スポンサーリンク

【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!

メジャー33人目

 現地2022年4月23日、デトロイト・タイガースのミゲル・カブレラ(Miguel Cabrera)が、地元コメリカ・パークで行われたロッキーズとのダブルヘッダーの第1試合において、ロッキーズ先発のアントニオ・センザテラから右中間へシングル・ヒットを放ち、メジャー33人目の3000本安打を達成しました。

 Congratulations!

 なお、現地2022年4月23日時点でメジャー・リーガーとカウントされている選手の総数は22,615名。この中でたった33名しか達成していないということは、たった 0.1 %の選手しか成し遂げていない偉業ということも言えるでしょう。

焦らされた数試合

 現地2022年4月20日のヤンキース戦で3安打を放ち、通算2,999安打とし、3,000安打に王手をかけていたミゲル・カブレラ。翌21日のゲームでは、タイガースが1-0のスコアでリードしていた8回裏、ここまでノーヒットのミゲル・カブレラに打席が回ってきました。2アウト、ランナー2、3塁の状況。

 最高のお膳立てが出来ていたのですが、この状況でヤンキースはミゲル・カブレラを敬遠四球に。これにはデトロイトのファンも大ブーイング。これを見にスタジアムに来たようなものですからね。

 結果、2アウト満塁の状況で次打者のオースティン・メドウズがLFへタイムリー二塁打を放ち、タイガースが2点を追加。タイガースが3-0で勝利しました。

 22日に記録達成なるか?というところだったのですが、デトロイトが荒天のため、中止に。そして、23日にダブルヘッダーとなり、Game1で記録達成と相成ったのでした。

MLB 3,000安打達成者

 なお、ミゲル・カブレラはこの日行われたダブルヘッダーの2試合ともに出場。記録達成となったGame1では4打数2安打、さらにGame2でも4打数1安打を放ち、この日だけで3本のヒットを重ねたため、達成時は33人目となりましたが、ランキングでは歴代32位の記録となっております(現地2022年4月23日時点)。また、現役のプホルズの記録も現地2022年4月23日終了時点のものです。

【MLB歴代3,000安打達成者】

RankNameHits
1ピート・ローズ4256
2タイ・カッブ4189
3ヘンリー・アーロン3771
4スタン・ミュージアル3630
5トリス・スピーカー3514
6デレク・ジーター3465
7キャップ・アンソン3435
8ホーナス・ワグナー3420
9カール・ヤストレムスキー3419
10ポール・モリター3319
11エディー・コリンズ3315
12アルバート・プホルズ3308
13ウィリー・メイズ3293
14エディ・マレー3255
15ナップ・ラジョイ3243
16カル・リプケン・Jr.3184
17エイドリアン・ベルトレ3166
18ジョージ・ブレット3154
19ポール・ウェイナー3152
20ロビン・ヨーント3142
21トニー・グウィン3141
22アレックス・ロドリゲス3115
23デーブ・ウィンフィールド3110
24イチロー・スズキ3089
25クレイグ・ビジオ3060
26リッキー・ヘンダーソン3055
27ロッド・カルー3053
28ルー・ブロック3023
29ラファエル・パルメイロ3020
30ウェイド・ボッグス3010
31アル・ケーライン3007
32ミゲル・カブレラ3002
33ロベルト・クレメンテ3000
(現地2022年4月23日終了時点)

 なお、ヘンリー・アーロンはハンク・アーロンのことです。

500 HR & 3000安打

 この記録は、2021年8月22日にブルージェイズ戦に達成した500号HRに続く偉業。

 ミゲル・カブレラは、MLB史上7人目の両記録の達成者となりました。

【500HR & 3000 安打達成者】

RankPlayerHRHits
1ヘンリー・アーロン7553771
2アレックス・ロドリゲス6963115
3アルバート・プホルズ6813308
4ウィリー・メイズ6603293
5ラファエル・パルメイロ5693020
6エディー・マレー5043255
7ミゲル・カブレラ5023002
現地2022年4月23日時点

キャリア20シーズンでの達成

 ミゲル・カブレラのメジャー初ヒットはフロリダ・マーリンズ時代の2003年6月20日のタンパベイ・デビルレイズ戦。延長11回裏に放ったサヨナラ2ランHRがそれになりました。

Tampa Bay Devil Rays at Florida Marlins Box Score, June 20, 2003 | Baseball-Reference.com
Florida Marlins beat Tampa Bay Devil Rays (3-1). Jun 20, 2003, Attendance: 12515, Time of Game: 3:23. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, ...

2012年にトリプル・クラウン

 以降、2005年から2016年までの12シーズンのうち11シーズンで180安打以上を記録し、唯一の例外は怪我による離脱があった2015年シーズンでそれでも打率.338をマークし、バッティング・タイトルを獲得しました。

 2016シーズン後半には2500安打を達成。

 そして何より、2012シーズンですね。HR 44、RBI 139、打率. 330でトリプル・クラウンを達成。実はその前後もすさまじく、2011年は197安打で打率が.344!HRは30本でしたが、RBIは105。2013年は193安打で打率は.348をマーク。HRも44本、RBIも137をマークし、前年のトリプル・クラウンに匹敵する数字をマーク。ただ、このシーズンはオリオールズのクリス・デービスがそれ上回るHRとRBIをマーク。HRが53本でRBIが138。惜しくも2年連続でのトリプル・クラウン達成とはなりませんでした。

 キャリア通算で、MVPを2度、シルバースラッガー賞を7度、バッティング・タイトルを4度獲得しております。

全方位にヒット

 ミゲル・カブレラの打撃技術として「逆方向への安打」が半ばトレードマークとしてありますが、そのヒットの領域を見ると、もはや全方位。

ベネズエラの英雄

 ミゲル・カブレラは様々なマイルストーンに到達したベネズエラ出身の最初の選手。彼はすでに、ベネズエラ出身の選手によるHRと安打のMLB記録の保持者。

 長年、同地区でのライバルでもあり、親友でもありつづけているロイヤルズのサルバドール・ペレスは、4月11日から始まった週にこのようなことを述べています。

 「たとえ違うチームでプレーしていても、彼はベネズエラ出身であることに変わりはない。私は、彼のために、私の国のために幸せだと感じています。私はいつも、ミギーは大リーグにいるベネズエラ人選手の代表だと言っているんだ。私達はよく対戦するし、ともに勝ちたいと思っているから切磋琢磨している。でもそれ以外にも、私たちは同じ国の出身だから、ベネズエラ出身の選手が今やっていることを誇りに感じるんだ」と。

今季は好調

2017年から2021年まで出場試合数も、打撃成績も顕著に急落してしまったミゲル・カブレラ。今季は1Bをスペンサー・トーケルソンに譲り、ここまで主にDHで打率.308、OBP .378、SLG .359、HR 2、RBI 3と良い成績を残しています。

 大きな偉業を祝福したいですね。おめでとうございます!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】ジャイアンツ、GG賞2度の捕手、ロベルト・ペレスと契約へ
【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
【MLB 2023】レッドソックス、ラファエル・デバースと調停を避けて1年/17.5Mドルで合意(追記あり)
【2022-26 新CBA】クオリファイング・オファーのドラフト補償とペナルティーについて
【MLB 2023 FA】レッズ、ウィル・マイヤーズとカート・カサリを獲得し、ムスターカスをDFAに
【MLB プロスペクト 2023】再生カブス”の投手陣の大きな武器になりそうなヘイデン・ウェズネスキーをご紹介
【MLB 2023 FA】Dバックスがエバン・ロンゴリアと1年契約で合意
タイトルとURLをコピーしました