スポンサーリンク

【MLB2012】NO-NO!ヨハン・ サンタナがノーヒット・ノーランを達成

ヨハン・サンタナがNO-NO

こんにちは(^.^)

今日はビッグ・ニュースが飛び込んできましたね(^.^)

MLB通算136勝(本日分込み)のニューヨーク・メッツのヨハン・サンタナ(Johan Santana)が前年WSチャンピオンのセントルイス・カージナルスを相手に史上275人目のノーヒット・ノーランを達成しました。(現地:2012年6月1日)

メッツ史上初

1962年から始まり、今年50周年のニューヨーク・メッツの歴史の中で、ノーヒットノーランは初めての快挙でした。

かつてのエース、トム・シーバーTom Seaver)もグッデンDwight Gooden)もノーラン・ライアンNolan Ryan)もメッツ在籍時には達成できませんでした

・トム・シーバーは、レッズ在籍時の1978年6月16日に、

・グッデンは、ヤンキースに移籍後の1996年5月14日に、

・ノーラン・ライアンはメッツ退団後のカリフォルニア・エンゼルス時代に4度アストロズ時代に1度、レンジャーズ時代に2度の計7度のノーヒットノーランを達成しています。

熱投134球

今日のサンタナの投球数は134球。記録がかかっていたので続投となりましたが、このような投球数はメジャーではかなり珍しいです。

しぶといカージナルス打線を相手でしたから四球が5は致し方ないかもしれません。奪三振数が8もあったのも投球数が増えてしまった原因でしょう。

記録を助けたバクスターの好捕

ノーヒットノーランや完全試合では、やはりバックの支援が欠かせません。

打撃面でもそうですが、やはり守備が頑張ってくれたからこそ、達成できるものだと思います。そういう意味では、今日はレフトのバクスター(Baxter)が壁に激突しながらサンタナの記録をサポートしました。

このプレーでバクスターは退場。まさに体を張ったプレーです。

ヨハン・サンタナとは?

ゲーム後のインタビューで忍び寄る影。案の定、パイによる手荒い祝福がありました。

サンタナは2000年のシーズンにツインズにてメジャーデビューを果たし、2004年には20勝、2006年には19勝でア・リーグのサイ・ヤング賞を受賞しています。

2008年シーズンからメッツに移籍。当時はこの移籍は非常に話題になりました。メッツに移籍後も16勝、13勝、11勝とチームの勝利に貢献しましたが、2010年シーズン後左肩を手術。2011シーズンはリハビリに費やしました。

苦節を経ていたので、この記録は余計に嬉しかったでしょうね。投球の特徴はMAX150Kmのファストボールとチェンジアップ。

ファストボールのベロシティー(速度)はメジャー平均ですが、チェンジアップが120km前半で、その球速差が全盛期で約20Km後半もあったことから、打者が手こずるタイプの投手でした。

メッツに移籍後はファストボールの速度が落ちましたので、チェンジアップとの球速差は15km前後にまで縮まったとも言われていました。

今回のノーヒット・ノーランで本格的な復活と行きたいところです。

ゲーム結果は、8-0でメッツの勝利。

おめでとうございます!

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. まとめtyaiました【NO-HAN! サンタナ、ノーヒット・ノーラン達成】

    こんにちは(^.^) 今日はビッグ・ニュースが飛び込んできましたね(^.^) MLB通算136勝(本日分込み)のニューヨーク・メッツの ヨハン・サンタナ(Johan Santana)が 前

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました