スポンサーリンク

【MLB2024】カージナルス、元レッドソックス幹部のハイム・ブルームを球団社長顧問に採用

新鮮な視点に期待が寄せられる

 現地2024年1月8日、セントルイス・カージナルスは元ボストン・レッドソックスの編成トップのCBO(Chief Baseball Ooeration)にいたハイム・ブルーム(Chaim Bloom)をPOBO(President of Baseball Operations)のアドバイザーとしてフロントに加えたと発表しました。

今のレイズを作り上げた張本人

 ハイム・ブルームは2019年から2023年にかけてレッドソックスの編成トップに就任。それまではレイズのベースボール・オペレーション副社長(Senior Vice President, Baseball Operations)という地位で、エリック・ニーアンダーよりも上のポジションで、彼とともに今の強いレイズを築き上げてきた張本人でもあります。

 特に育成に関しては選手が確実に育つように評価方法、配属の仕方、コンディショニング方法、メンタルの鍛え方などすべてマニュアル化を実施。これまで指導者の勘と経験を頼りにやってきたこと、あるいは場合によっては指導者との性格の不一致で才能が埋もれてしまうようなことを排除し、バイアスの少ない選手開発のプログラムを作成。これをデファクト・スタンダードに押し上げました。ここが彼のすごいところでした

レッドソックスでは力を発揮できず

 非常に期待されたハイムでしたが、レッドソックスでの4シーズンではポストシーズンに進出したのは2021年の1度だけ。2023昨年9月に解雇となりました。

 確かにハイムは非常に難しい問題を引き継ぎました。前編成トップで現フィリーズPOBOのデーブ・ドンブロウスキがワールドシリーズ制覇と引き換えに残したのは・・・・

  • クリス・セールなど一流選手の獲得と引き換えにプロスペクトをトレードに出し過ぎたことによる枯れたファームシステム
  • 怪我や不調で空振りに終わった巨額なディール
  • ムーキー・ベッツの退団
  • 贅沢税超過とそのペナルティによるドラフト順位の降下

 など色々とあります。

 他にも伝統クラブならではの内部のしがらみにも対処しなければならなかったとも言われております。それは上の方からあるいは側近に位置する人たちまで。

 つまり、レイズの時のようには立ち回れなかったということですね。それもわかった上での就任だったとは思うのですが、いざ入るとかなり難しいしがらみがあったようです。

 おかしいと思うディールが複数見られたのは、どこからか横槍でも入ったのでしょうか??

 ラファエル・デバースの流出も危ぶまれましたが、そこはなんとか踏みとどまってくれてホッとしています。

 内部のことゆえ、真相はわかりません。

再生に取り組むカージナルス

 さて、2023年のカージナルスは71勝91敗でNLセントラル最下位に沈みました。カージナルスが勝率.500を割ったのは2007年の78勝84敗のシーズン以来。これは2006年のワールドシリーズ・チャンプの翌年のことでした。

 また、地区最下位となったのは1990年以来のことで、90敗を喫したのも同シーズン以来のことです。長い間、どれだけ強かったのかということですね。

 2000年から2023年までの24シーズンでポストシーズンに進むこと16度、地区優勝11度、NLCS進出が13度、このうちWS進出が4度、WS制覇が2度。

PS進出地区優勝NLCS進出WS進出WS制覇
20222022
2021
2020
201920192019
20152015
201420142014
2013201320132013
20122012
2011201120112011
20092009
20062006200620062006
200520052005
2004200420042004
200220022002
2001
200020002000
2000年から2023年までのカージナルスの戦績

 これはヤディアー・モリーナがプレーした2004年から2022年までと一致しています。

 2023年はモリーナがいなくなって初めてのシーズンでした。その反動が出てくるのは致し方ないところ。なんと言ってもモリーナは2008年から2018年までの11シーズンでGG賞受賞9度で、そのうち8年連続受賞というのもあったのですから。

ハイムの視点

 今回、ハイムがアドバイザー的なポジションに加わったことでカージナルスは選手開発に新鮮な視点を採り入れることが出来そうです。

 ここも伝統クラブなので色々あるとは思いますが、カージナルスPOBOのジョン・モゼリアク(John Mozeliak)によれば、ハイムの役割はモゼリアクのアドバイザーであり、パートタイム的なものということですので、権限はないですから、好きなことをポロッと伝えるという一番気軽なポジションかもしれませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024FA】ジャイアンツがマット・チャップマンを獲得
【MLBプロスペクト2024】パイレーツ、ポール・スキーンズがいきなりの102mph投球
【祝】ドジャースの大谷翔平選手が結婚を発表
【MLB2024FA】カージナルスが名手ブランドン・クロフォードと1年契約でサイン
【MLB2024FA】ドジャースがキケ・ヘルナンデスと1年で再契約
【MLBトレード2024】ツインズがマニュエル・マーゴットを獲得
【MLB2024】メッツの千賀投手は3週間の投球禁止!開幕はIL確定へ
【MLB2024FA】コディー・ベリンジャーはカブスに復帰!3年/80Mドルで合意へ
【MLB2024】パイレーツがミッチ・ケラーと5年/77Mドルで契約延長
【MLB2024FA】「プロスペクト台頭まで!」タイガースがジオ・ウルシェラを獲得
【MLB2024FA】マーリンズがティム・アンダーソンと1年契約で合意
【MLB2024FA】レイズ、SS補強にアーメッド・ロザリオを獲得
【MLB2024FA】ブルワーズがブランドン・ウッドラフと再契約へ
【MLB2024FA】レッドソックスが”トミー・ジョン”リハビリ中のリアム・ヘンドリクスと2年契約で合意!
【MLBトレード2024】ロイヤルズ、レッドソックスからジョン・シュライバーを獲得
【MLB2024FA】フィリーズがウィット・メリフィールドと1年契約で合意
【MLB2024FA】ホワイトソックスがマイク・ムスターカスとマイナー契約
【MLB2024】オリオールズは怪我のニュースからスタート!カイル・ブラデッシュ(UCL)、ガナー・ヘンダーソン(腹斜筋)が怪我
【MLB2024FA】フィリーズがスペンサー・ターンブルを獲得!2021年にノーヒッターを達成
【MLB2024FA】ジャイアンツが注目FAのホルヘ・ソレアーを獲得!3年契約で合意
【MLB2024】ナショナル・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024】アメリカン・リーグ中地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB2024FA】レイズがフィル・メイトンを獲得したディールについて
【MLB2024】アスレチックス、2028年からのラスベガス移転に悪戦苦闘中
【MLB2024】レッドソックスがマイケル・フルマーとマイナー契約!2024年は投げられない!
【MLB2024FA】ドジャース、肩の手術を終えたクレイトン・カーショウと再契約へ(追記あり)
【MLB契約2024】ロイヤルズが”スーパー・エリート”のボビー・ウィット・Jr.と11年/288.78Mドル保証で延長契約!
【MLB2024】ドジャースがブルペンを更新!ケイレブ・ファーガソンをトレードし、ライアン・ブレイジャーと2年契約
【MLB2024】マリナーズがホワイトソックスからグレゴリー・サントスをトレードで獲得
【MLB2024】セオ・エプスタインがレッドソックスの親会社のフェンウェイ・スポーツ・グループに参加
タイトルとURLをコピーしました