スポンサーリンク

【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!

注目のLAD @ PHI Gm1

 現地2024年7月9日、現時点でのナ・リーグのキングはどちらだ?という点で非常に興味深かったドジャース@フィリーズの3ゲームシリーズがついに始まりました。

 NLCSの前哨戦のようなマッチアップですが、キングはどちらか?という点では怪我人が続出しているドジャースが不利なのは明白。フィリーズはブライス・ハーパー、カイル・シュワーバーそしてトレイ・ターナーが揃いぶみ。ただし、ハーパーはハムストリングス痛からの復帰で万全ではないでの出場でした。

タイラー・グラスノーがIL入り

 怪我で気になるのがドジャースのエース、タイラー・グラスノーのIL入り。ここまで18試合に先発し、109.0イニングを投げ、8勝5敗、ERA 3.47をマーク。奪三振143はナ・リーグ・トップです。

 そのタイラー・グラスノーがこの日、腰のハリを訴えて15 Day ILに入ることになりました。ドジャースはまたしても怪我人です。グラスノーのこれまでのキャリハイのIP(投球回数)は2023年の120.0。今季はもうそれに迫るところまで来ています。

 ドジャースに移籍したタイラー・グラスノーのパフォーマンスで唯一心配されていたのが、これまで怪我でフルシーズンを投げていなかったこと。ここに来てその心配が現実となりました。ただ、今回の腰はほぼDay to Dayの筋肉のハリと見られ、登板を2、3回スキップすればすぐに復帰できそうです。腕でなかったことがまだ幸いな点でもあります。

フィリーズ、2回に先制

 ムーキーが離脱中とは言え、大谷→スミス→フリーマンと続くドジャースの上位は脅威以外の何者でもありません。フィリーズ先発のザック・ウィーラーはリードオフで入った大谷選手といきなり対戦。相当、気を遣う立ち上がりとなりましたが、ウィーラーは大谷選手の第1打席をインハイへの98mphの4シームで空振り三振を奪いました。その後、ウィル・スミスにはCF前シングル、テオスカー・ヘルナンデスにはトレイ・ターナーの送球ミスで出塁を許すも、無失点に抑える立ち上がりでした。トレイ・ターナーの送球はやや逸れた程度でしたが、ハーパーの足の状態がよくなく、ストレッチ出来ませんでした。

 そして、先制したのはフィリーズ。2回裏、2アウトからブランドン・マーシュが四球で出塁。ボビー・ミラーはストライクとボールがはっきりしていましたね。マーシュは次打者のラファエル・マーシャンのところで2盗に成功。そのマーシャンがRFへのシングルを放ち、マーシュが還ってまずはフィリーズが1点を先制。さらにこの後、ヨハン・ロハスとカイル・シュワーバーにも連続タイムリーが飛び出し、フィリーズが3点を奪います。

 マーシャンは腰の座ったスイングをし、この日は3-3。IL中のJ.T.リアルミュートも、うかうか出来ないくらい活躍しております。

トレイ・ターナーがGS 

 フィリーズは4回裏にも打線がつながり、トレイ・ターナーのグランド・スラムなどでこのイニングは一気に6点を奪い、4回を終えて9-0とし、ほぼゲームを決めました。

 7回裏にはブランドン・マーシュにも1発が飛び出したフィリーズは、10-1と大量リード。

 ゲームはこのスコアのまま終了。Gm1はフィリーズが圧勝しました。

MLB Gameday: Dodgers 1, Phillies 10 Final Score (07/09/2024)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 

 それにしても今季のロード用のグレー・ジャージは汗じみがひどいですね。マジェスティックのクール・ジャージの時はこれほどの汗じみは出ていなかったように思います。

ザック・ウィーラーも腰を傷める

 圧勝したフィリーズですが、先発のザック・ウィーラーが5回を投げ終えて降板となりました。

 ウィーラーは5イニングで、被安打3、失点1、自責点1、BB 2、SO7、HR 1と好投していたのですが、5回を投げ終えたところで腰に張りを感じたということでこのまま降板となりました。

 ちょっと心配ですね。ただ、ウィーラーは勝利投手の権利を持っての降板でしたから、この日は今季10勝目がつきました。

大谷は1安打

 大谷選手ですが、3回表の第2打席で、ウィーラーからLF前に落とすシングルを放ち、この出塁の時に、今季21個目となる盗塁を決めました。しかし、このイニングは得点ならず。

 大谷選手の安打はこの日はこの一本のみ。

 Gm1はフィリーズの圧勝となりました。ドジャースにとっては厳しいシリーズになりそうですが、どういうチーム状態であれ、やはり投手の出来が大きな要素になりそうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。  

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ブレーブス、今度はオジー・アルビーズが長期離脱!マックス・フリードもILへ
【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
タイトルとURLをコピーしました