スポンサーリンク

【MLB2021】カージナルスが15連勝!中盤に逆転!(追記:17連勝まで行きました)

カージナルス

フランチャイズ・レコード!

 ここにきてカージナルスの勢いが止まりませんね。

 現地2021年9月25日、リグレーでのカブス戦では、前半はリードされていたものの、終盤7回に一気に逆転。さらに9回にも追加点を上げ、カブスの反撃の芽を絶ち、8-5で勝利。連勝を15に伸ばしました。

1935年の14を抜く!

 カージナルスの連勝が始まったのは、現地2021年9月11日のレッズ戦から。レッズとの3GameシリーズでのGame2から始まって、レッズに2勝、メッツ、パドレスを3ゲームスイープ、圧巻だったブルワーズとの4ゲームシリーズのスイープ、そしてカブスに3勝ですね。

 カージナルスのそれまでの連勝のフランチャイズ・レコードは14。なんと1935年シーズンまで遡ります!86年ぶりの更新です。

すでに2021年の連勝記録も更新

 また今季は4月にアスレチックスが13連勝を達成。

 また、8月にはヤンキースが13連勝を達成しました。

 カージナルスは前日の2021年9月24日に行われたカブスとのダブルヘッダーに連勝。Game2に勝った時点ですでに14連勝を達成していました。

ジョン・レスターがなんとかゲームメイク

 この日のカージナルスの先発は前回登板の9月20日にキャリア通算200勝を達成したジョン・レスター。

 2回表に好調のハリソン・ベイダーのソロHRで1点を先制したジョン・レスターでしたが、ウィルソン・コントレラスのタイムリーダブルと、イアン・ハップのタイムリー・シングルで2点を奪われ、逆転を許す展開。

 4回表にタイラー・オニールの追い上げのソロショットで2-2のタイ・スコアに追いついてもらったものの、またもやウィルソン・コントレラスのタイムリーで1失点、さらに2アウトまで奪いながら、イアン・ハップに押し出しの四球を与え、2失点。2-4とリードを拡げられてしまいました。

 しかし、5回裏をなんとか凌いで無失点。味方打線がロックオン出来る点差でなんとかゲームメイクしたという投球でした。3回から5回まではいずれも先頭打者を出してしまったのが、失点のきっかけでもありました。ただ、悪いなりにも、なんとか結果を出してつないだのはベテランならではの投球。そういつもいつも良い投球が出来るわけがありません。

STL、投手が代わって、逆転!

 4-2とカブスリードのまま進んだ7回表。カブスは、右腕のコディー・ホイヤーにスイッチ。昨シーズンはホワイトソックスにいた右腕ですね。この投手交代が裏目に。 

 カージナルスは先頭のノーラン・アレナドが二塁打で出塁。モリーナもシングルで続き、ノーアウト1、3塁でハリソン・ベイダー。ベイダーはもう迷うことなくという感じで2球目のファストボールをLF前にシングル。これでアレナドが還って3-4と1点差に。

 また、ルーキーOFで、お母さんが日本人のラース・ヌートバー(Lars Nootbaar)が同点タイムリー。

 さらに、ポール・デヨングが犠牲フライを放ち、このイニング3点目。一気に逆転しました。

 カージナルスは9回表にもポール・デヨングの2ランHRなどで3点を追加。9回裏に、イアン・ハップに一発を返されるも、9-5のスコアで勝ちました。

カージナルスのスタッツ

 カージナルスの直近15試合の成績を見てみます。

【チームスタッツ】

 打線が好調です。

HittingPitching
-RUN  105 (MLB1位)
-RBI  101 (MLB1位)
-AV.  294 (MLB 1位)
-SLG .541 (MLB1位)
-OPS .882 (MLB1位)
– HR 29 (MLB2位)
-ER 45 (MLB 6位)
-ERA 3.05 (MLB2位)
-WHIP 1.12 (MLB5位)
-Opp Av. .218 (MLB6位)

プレーヤースタッツ

【Hitting】

 タイラー・オニール、ポール・ゴールドシュミット、ハリソン・ベイダーがいい仕事をしています。下記には表れていませんが、ヤディアー・モリーナもこの15試合では45-11、7 RBIといい適時打が目立っています。

1234
HRT・オニール(7)ゴールディー (6)アレナド (4)ベイダー(3)
RBIT・オニール(20)ゴールディー (15)アレナド (12)ベイダー(11)
Hitsベイダー (23)ゴールディー (22)T・オニール(18)エドマン(17)
Av.ベイダー (.411)ゴールディー(.386)T・オニール(.305)アレナド(.296)

【Pitching】

 マイコラスが帰ってきたのは大きいです。リリーバーではジェネシス・カブレラ、ジャスティン・ミラーがGJ。

  • スターター: 2勝0敗(マイコラス/ レスター)/ 1勝(ウェイノー/J.A. ハップ)
  • リリーバー:
    • TJ. マクファーランド: 9試合/9.1 IP/ ERA 3.86 / Opp Av. 333
    • ジェネシス・カブレラ: 7試合/8.2 IP/ ERA 0.00/ Opp Av. .074
    • アレックス・レイエス: 7試合/ 8.1 IP/ ERA 5.40/ Opp Av. .143
    • ジャスティン・ミラー: 4試合/ 4 IP / ERA 0.00/ Opp Av. .200

STL、ワイルドカード2枠目をがっちりキープ!

 カージナルスはこの日の勝利で86勝69敗。首位ブルワーズが93勝62敗も上げているので、地区優勝は無理です。25日のゲームが終わった時点でブルワーズがマジック1。

 カージナルスはワイルドカード2枠目を狙います。

【NLワイルドカード順位】(9/25終了時点)

Baseball Standings
The official standings for Major League Baseball.
  1. ドジャース: 99-56
  2. カージナルス: 86-69
  3. フィリーズ: 81-74 (WC枠までのGame差 5.0) E#3
  4. レッズ: 80-75 (WC枠までのGame差 6.0) E#2

 ご覧の通り、ドジャースはまだ地区優勝の芽がありますから、このポジションで決まったわけではありませんが、西地区の2位が1枠目に入るのがもう決定しているような状況です。

 争うのは2枠目ですが、カージナルスが3位のフィリーズに5.0ゲーム差をつけて、がっちりキープ。残り7ゲームから言って、こちらもほぼ決まりでしょう。

追記:16連勝を達成!

 セントルイス・カージナルスは現地2021年9月26日のカブス戦に4-2で勝利。連勝を16と伸ばしました!

 27日はゲームがなし。28日からブルワーズとの3連戦。ブルワーズがすでに地区タイトルを獲得しているので、カージナルスはワイルドカード2枠目を悠々と守るシリーズに。NLCSまで行けば当たりますので、その情報収集も。

 そして1日らの3日までの最後のシリーズはまたカブス戦となります。

追記:17連勝でストップ

 カージナルスは現地9月28日のブルワーズ戦にも6-2で勝利。連勝を17に伸ばしました。

 なお29日のブルワーズ戦では0-4で敗退。連勝は17でストップしました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
タイトルとURLをコピーしました