スポンサーリンク

【MLBニュース】マックス・シャーザー、史上3番めの早さでキャリア通算2,500Kを達成!

シャーザー、今季はスライダーが進化

本日は久しぶりにマックス・シャーザーMax Scherzer)の話題です。

前のFC2のブログでシャーザーのことを書きすぎたという反省から、新しいブログに移動してからはちょっと控えていたのですが、今回はレコードに関する話題なので、書かせていただこうと思います。

キャリア通算2,500K!

現地2019年4月26日になりますが、ナショナルズのマックス・シャーザーがパドレス戦に先発。7回を投げて被安打4、自責点2、奪三振10でキャリア通算2,500奪三振を達成しました!

Congratulations!

2,500Kを達成したのは、6回表。先頭のマニュエル・マーゴットから奪った三振が記念すべき2,500Kとなりました。

史上3番めの早さでの2,500K到達

マックス・シャーザーはキャリア通算344試合目で2,500Kを達成。

試合数でも3番めの早さ

これはランディー・ジョンソンの313試合、ノーラン・ライアンの338試合に次ぐ史上3番めの早さ。ペドロとクレメンスより早いペースで達成しましたね。

イニング数でも3番めの早さ

また、どれだけ短いイニングで2,500Kを達成したかでは、ランディー・ジョンソンがトップで2,017回2/3、ペドロ・マルチネスが2位で2,152回2/3、マックス・シャーザーは3位で2,155回1/3、ノーラン・ライアンが4位で2286回1/3。

今季はスライダーが進化

昨シーズンまでシャーザーの決め球として多かった変化球はチェンジアップ。

ファストボールとのギャップから打者はクルクルと三振していたのですが、今季は決め球にスライダーをもってくるケースが増えています。

昨シーズンよりも曲がり方が進化。打者の手元でグイッとビデオゲームのように曲がるようになっています。

シャーザー、3,000Kクラブへ

キャリア12年め、2,500奪三振を記録したシャーザー。今季は34才のシーズン。

年平均で251個のペースで三振を取り続けています。2016年以降はその恐ろしいペースで三振が増えており、2018年に至っては300Kを記録。

  • 2014: 252 K
  • 2015: 276 K
  • 2016: 284 K
  • 2017: 268 K
  • 2018: 300 K
  • 2019: 54 K (6試合:現地2019年4月26日時点)

ナショナルズとの契約も2021年まで残っていますので、まずは今季に加えて向こう2年はマウンドに立ち続けられます。

今季はここまで1試合9個のペースで三振を奪っていますので、33試合に登板したとすると、297個のペース。2018年と同じような数字を達成しそうです。

そうなると、今季終了時点で2,746個が見込まれます。もっとも、先のことを考えてはいけませんが、ペースだけでいけば、2020年には3,000Kに到達しそうな勢いです。

歴代3,000K投手

一応、歴代の3,000K以上の投手を列挙しておきます。

  1. ノーラン・ライアン:5,714 K
  2. ランディー・ジョンソン: 4,875 K
  3. ロジャー・クレメンス:4,672 K
  4. スティーブ・カールトン: 4,136 K
  5. バート・ブライレブン(Bert Blyleven): 3,701 K
  6. トム・シーバー: 3,640 K
  7. ドン・サットン:3,574 K
  8. ゲイロード・ペリー:3,534 K
  9. ウォルター・ジョンソン:3,508 K
  10. グレッグ・マダックス:3,371 K
  11. フィル・ニークロ:3,342 K
  12. ファギー・ジェンキンス(ファーガソン・ジェンキンス):3,192 K
  13. ペドロ・マルチネス:3,154 K
  14. ボブ・ギブソン:3,117 K
  15. カート・シリング:3,116 K
  16. ジョン・スモルツ:3,084 K

ノーラン・ライアンとランディー・ジョンソンがいかにすごいかがよくわかりますね。

シャーザー、まずはペドロを超えるかどうか!?ますます応援したくなります。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】ナ・リーグ東地区の首位攻防が面白い!ブレーブスがデグロム先発ゲームに勝利し、シリーズ勝ち越し!
【MLB2022】A’s、S・ピスコッティー、J・ラウリーに続き、エルビス・アンドラスをリリース!(追記あり)
【MLB2022】ラッチマン効果絶大!オリオールズがブルージェイズに逆転勝ち!ついに勝利数で並ぶ!
【MLB2022】レンジャーズ、クリス・ウッドウォード監督を解任へ!FA補強の結果が出ず(追記あり)
【MLB2022】サンディー・アルカンタラがパドレス打線を7回スコアレス!一方、プロファーはチームメイトから怒られる
【MLB2022】マイケル・ワカが復帰戦で快投!ヤンキースを7回2ヒッターでシリーズ勝利に導く
【MLB2022】フランミル・レイエス、DFA後に蘇る!カブス移籍3試合で打率.417!
【MLB2022】フェルナンド・タティス・Jr.がシーズン・エンディングへ!禁止薬物テストで陽性反応
【MLB2022】ガーディアンズ、ALセントラルの首位に躍り出る
【MLB】2022フィールド・オブ・ドリームスはグリフィー親子、ハリー・ケリーが登場!鈴木選手が先制打
【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
タイトルとURLをコピーしました