スポンサーリンク

【MLB2021】カージナルスが15連勝!中盤に逆転!(追記:17連勝まで行きました)

フランチャイズ・レコード!

 ここにきてカージナルスの勢いが止まりませんね。

 現地2021年9月25日、リグレーでのカブス戦では、前半はリードされていたものの、終盤7回に一気に逆転。さらに9回にも追加点を上げ、カブスの反撃の芽を絶ち、8-5で勝利。連勝を15に伸ばしました。

1935年の14を抜く!

 カージナルスの連勝が始まったのは、現地2021年9月11日のレッズ戦から。レッズとの3GameシリーズでのGame2から始まって、レッズに2勝、メッツ、パドレスを3ゲームスイープ、圧巻だったブルワーズとの4ゲームシリーズのスイープ、そしてカブスに3勝ですね。

 カージナルスのそれまでの連勝のフランチャイズ・レコードは14。なんと1935年シーズンまで遡ります!86年ぶりの更新です。

すでに2021年の連勝記録も更新

 また今季は4月にアスレチックスが13連勝を達成。

 また、8月にはヤンキースが13連勝を達成しました。

 カージナルスは前日の2021年9月24日に行われたカブスとのダブルヘッダーに連勝。Game2に勝った時点ですでに14連勝を達成していました。

ジョン・レスターがなんとかゲームメイク

 この日のカージナルスの先発は前回登板の9月20日にキャリア通算200勝を達成したジョン・レスター。

 2回表に好調のハリソン・ベイダーのソロHRで1点を先制したジョン・レスターでしたが、ウィルソン・コントレラスのタイムリーダブルと、イアン・ハップのタイムリー・シングルで2点を奪われ、逆転を許す展開。

 4回表にタイラー・オニールの追い上げのソロショットで2-2のタイ・スコアに追いついてもらったものの、またもやウィルソン・コントレラスのタイムリーで1失点、さらに2アウトまで奪いながら、イアン・ハップに押し出しの四球を与え、2失点。2-4とリードを拡げられてしまいました。

 しかし、5回裏をなんとか凌いで無失点。味方打線がロックオン出来る点差でなんとかゲームメイクしたという投球でした。3回から5回まではいずれも先頭打者を出してしまったのが、失点のきっかけでもありました。ただ、悪いなりにも、なんとか結果を出してつないだのはベテランならではの投球。そういつもいつも良い投球が出来るわけがありません。

STL、投手が代わって、逆転!

 4-2とカブスリードのまま進んだ7回表。カブスは、右腕のコディー・ホイヤーにスイッチ。昨シーズンはホワイトソックスにいた右腕ですね。この投手交代が裏目に。 

 カージナルスは先頭のノーラン・アレナドが二塁打で出塁。モリーナもシングルで続き、ノーアウト1、3塁でハリソン・ベイダー。ベイダーはもう迷うことなくという感じで2球目のファストボールをLF前にシングル。これでアレナドが還って3-4と1点差に。

 また、ルーキーOFで、お母さんが日本人のラース・ヌートバー(Lars Nootbaar)が同点タイムリー。

 さらに、ポール・デヨングが犠牲フライを放ち、このイニング3点目。一気に逆転しました。

 カージナルスは9回表にもポール・デヨングの2ランHRなどで3点を追加。9回裏に、イアン・ハップに一発を返されるも、9-5のスコアで勝ちました。

カージナルスのスタッツ

 カージナルスの直近15試合の成績を見てみます。

【チームスタッツ】

 打線が好調です。

HittingPitching
-RUN  105 (MLB1位)
-RBI  101 (MLB1位)
-AV.  294 (MLB 1位)
-SLG .541 (MLB1位)
-OPS .882 (MLB1位)
– HR 29 (MLB2位)
-ER 45 (MLB 6位)
-ERA 3.05 (MLB2位)
-WHIP 1.12 (MLB5位)
-Opp Av. .218 (MLB6位)

プレーヤースタッツ

【Hitting】

 タイラー・オニール、ポール・ゴールドシュミット、ハリソン・ベイダーがいい仕事をしています。下記には表れていませんが、ヤディアー・モリーナもこの15試合では45-11、7 RBIといい適時打が目立っています。

1234
HRT・オニール(7)ゴールディー (6)アレナド (4)ベイダー(3)
RBIT・オニール(20)ゴールディー (15)アレナド (12)ベイダー(11)
Hitsベイダー (23)ゴールディー (22)T・オニール(18)エドマン(17)
Av.ベイダー (.411)ゴールディー(.386)T・オニール(.305)アレナド(.296)

【Pitching】

 マイコラスが帰ってきたのは大きいです。リリーバーではジェネシス・カブレラ、ジャスティン・ミラーがGJ。

  • スターター: 2勝0敗(マイコラス/ レスター)/ 1勝(ウェイノー/J.A. ハップ)
  • リリーバー:
    • TJ. マクファーランド: 9試合/9.1 IP/ ERA 3.86 / Opp Av. 333
    • ジェネシス・カブレラ: 7試合/8.2 IP/ ERA 0.00/ Opp Av. .074
    • アレックス・レイエス: 7試合/ 8.1 IP/ ERA 5.40/ Opp Av. .143
    • ジャスティン・ミラー: 4試合/ 4 IP / ERA 0.00/ Opp Av. .200

STL、ワイルドカード2枠目をがっちりキープ!

 カージナルスはこの日の勝利で86勝69敗。首位ブルワーズが93勝62敗も上げているので、地区優勝は無理です。25日のゲームが終わった時点でブルワーズがマジック1。

 カージナルスはワイルドカード2枠目を狙います。

【NLワイルドカード順位】(9/25終了時点)

Baseball Standings
The official standings for Major League Baseball.
  1. ドジャース: 99-56
  2. カージナルス: 86-69
  3. フィリーズ: 81-74 (WC枠までのGame差 5.0) E#3
  4. レッズ: 80-75 (WC枠までのGame差 6.0) E#2

 ご覧の通り、ドジャースはまだ地区優勝の芽がありますから、このポジションで決まったわけではありませんが、西地区の2位が1枠目に入るのがもう決定しているような状況です。

 争うのは2枠目ですが、カージナルスが3位のフィリーズに5.0ゲーム差をつけて、がっちりキープ。残り7ゲームから言って、こちらもほぼ決まりでしょう。

追記:16連勝を達成!

 セントルイス・カージナルスは現地2021年9月26日のカブス戦に4-2で勝利。連勝を16と伸ばしました!

 27日はゲームがなし。28日からブルワーズとの3連戦。ブルワーズがすでに地区タイトルを獲得しているので、カージナルスはワイルドカード2枠目を悠々と守るシリーズに。NLCSまで行けば当たりますので、その情報収集も。

 そして1日らの3日までの最後のシリーズはまたカブス戦となります。

追記:17連勝でストップ

 カージナルスは現地9月28日のブルワーズ戦にも6-2で勝利。連勝を17に伸ばしました。

 なお29日のブルワーズ戦では0-4で敗退。連勝は17でストップしました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】エンゼルス、アストロズ投手陣から20三振を奪われる!1試合ではMLB最多タイ!
【MLB2022】”MAX 102.4mph!”ブレーブスのルーキー、スペンサー・ストライダーが剛球連発で4勝目
【MLB2022】タイガースのライリー・グリーン、メジャー初HRはサヨナラHR
【MLB2022】マンフレッド・コミッショナー、ロボ・アンプ導入、32クラブ拡大プランを語る
【MLB2022】好調ノーラン・アレナドがサイクル安打を達成!しかし、フィリーズが勝利
【MLB2022】パイレーツ、2試合連続で1試合3HRを放つ選手が出現!
【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
タイトルとURLをコピーしました