スポンサーリンク

【MLBポストシーズン2020】連敗のドジャース、歴史的な初回11得点で1勝2敗に(NLCS-Gm3)

LAD、レギュラーシーズンNO.1の力を発揮

 驚きましたね。何かのバグが発生したのかと思ったくらいです。

 現地2020年10月14日、ドジャース@ブレーブスのNLCS Game3はドジャースが初回に11得点を上げる信じれない展開となりました。ドジャースは2回、3回にも得点を重ね、終わってみれば15−3の大差でブレーブスに圧勝。

 ドジャースが今季レギュラー・シーズン勝率NO.1、得点力NO.1(349Runs)、得失点差NO.1(+136)の実力を見せつけたゲームとなりました。

 連敗を喫していたドジャースはこれでNLCSの勝敗を1勝2敗としました。

カイル・ライトはセットに弱点??

 ブレーブスの先発はカイル・ライト。マーリンズとのNLDS Game 3では6回をスコアレス投球。まるでシェーン・ビーバーのような鋭いスライダーに対応できる打者はいないのではないかと思わせるほどの素晴らしいピッチングを見せました。

リズムも狂った

 この日は1番のムーキー・ベッツの3BゴロがVTR判定となり、ここで間が空いたのがリズムを狂わせたのかもしれません。このプレーはまず3Bのヨハン・カマーゴがナイスストップ。そして逸れた送球に対してフレディー・フリーマンが曲芸級の動きでキャッチしたというギリギリのプレーでしたが、判定はセーフ。

 つづくコーリー・シーガーがLFへ二塁打を放ち、ドジャースが1点を先取。1、2番の電光石火の攻撃はよくあることです。

2アウトまで奪っていたが

 この後、カイル・ライトはジャスティン・ターナーとマックス・マンシーを打ち取り、2アウトまで奪っていたのです。

 つづく当たっているウィル・スミスにはタイムリー二塁打を打たれ、シーガーが還り、ドジャースは2点目。

 その後はコディー・ベリンジャーに四球、ジョク・ピダーソンに2ランHR、エドウィン・リオスにソロHR、クリス・テイラーに四球。ここでカイル・ライトは降板。四球2、被安打5、二塁打2、本塁打2で6失点。

 シーガーに二塁打を許してからセットの投球が続きましたが、どうもセットだと彼の威力が失われるようです。カイル・ライトはリリース時の腕のスイングが非常に速く、静から動へのスイッチがうまい投手ですが、セットになるとその魅力が失われ、タイミングが取りやすいように思います。クイックがうまいのもかえって仇になったようなそのような投球でした。

 その後、2番手のグラント・デイトンも流れを止めることが出来ず、3回までに15失点という内容でした。

ブレーブス、2年連続で初回10失点

 ぽっかりと穴が空いたような大敗。あらゆる面でスキがないはずのブレーブスなのに、このような敗戦を喫してしまう不思議さ。どのクラブも年間に数試合は大敗を喫しますが、レギュラーシーズン中ならまだ埋もれる可能性があります。しかし、ブレーブスはなぜかポストシーズンの大事な局面でそれが出てしまいますね。だから余計に目立ってしまう。

2019年はフォルティネビッツが炎上

 2019年のNLDS Game5(BOX SCORE)においてもブレーブスは、初回に10失点を喫したことがありました。この時はマイク・フォルティネビッツが四球を含めた長短打で6人連続の出塁を許すなど炎上しました。2番手で登板したのがマックス・フリードで、彼も流れに逆らえず、四球と2者連続の二塁打、ワイルピッチなどで失点を重ねました。

 マイク・フォルティネビッツはGame2で7回スコアレス投球をしており、マックス・フリードもリリーバーとして安定していたにも関わらず、このような事態が発生しました。

ドジャースの記録

1回の11得点は史上初

 ファースト・イニングの11得点はポストシーズン史上初のことです。それまでは上記の2019年のNLDS Game5の10得点が最高。ドジャースはレコード・ブレーキングです。

7回までに1イニング10得点は過去4回

 そして1回だけでなく、7回を通して1イニングに11得点というのもポストシーズン史上初です。ポストシーズンにビッグイニングはつきものですが、1イニングで10得点となるとこのゲームを除いて過去に4度しかありません。

  • 2019 NLDS Game 5 (上記)
  • 2002 ALCS Game 5 (LAA vs MIN) LAAが7回裏に10得点
  • 1968 WS Game 6 (DET vs MIN)  DETが3回表に10得点
  • 1929 WS Game 4 (CHC vs Ph.A’s) フィラデルフィア・アスレチックスが7回裏に10得点

ブレーブス、淡々とチューンナップ

 大量失点となったことから、ブレーブスはポジション・プレーヤーをマウンドに送るのかと思われましたが、ブライアン・スニッカー監督はリリーバーを投入。ワスカル・イノア(Huascar Ynoa)、ジェイコブ・ウェブ、そしてなんとシェーン・グリーンまで起用しました。これはきちんとした内容で終わらせることで、翌日以降もしっかりと戦うぞという意思表示を示したものと思われます。これでブレーブスは平常心に戻れたのではないかと思います。

 ドジャースも本領を発揮しました。まだ2勝1敗でブレーブスがリードしていますが、これで勝負はこれからという感じになってきましたね。

 Game4、楽しみです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
【MLB 2023】レッドソックス、ラファエル・デバースと調停を避けて1年/17.5Mドルで合意(追記あり)
【2022-26 新CBA】クオリファイング・オファーのドラフト補償とペナルティーについて
【MLB 2023 FA】レッズ、ウィル・マイヤーズとカート・カサリを獲得し、ムスターカスをDFAに
【MLB プロスペクト 2023】再生カブス”の投手陣の大きな武器になりそうなヘイデン・ウェズネスキーをご紹介
【MLB 2023 FA】Dバックスがエバン・ロンゴリアと1年契約で合意
【MLB 2023 FA】信頼のコンタクト・ヒッター、ジーン・セグラはマーリンズに決定! 2年/17Mドル保証
タイトルとURLをコピーしました