【MLB2012】NO-NO!ヨハン・ サンタナがノーヒット・ノーランを達成

ヨハン・サンタナがNO-NO

こんにちは(^.^)

今日はビッグ・ニュースが飛び込んできましたね(^.^)

MLB通算136勝(本日分込み)のニューヨーク・メッツのヨハン・サンタナ(Johan Santana)が前年WSチャンピオンのセントルイス・カージナルスを相手に史上275人目のノーヒット・ノーランを達成しました。(現地:2012年6月1日)

メッツ史上初

1962年から始まり、今年50周年のニューヨーク・メッツの歴史の中で、ノーヒットノーランは初めての快挙でした。

かつてのエース、トム・シーバーTom Seaver)もグッデンDwight Gooden)もノーラン・ライアンNolan Ryan)もメッツ在籍時には達成できませんでした

・トム・シーバーは、レッズ在籍時の1978年6月16日に、

・グッデンは、ヤンキースに移籍後の1996年5月14日に、

・ノーラン・ライアンはメッツ退団後のカリフォルニア・エンゼルス時代に4度アストロズ時代に1度、レンジャーズ時代に2度の計7度のノーヒットノーランを達成しています。

熱投134球

今日のサンタナの投球数は134球。記録がかかっていたので続投となりましたが、このような投球数はメジャーではかなり珍しいです。

しぶといカージナルス打線を相手でしたから四球が5は致し方ないかもしれません。奪三振数が8もあったのも投球数が増えてしまった原因でしょう。

記録を助けたバクスターの好捕

ノーヒットノーランや完全試合では、やはりバックの支援が欠かせません。

打撃面でもそうですが、やはり守備が頑張ってくれたからこそ、達成できるものだと思います。そういう意味では、今日はレフトのバクスター(Baxter)が壁に激突しながらサンタナの記録をサポートしました。

このプレーでバクスターは退場。まさに体を張ったプレーです。

ヨハン・サンタナとは?

ゲーム後のインタビューで忍び寄る影。案の定、パイによる手荒い祝福がありました。

サンタナは2000年のシーズンにツインズにてメジャーデビューを果たし、2004年には20勝、2006年には19勝でア・リーグのサイ・ヤング賞を受賞しています。

2008年シーズンからメッツに移籍。当時はこの移籍は非常に話題になりました。メッツに移籍後も16勝、13勝、11勝とチームの勝利に貢献しましたが、2010年シーズン後左肩を手術。2011シーズンはリハビリに費やしました。

苦節を経ていたので、この記録は余計に嬉しかったでしょうね。投球の特徴はMAX150Kmのファストボールとチェンジアップ。

ファストボールのベロシティー(速度)はメジャー平均ですが、チェンジアップが120km前半で、その球速差が全盛期で約20Km後半もあったことから、打者が手こずるタイプの投手でした。

メッツに移籍後はファストボールの速度が落ちましたので、チェンジアップとの球速差は15km前後にまで縮まったとも言われていました。

今回のノーヒット・ノーランで本格的な復活と行きたいところです。

ゲーム結果は、8-0でメッツの勝利。

おめでとうございます!

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. まとめtyaiました【NO-HAN! サンタナ、ノーヒット・ノーラン達成】

    こんにちは(^.^) 今日はビッグ・ニュースが飛び込んできましたね(^.^) MLB通算136勝(本日分込み)のニューヨーク・メッツの ヨハン・サンタナ(Johan Santana)が 前