スポンサーリンク

【カージナルス2020】トミー・ジョン手術のジョーダン・ヒックスがブルペンセッションへ

順調なリハビリ

 現地2020年5月2日、トミージョン手術を行ったジョーダン・ヒックス(Jordan Hicks)の最新の様子が判明。30球のブルペン・セッションを行うまでになっています。

手術は2019年6月26日

 ジョーダン・ヒックスのUCL(Ulnar Collateral Ligament)の断裂が明らかとなったのは現地2019年6月24日。

 手術への決断も早く、2日後の6月26日に施術。成功していました。

 ということは現地2020年5月2日時点でまだ1年を経過していないのですが、すでに30球のブルペンセッションで、大谷選手とほぼ同じペースになっています。

 念の為、大谷選手の場合は2019年9月にヒザの手術も行いましたので、通常よりはやや遅めのペースとなっています。

術後8-10ヶ月

 また、ジョーダン・ヒックスのペースは投手のリハビリメニューから言えば、ごく標準的なペースとも言えます。

 術後8から10ヶ月で、ピッチングへの復帰段階。マウンドから投げる。遠投の後、ブルペンで20−25球。それを週に2回。5球ずつ増やしていく。さらに週3度は遠投も行う。

 また5−6週間かけて40球から50球に増やし、いいフォームで痛みもなく、通常のスピードで投げられたら打者相手に投球。打者相手の複数パターンのシチュエーションを体験した後にゲームでの実践登板へ。

通常ならオールスターブレークに復帰のペース 

 例の流行り病の影響で開幕が遅れているMLBですが、ジョーダン・ヒックスはすでにバッター相手に投げられる段階にも達しています。もしも通常どおりにレギュラーシーズンが行われていれば、オールスター・ブレーク明けにも登板できるほどのペースです。

 ただ、現時点では打者相手の投球も出来ないため、無理せずに慎重に球数を増やしていく予定です。

2020シーズンの後半に機能

 100mph投げられる人は筋力が強いと思われますので、それくらいのペースでしっかりとUCLを伸ばして行く方がファンとしても無難で良いなとは思います。

 シーズンがいつ始まるのかわかりませんが、2020シーズンの後半に彼がカージナルスを救うかもしれません。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました