数字となりました。

 コービン・バーンズは8回、99球、74ストライクで、被安打4、無失点、無四球、15奪三振。

 一方、初回に7失点したカブスのジェイク・エアリエッタは、4イニングを投げて、83球、被安打11、失点8、与四球2、奪三振3。今季は大量失点するケースが目立ち、ERAは6.88。

その他の10連続奪三振の達成者は?

 連続奪三振の最多記録は10ということですが、そのほかの達成者を見ると、このような感じです。

トム・シーバー

 メッツのレジェンド、トム・シーバーがこの記録を持っていました。トム・シーバーは、1970年4月22日のパドレス戦でこの記録を達成。なんともう50年以上前のことです。

 トム・シーバーは2020年9月3日にお亡くなりになりました。

アーロン・ノラ

 実は今季、この記録をすでにマークしている投手がいました。フィリーズのアーロン・ノラです。ノラは、2021年6月25日のメッツ戦で、この記録をマーク。

 皮肉なことに、このとき、メッツのジャージの右袖には、トム・シーバーの41番のパッチがつけられていたのでした。

 ゲームの方はブルワーズが10−0と完勝。

 この勝利でブルワーズはシーズン、69勝目。70勝まであと1です。

 お読みいただき、ありがとございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 契約 2023】ポスティング受理わずか1日!レッドソックスが吉田正尚選手を速攻で獲得!
【MLB 2023 FA】アーロン・ジャッジはヤンキースに決定!9年/360Mドル保証の超大型契約へ
【MLB FA 2023】注目SSのトレイ・ターナーはフィリーズに決定!11年/300Mドルの豪華契約へ
【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
タイトルとURLをコピーしました