スポンサーリンク

【MLB2022FA】鈴木誠也選手はカブスに決定!速報ベースで5年/総額85Mドル

鈴木選手が伝統のあるカブスに

 現地2022年3月16日、広島東洋カープを出てポスティングでメジャー・リーグ入りを目指していた鈴木誠也選手の所属クラブがついに決定。伝統クラブであるシカゴ・カブスに決まりました。

 おめでとうございます!

 パドレス、レッドソックス、レンジャーズ、ジャイアンツ、マリナーズ、ヤンキース、ブルージェイズ、マーリンズ、ドジャースなどのクラブ名が候補として上がり、一部、サンディエゴという情報も出ましたが、鈴木選手はそれを否定。

 その後にカブスと会うことになっていたのですが、オーナーのトム・リケッツを含む幹部が総出で出向かえたようで、この時点ではもうカブスとの最終調整だったのではないかと思います(推測です)。

長かったロックアウトの99日間

 思えば、現地2021年11月22日(月)からポスティング・プロセスが開始となり、なんとか旧CBA(労使協定)が有効なうちに決まればと思っていたのですが、さすがに10日ほどで決まる訳もなく、予想通りに新CBAが合意にならず、MLBはついに現地2021年12月2日から選手をロックアウトしました。この間は一切の交渉がストップしました。

 ロックアウトが解除となったのが、現地2022年3月10日。この間は99日を数え、それから約1週間で晴れてカブス入りが決まったということに。

契約内容

 カブスと鈴木誠也選手の契約は、速報ベースで下記の内容となっています。

  • 5年/総額$85M(2022-2026)
    • フル・ノートレード条項あり
    • AAV(Annual Average Value)で$17M

 最終年の条件や金額の中身などの詳細がわかりましたら、リライトしたいと思いますが、現時点では上記内容となっています。

カブスからカープへのリリース・フィー

 カブスが広島東洋カープに支払うリリース・フィーは、下記のように定められています。

ポスティングで獲得したクラブがNPBの球団に支払う金額のことを「リリース・フィー」と呼びます。

 鈴木選手がいずれかのクラブと合意して契約を結んだ場合、広島東洋カープには以下の金額が譲渡されます。

  1. 2,500万($25M)ドルで合意した場合→20%
  2. 5,000万($50M)ドルまで→ 1 + 次の2,500万ドル($25M)の17.5%
  3. 5,000万ドル($50M)超→ 1+2+その次の2,500万ドル($25M)の15%
  4. 契約にSupplemental Fee(余剰の料金)がある場合、サイニング・ボーナス(契約金)あるいは、Vesting Option(〜を達成すれば$〜)がある場合、それぞれ15%も。

 これを鈴木誠也選手のケースに当てはめると下記のようになります。

  1. $25M x 20% →$5.0M
  2. $25M x 17.5%→$4.375M
  3. $35M x 15% →$5.250M
  4. サイニング・ボーナスはあるかと思うのですが、現時点で総額の中にそれらも含まれると予想でき、尚且つ、ここのレートは15%で3番と同じになるので、3番にひっくるめました。

 よって、1-3の合計の$14.625Mがカープに入ることに。日本時間2022年3月17日のレートで換算すると(@JPY 118.47/USD)、約17億3260万円(1,000円未満切り捨て)になります。

 これは大きな金額ですね。

日本の4番の活躍を

 鈴木選手は27才。2021年は133試合に出場し、436-139、打率.319、OBP .436、SLG .640、OPS 1.075をマーク。HRが38本、RBI が88。キャリア通算では、打率が.309、OPSが.943、HR189、RBIが621。2019年、2021年はバッティング・タイトル(Av.335/ Av. 319)、ゴールデングラブ賞4度。

RFならジェイソン・ヘイワードとの争い

  カブスのRFにはジェイソン・ヘイワードがおり、彼との競合になりそうです。

  開幕まで3週間弱。なんとか多くのメジャーリーガーのボールを見て、レギュラーシーズンに入ってもらえたらと思っています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました