スポンサーリンク

【MLB 2021】コービン・バーンズ(ブルワーズ)、MLBレコード・タイの10連続Kをマーク!

今季6度目の10K+で大記録

 現地2021年3年8月11日、ミルウォーキー・ブルワーズのコービン・バーンズ(Corbin Burnes)がまたしても三振に関する記録を打ち立てました。今回は、10者連続三振のメジャー・レコード・タイです。

春先には無四球期間中の最多奪三振

 コービン・バーンズは春先には、無四球のまま58奪三振をマーク。

 これはメジャー記録だったのですが、残念ながら、その4日後の5月17日にヤンキースのゲリット・コールにより、61に更新されてしまいました。

いきなりの7点リード

 この日(現地2021年8月11日)、コービン・バーンズは非常に特殊な状況でマウンドに上がりました。

 対戦相手のカブスの先発は、ジェイク・エアリエッタ。1回表、ブルワーズ打線は、ジェイク・エアリエッタに対し、コルテン・ウォンの二塁打を皮切りに、クリスチャン・イェリッチ、ウィリー・アダムスが3連打。

 エドゥアルド・エスコバーが倒れたあとも、オマール・ナルバエス、タイロン・テイラー、ロウディ・テレス、ロレンゾ・ケインと4連打を浴びせ、さらに、コルテン・ウォンのこのイニング2度目の2塁打などで、計8安打で7得点。

 いきなりのビッグ・イニングで大量得点をもらい、マウンドに上がったのでした。

2回から10者連続K

 1回裏、先頭のラファエル・オルテガにLF前シングルを許したコービン・バーンズ。立ち上がりが心配されましたが、その後は後続を落ち着いて打ち取り、無失点。

 圧巻だったのは2回から。コービン・バーンズは2回裏から5回裏1アウトまで、10者連続三振をマーク。

 マット・ダフィーのRF前シングルにより、11者連続のMLBレコードは阻止されてしまいましたが、その後も8回裏まで三振を取り続け、奪った三振の合計は15個。キャリア・ハイの数字となりました。

 コービン・バーンズは8回、99球、74ストライクで、被安打4、無失点、無四球、15奪三振。

 一方、初回に7失点したカブスのジェイク・エアリエッタは、4イニングを投げて、83球、被安打11、失点8、与四球2、奪三振3。今季は大量失点するケースが目立ち、ERAは6.88。

その他の10連続奪三振の達成者は?

 連続奪三振の最多記録は10ということですが、そのほかの達成者を見ると、このような感じです。

トム・シーバー

 メッツのレジェンド、トム・シーバーがこの記録を持っていました。トム・シーバーは、1970年4月22日のパドレス戦でこの記録を達成。なんともう50年以上前のことです。

 トム・シーバーは2020年9月3日にお亡くなりになりました。

アーロン・ノラ

 実は今季、この記録をすでにマークしている投手がいました。フィリーズのアーロン・ノラです。ノラは、2021年6月25日のメッツ戦で、この記録をマーク。

 皮肉なことに、このとき、メッツのジャージの右袖には、トム・シーバーの41番のパッチがつけられていたのでした。

 ゲームの方はブルワーズが10−0と完勝。

 この勝利でブルワーズはシーズン、69勝目。70勝まであと1です。

 お読みいただき、ありがとございました。

 

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】カブスの鈴木誠也選手が10 Day ILへ(右腹斜筋)
【MLB2024】カブス・今永投手が2勝目!ERA は未だ0.00 !鈴木誠也選手が勝ち越し援護弾!
【MLB2024】アスレチックス、投手陣が改善!P・ブラックバーンは19.1 IPスコアレス、メイソン・ミラーは104mphを記録
【MLB2024】ホワイトソックスは試練が続く!3Bのヨアン・モンカダが少なくとも3ヶ月の離脱へ(右内転筋)
【MLB2024】レッドソックスのトレバー・ストーリーが左肩手術で今季終了!ニック・ピベッタも肘痛を発症
【MLB2024】レッドソックス、セダン・ラファエラと8年/50Mドルで延長契約
【MLB2024】日食(Solar eclipse)
【MLB2024】スティーブン・ストラスバーグの引退が正式に決まる!
【MLB2024】UCL損傷の投手が続出!シェーン・ビーバー、スペンサー・ストライダー、エウリー・ペレス、J・ロアイシガら(追記あり2)
【MLB2024】山本由伸投手、2度の満塁のピンチを乗り越え、メジャー初勝利!5.0 IP、8 K!
【MLB2024】カブス、ドジャースに打ち勝つ!鈴木選手は3 RBI、大谷選手は今季2号
【MLB2024】「出ました!」大谷選手、爆音とともに今季第1号HR!
【MLB2024】「お待たせ!」と言わんばかりにブライス・ハーパーがグランドスラムを含む3HR
【MLB2024】早くもノーヒット・ノーランが成立!アストロズのロネル・ブランコがキャリア8戦目の先発で偉業を達成
【MLB2024】パイレーツがルーキー・ジャレッド・ジョーンズの好投もあり開幕4連勝
【MLB2024】山本由伸投手がホーム・デビュー!途中からの降雨にもかかわらずスコアレス投球で好投
【MLB2024】ブレーブスが連勝スタート!フィリーズは先発のノラがラフ・スタートで大敗
【MLB開幕2024】”球際に強すぎ”!ブルワーズのジャクソン・チューリオがデビュー戦で輝く
【MLB2024開幕】レッドソックス、タイラー・オニールの5シーズン連続開幕HRなどで勝利
【MLB】2024シーズンが開幕!オープニング投手一覧!CWSはギャレット・クロシェを起用
【MLB2024FA】最後の有力FA、ジョーダン・モンゴメリーはDバックスに決定!1年/25Mドル保証+オプションで合意
【MLB2024】トラウトの400HR、翔平の200 HRなど、2024シーズンに到達しそうなマイルストーン一覧!
【MLB2024】ロッキーズが22才のSS、エジキエル・トーバーと7年の契約延長
【MLB】賭博などの不正行為を規定したMLBルール21とは?
【MLBプロスペクト2024】オリオールズがジャクソン・ホリデー、ヘストン・キャースタッドの開幕マイナーを決定
【MLB2024】壮絶な打撃戦となった海外開幕2戦目はパドレスが勝利!山本投手はデビュー戦で苦戦
【MLB2024FA】レンジャーズがマイケル・ローレンツェンと1年契約で合意
【MLB2024】ドジャース、パドレスとの海外開幕戦に勝利!大谷選手は5-2、ダルビッシュ投手も好投
【MLBルールチェンジ2024】ピッチクロックの変更、走路、マウンド・ビジット回数に変更あり
【MLB2024FA】ついに決定!ブレイク・スネルはジャイアンツと2年契約
タイトルとURLをコピーしました