スポンサーリンク

【MLB移籍2019】カブス-ロイヤルズでマーティン・マルドナードとマイク・モンゴメリーのトレードが成立

カブスとロイヤルズ間でのトレード

現地2019年7月15日、大きなトレードのニュースが入ってきました。

カブスがロイヤルズ間でトレードが成立です。

マルドナードがカブスへ移籍

カブスはロイヤルズから元ゴールドグラブ捕手のマーティン・マルドナード(Martín Maldonado)を獲得。一方、ロイヤルズはカブスから左腕のマイク・モンゴメリー(Mike Montgomery)を獲得しました。

トレードは1対1です。

背景にカブス正捕手のケガ

ツイッター上ではマーティン・マルドナードがトレードのため、ゲームから引っ込んだという情報が流れていたので、筆者はてっきりマルドナードがジョナサン・ルクロイのケガの影響で捕手に不安の残るエンゼルスへ動くのかと思っていました。

ところが、センセーショナルなカブスへの移籍。

ウィルソン・コントレラス(Willson Contreras )がいるのにどうして?と思いましたが、どうやらウィルソン・コントレラスがILに入るとの情報が。

ウィルソン・コントレラスは、右足のアーチなので土踏まずかと思うのですが、そこを傷め、10 Day ILに入ることが明らかに。

10 Dayくらいならと思ったのですが、結構深刻なケガかもしれません。

ウィルソン・コントレラスの2019シーズンの成績は(2019年7月15日時点)、打率.286、OBP .382、SLG .565、HR 19、RBI 55とカブスの大きな得点源でもあります。またCS%(盗塁阻止率)は31%。

マーティン・マルドナードとは

1986年8月16日生まれの32才。2017年のエンゼルス時代に受賞したゴールドグラブ賞ですね。2017年、捕殺数29はア・リーグ1位。詳細は以下のリンクを。

ロイヤルズへ移籍するのはマイク・モンゴメリー

そしてもう一つ驚かされたのが、カブスがトレードに出した選手です。

まさか、貴重な左腕のブルペン、マイク・モンゴメリーを出すとは思いませんでした。

マイク・モンゴメリーはカブスにとっておなじみの選手で、2016年にカブスがワールドシリーズチャンプとなった際、クリス・ブライアントの3Bゴロで終わりましたが、その時にマウンドにいたのがマイク・モンゴメリーでした。

なぜか、クリス・ブライアントの嬉しそうなゴロ処理しか覚えていないのですが。

マイク・モンゴメリーとは

Mike Montgomery Stats | Baseball-Reference.com
Career: 23-34, 3.84 ERA, 415 SO, P, Cubs/Mariners/... 2015-2020, t:L, born in CA 1989, Monty

マイク・モンゴメリーは30才になったばかりの左腕。2008年ロイヤルズ1巡目指名。よって今回は復帰ということになりますね。

2012年12月にレイズ−ロイヤルズ間で発生したブロックバスターとも言っていいトレードでレイズに移籍。

この時ロイヤルズからレイズには、マイク・モンゴメリーの他にウィル・マイヤーズ(現SDP)、ジェイク・オドリッジ(現MIN)、後日指名でウェイド・デービス(現COL)とジェームズ・シールズ(現FA)などのそうそうたるメンバーが動きました。レイズからロイヤルズにはエリオット・ジョンソン(2014年で引退)。ロイヤルズは弾を出しすぎました。

2015年3月31日にエラスモ・ラミレスとのトレードでマリナーズへ移籍。

2016年の7月にカブスへ移籍してきました。この時、カブスは現SEAのダニエル・ボーゲルバックを出しているんですね。危うく、カイル・シュワーバーが2人揃うところでした。

マイク・モンゴメリーは2018までは先発とブルペンの双方をこなしていました。指揮官にしてみれば非常に使い勝手の良い投手です。2019年はブルペンオンリー。

今季は20試合に登板し、ERA 5.67。

トレードの影響

ロイヤルズの捕手

サルバドール・ペレスのトミー・ジョン手術によってロイヤルズで捕手を務めていたマーティン・マルドナードですが、彼が出たあと心配なロイヤルズの捕手はキャム・ギャラガー(Cam Gallagher)が務めます。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました