スポンサーリンク

【MLB2022FA】鈴木誠也選手はカブスに決定!速報ベースで5年/総額85Mドル

鈴木選手が伝統のあるカブスに

 現地2022年3月16日、広島東洋カープを出てポスティングでメジャー・リーグ入りを目指していた鈴木誠也選手の所属クラブがついに決定。伝統クラブであるシカゴ・カブスに決まりました。

 おめでとうございます!

 パドレス、レッドソックス、レンジャーズ、ジャイアンツ、マリナーズ、ヤンキース、ブルージェイズ、マーリンズ、ドジャースなどのクラブ名が候補として上がり、一部、サンディエゴという情報も出ましたが、鈴木選手はそれを否定。

 その後にカブスと会うことになっていたのですが、オーナーのトム・リケッツを含む幹部が総出で出向かえたようで、この時点ではもうカブスとの最終調整だったのではないかと思います(推測です)。

長かったロックアウトの99日間

 思えば、現地2021年11月22日(月)からポスティング・プロセスが開始となり、なんとか旧CBA(労使協定)が有効なうちに決まればと思っていたのですが、さすがに10日ほどで決まる訳もなく、予想通りに新CBAが合意にならず、MLBはついに現地2021年12月2日から選手をロックアウトしました。この間は一切の交渉がストップしました。

 ロックアウトが解除となったのが、現地2022年3月10日。この間は99日を数え、それから約1週間で晴れてカブス入りが決まったということに。

契約内容

 カブスと鈴木誠也選手の契約は、速報ベースで下記の内容となっています。

  • 5年/総額$85M(2022-2026)
    • フル・ノートレード条項あり
    • AAV(Annual Average Value)で$17M

 最終年の条件や金額の中身などの詳細がわかりましたら、リライトしたいと思いますが、現時点では上記内容となっています。

カブスからカープへのリリース・フィー

 カブスが広島東洋カープに支払うリリース・フィーは、下記のように定められています。

ポスティングで獲得したクラブがNPBの球団に支払う金額のことを「リリース・フィー」と呼びます。

 鈴木選手がいずれかのクラブと合意して契約を結んだ場合、広島東洋カープには以下の金額が譲渡されます。

  1. 2,500万($25M)ドルで合意した場合→20%
  2. 5,000万($50M)ドルまで→ 1 + 次の2,500万ドル($25M)の17.5%
  3. 5,000万ドル($50M)超→ 1+2+その次の2,500万ドル($25M)の15%
  4. 契約にSupplemental Fee(余剰の料金)がある場合、サイニング・ボーナス(契約金)あるいは、Vesting Option(〜を達成すれば$〜)がある場合、それぞれ15%も。

 これを鈴木誠也選手のケースに当てはめると下記のようになります。

  1. $25M x 20% →$5.0M
  2. $25M x 17.5%→$4.375M
  3. $35M x 15% →$5.250M
  4. サイニング・ボーナスはあるかと思うのですが、現時点で総額の中にそれらも含まれると予想でき、尚且つ、ここのレートは15%で3番と同じになるので、3番にひっくるめました。

 よって、1-3の合計の$14.625Mがカープに入ることに。日本時間2022年3月17日のレートで換算すると(@JPY 118.47/USD)、約17億3260万円(1,000円未満切り捨て)になります。

 これは大きな金額ですね。

日本の4番の活躍を

 鈴木選手は27才。2021年は133試合に出場し、436-139、打率.319、OBP .436、SLG .640、OPS 1.075をマーク。HRが38本、RBI が88。キャリア通算では、打率が.309、OPSが.943、HR189、RBIが621。2019年、2021年はバッティング・タイトル(Av.335/ Av. 319)、ゴールデングラブ賞4度。

RFならジェイソン・ヘイワードとの争い

  カブスのRFにはジェイソン・ヘイワードがおり、彼との競合になりそうです。

  開幕まで3週間弱。なんとか多くのメジャーリーガーのボールを見て、レギュラーシーズンに入ってもらえたらと思っています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました