【カージナルス2020】トミー・ジョン手術のジョーダン・ヒックスがブルペンセッションへ

良いなと思ったらシェアお願いします

順調なリハビリ

 現地2020年5月2日、トミージョン手術を行ったジョーダン・ヒックス(Jordan Hicks)の最新の様子が判明。30球のブルペン・セッションを行うまでになっています。

手術は2019年6月26日

 ジョーダン・ヒックスのUCL(Ulnar Collateral Ligament)の断裂が明らかとなったのは現地2019年6月24日。

ジョーダン・ヒックスが右肘の腱を断裂でシーズンエンドに

 手術への決断も早く、2日後の6月26日に施術。成功していました。

 ということは現地2020年5月2日時点でまだ1年を経過していないのですが、すでに30球のブルペンセッションで、大谷選手とほぼ同じペースになっています。

 念の為、大谷選手の場合は2019年9月にヒザの手術も行いましたので、通常よりはやや遅めのペースとなっています。

現地2020年4月27日、エンゼルス・大谷翔平選手のリハビリの様子が明らかに。週2のブルペンセッション開始へ!順調です。

術後8-10ヶ月

 また、ジョーダン・ヒックスのペースは投手のリハビリメニューから言えば、ごく標準的なペースとも言えます。

 術後8から10ヶ月で、ピッチングへの復帰段階。マウンドから投げる。遠投の後、ブルペンで20−25球。それを週に2回。5球ずつ増やしていく。さらに週3度は遠投も行う。

 また5−6週間かけて40球から50球に増やし、いいフォームで痛みもなく、通常のスピードで投げられたら打者相手に投球。打者相手の複数パターンのシチュエーションを体験した後にゲームでの実践登板へ。

とある19才のプロスペクト投手のリハビリ投球 素敵な動画がありましたので、共有させていただきたいと思います。 まずは下の埋め込みをご...

通常ならオールスターブレークに復帰のペース 

 例の流行り病の影響で開幕が遅れているMLBですが、ジョーダン・ヒックスはすでにバッター相手に投げられる段階にも達しています。もしも通常どおりにレギュラーシーズンが行われていれば、オールスター・ブレーク明けにも登板できるほどのペースです。

 ただ、現時点では打者相手の投球も出来ないため、無理せずに慎重に球数を増やしていく予定です。

2020シーズンの後半に機能

 100mph投げられる人は筋力が強いと思われますので、それくらいのペースでしっかりとUCLを伸ばして行く方がファンとしても無難で良いなとは思います。

 シーズンがいつ始まるのかわかりませんが、2020シーズンの後半に彼がカージナルスを救うかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク