スポンサーリンク

【INJURY2019】カージナルスの105マイル右腕、ジョーダン・ヒックスがUCL断裂でTJ手術へ

ジョーダン・ヒックスも”torn UCL”

現地2019年6月24日、MLBファンにとってはショッキングなニュースが入ってきました。

セントルイス・カージナルスのセットアップ兼クローザーで、MAX 105mph(168.98kmh)を記録し、常時100mphを計測するジョーダン・ヒックスが右肘の”torn UCL (Ulnar Collateral Ligament)、尺骨側副靭帯(しゃっこつそくふくじんたい)の断裂が明らかとなりました。

大谷選手と同じですね。

カージナルスは可能な限り連投を避けていた

ジョーダン・ヒックスは6月22日のエンゼルス戦までマウンドに立っていました。このゲームは2イニングにまたがる1.1イニング。

ほとんどが1イニングでの登板でしたが、6月19日のマーリンズ戦、5月31日のカブス戦、4月1日のパイレーツ戦では2イニングに登板。

また、カージナルスはかなり気を使って登板させていて連投は可能な限り避けており、5月は30日と31日の間で1回、6月は19日と20日の間で1回と直近の2ヶ月に限っては2度しか連投させていません。

最低でも中1日、最大で中6日を設けていたにもかかわらず、UCL断裂になりました。

19日から22日に過負担になったか

あえて言うなら、19日のマーリンズ戦で2イニングを投げた翌日20日に1イニングを投げて連投、さらに1日空けて22日のエンゼルス戦で1.1イニングですから、ここで負担がかかったとも言えなくもないです。

19日は21球、20日は7球、22日は28球でした。

2019はシーズンエンドに

カージナルスの声明です。

MRIで検査した結果、断裂まで行ってしまったので、もうトミー・ジョン手術に踏み切るしか道はないと思います。

現地2019年6月24日の時点ではまだ手術をするかどうかは決めていませんが、プロセスとしてはそうなるでしょう。

早めに手術をしたとしても、2020年のシーズンの大半はリハビリに費やすことになりそうです。

ジョーダン・ヒックスのスタッツ

ジョーダン・ヒックスは22才。2015年カージナルス3巡目指名。2018年3月にデビュー。

短いイニング限定とは言え、2018年は73試合に登板していました。

  • 2018年:73試合、3勝4敗、6SV、ERA 3.59
  • 2019年:29試合、2勝2敗、14SV、ERA 3.14
Jordan Hicks Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & More | Baseball-Reference.com
Check out the latest Stats, Height, Weight, Position, Rookie Status & ...

持ち球は2シームとスライダーとチェンジアップ。チェンジアップでも95mph(152.8mph)は軽く超えるという嘘みたいな球速です。

ファストボールはほとんどがシンカー。スライダーでも90mph(144.84kmh)を超えてきます。

少ない投球の時ならアベレージで103mph(165kmh)を超えてきます。

上記VTRで出てくるのはヒックスだけでなく、マーリンズの56番テイロン・ゲレーロ、パロレスの66番ロバート・ストック、ナッツの44番(だった)トレバー・ローゼンタール、レイズの#63ディエゴ・カスティーヨ、パイレーツの#73フェリペ・バスケス、レイズの#20タイラー・グラスノー、レイズの#46ホセ・アルバラード、ロッキーズの#54カルロス・エステベスなどが含まれています。

2019MLBでファストボールを投げるメンツですね。

現場で見てみたいです。

ロンドンではお披露目できず

カージナルスとカブスは2020年6月13日と14日にロンドンでの開催が決まっております。

ここでヒックスが出れば度肝を抜いていたのでしょうが、それが叶わずちょっと残念ですね。

後任には?

カージナルスにとってはヒックスの離脱は痛すぎる事態です。

ゲーム後半ですが、ジョン・ガント(John Gant)、ジオバニー・ガジェゴス(Giovanny Gallegos)、ジョン・ブレッビア(John Brebbia)で回すことになりそうです。

7勝3SVを上げているガントがヒックスの役回りになるかと思います。ガントは今の役割でいい結果を出しているのでそのままにしたいところでしょうが、代わりとなるべき投手がいないのでおそらくガントでしょう。

アンドリュー・ミラーはまだ本調子ではありません。

カージナルスはナ・リーグ中地区での追い上げがちょっと厳しくなってきそうです。ここで一致団結するかどうかですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】勝率5割超え、NLウエスト2位で上昇気流に乗ったDバックスはトレードDLでバイヤーへ
【MLB2024】レッドソックス、終盤に大失速し、逆転負け!またもピベッタの好投を活かせず
【MLB2024】ジェイコブ・ウィルソン、守備と打撃で華麗にMLBデビューを果たすも、故障で途中交代
【MLB2024】「マイナーで打ちまくり!」A’sのNO.1プロスペクト、ジェイコブ・ウィルソンがメジャー・デビューへ
【MLB2024】大苦戦のホワイトソックス、来季を見据え、ワールドシリーズ捕手のマーティン・マルドナードをDFAに
【MLBオールスター2024】大谷が先制3ランHRを放つも、MVPは決勝2ランのジャレン・デュランが受賞
【MLB移籍2024】ロイヤルズ、ハンター・ハービー獲得でリリーバーのERA改善を狙う!
【MLBオールスター】2024HRダービーを制したのはテオスカー・ヘルナンデス
【MLBドラフト2024】左右両投げでともに95mph以上!ジュランジェロ・セインチェ(Jurrangelo Cijntje)はマリナーズがピック!
【MLBドラフト2024】ガーディアンズ・ピックの全体1位はオージー生まれのトラビス・バザーナ!2Bでは史上初
【MLBオールスター】2024フューチャーズ・ゲームはレッズのキャム・コリアーがMVP
【MLB2024】フューチャーズ・ゲームのプレ・イベント、「スキル・ショーケース」が初めて開催される
【MLB2024】フィリーズがウィット・メリフィールドをリリース!目的はA’sのあの人?
【MLB2024】O’sのブランドン・ハイド監督がキャースタッドへの頭部死球に激昂!ベンチ・クリアー案件に
【MLB2024】ブルージェイズ、ケビン・キアマイアーをウェーバーにかける
【MLB2024】今永がまた輝く!オリオールズを相手に6回スコアレスで8勝目!ERAは再び2点台に
【MLB2024】メッツ、フィル・メイトンをレイズからトレードで獲得
【MLB2024】注目カードのドジャース@フィリーズ戦Gm1は、フィリーズが圧勝!マーシャン、ターナーが併せて6安打!
【MLBトレードDL噂2024】マイアミ、クローザーのタナー・スコットに加え、ジャズ・チザム・Jr.も放出の可能性大
【MLB2024】オールスターのピッチャーとリザーブが明らかに!今永、ポール・スキーンズ、ジャレン・デュランらが選出
【MLB2024】ラファエル・デバースが27才でキャリア通算1000安打を達成!得意のゲリット・コールからHRも(追記)
【MLB2024】ダルビッシュ投手がリストリクティッド・リスト入り
【MLB2024】ウィル・スミスが3HRと大爆発!ドジャース、逆転でブルワーズに勝利(追記あり)
【MLB2024】レッドソックス・吉田、あと1ストライクで試合終了から起死回生の同点2ランHR!
【MLB2024】ピベッタの”NO-NO”から一転、後半に大激戦となったレッドソックス@マーリンズ戦
【MLB2024】オールスターのスターターが発表される!大谷選手がNL DH で選出
【MLB2024】今永投手、フィリーズ相手に果敢に挑みQS/8Kを達成するも、勝利ならず
【MLB2024】ドジャース、9回裏2アウトからの逆転サヨナラ勝ち!大谷選手が27号!
【MLB2024】ナショナルズのトップ・プロスペクト、ジェームス・ウッドが大声援を受け、メジャー初ヒットを放つ!
【MLB2024】レンジャーズのルーキー、ワイアット・ラングフォードがサイクル安打を達成!
タイトルとURLをコピーしました