スポンサーリンク

【MLB2022FA】注目FA左腕のカルロス・ロドンはジャイアンツと2年44Mドルでサイン

ジャイアンツ、早くもファイナル・ピースを埋める

 現地2022年3月11日、ロックアウトが解除後、残っていた注目FA左腕のディールが決まりました。

 サンフランシスコ・ジャイアンツはホワイトソックスからFAとなっていたカルロス・ロドンとサイン。これでジャイアンツは早くもローテーション5人目を確保。もはやファイナル・ピースを埋めたと言っても過言でない状態になりました。

Carlos Rodon Stats | Baseball-Reference.com
2021: 13-5 (5th), 2.37 ERA, 185 SO (9th),Career: 42-38, 3.79 ERA, 710 SO, P, AllStar, WhiteSox 2015-2021, t:L, born in FL 1992, Los

契約内容

 ジャイアンツとカルロス・ロドンの契約は以下の通り。

  • 2年/$44M (2022-23)
    • 支払い:$21.5M(2022)/ $22.5M (2023)

 こちらは1年後にオプトアウトがあるとか、2年終了後にクラブ・オプションがあるかどうか、バイアウトはどうかなどは現時点では定かではありませんが、確認しておきます。

ケビン・ゴーズマンの穴が埋まる

 ジャイアンツはこのオフ、アンソニー・デスクラファニー(3年/$36M)、アレックス・ウッド(2年/$25M)と再契約。ただ、このオフにケビン・ゴーズマンを喪失。ブルージェイズと5年/$110Mでサインしましたね。

 したがって、ロックアウト前にエンゼルスからFAとなっていた右腕のアレックス・コブ(2年/$20M)を獲得。あと1枚、強いスターターが欲しいところでした。

 ジャイアンツは今回、カルロス・ロドンを迎えたことで、昨季14勝6敗、ERA 2.81のケビン・ゴーズマンの穴を埋め、ローテーションを完成させました。

【2022 SFGローテーション】

  1. ローガン・ウェブ
  2. カルロス・ロドン(L)
  3. アンソニー・デスクラファニー
  4. アレックス・ウッド(L)
  5. アレックス・コブ

 順番はともかくRHPが3人、LHPが2人とかなり理想的な布陣です。

2022年は9イニングのダブルヘッダー

 ジャイアンツの開幕は現地2020年4月8日。対戦相手はマーリンズ。現地2022年3月12日時点で、当初3月31日から始まることになっていた開幕6試合のリスケジュールは、公式スケジュールにはまだ掲載されていません。ただ、今季はダブルヘッダーを9イニングで行うことが決まっており、リスケジュールがいつ詰め込まれるかによっては投手のやりくりがかなり大変になってきます。また、ダブルヘッダー時のロスター拡大もMLBとMLBPAの間で話し合われております。

 これらはどういうことかというと、つまりジャイアンツはまだアームがもう1枚欲しいくらいだということですね。

 バスター・ポージーの引退により、バッター獲得の優先順位が上がるとは言え、ジャイアンツはまだローテーションを獲得に動くかもわかりません。

2021年に大ブレークしたカルロス・ロドン

 カルロス・ロドンは1992年12月10日生まれ。開幕時点で29才となります。

 ホワイトソックスの2014年のドラフト1巡目、全体順位3位でプロ入り。デビューは2015年。デビュー後からかなり注目されていた左腕でした。

2021年にキャリアハイのベロシティー

 2021シーズンは投手コーチのイーサン・カッツの下で大ブレーク。13勝5敗、ERA 2.37、132.2 IP 、185 SOをマーク。ノーヒッターもありましたね。イーサン・カッツはジャイアンツの現監督のゲーブ・キャプラーの元コーチング・スタッフであったことから、多少なりともジャイアンツと縁があったようです。

 またオールスターにも初出場し、サイ・ヤング賞の投票では、5位に入賞。

 特筆はアベレージ・ベロシティーがこれまでのキャリアハイの95.4mphをマークしたことでしょうか。2015年のルーキー時代の94.2mphを上回り、MAXは100 mph 超もマークしました。

 イニング数に関しては、シーズン後半に左肩の痛みが発症したことによって、伸びませんでした。この辺がホワイトソックスがQO(クオリファイング・オファー)を出さなかった理由かと思います。

 また、カルロス・ロドンはトミー・ジョン手術も経験済み。復帰した2019年から20年の2シーズンで計11試合しか登板しなかったこと。そして2017年から18年は左肩の手術から回復するのに時間を要したということもありました。

 ホワイトソックスでの7シーズンで、121試合(116先発)、42勝38敗、669.1 IP、710SOが通算成績です。

 ジャイアンツでの活躍に期待したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました