スポンサーリンク

【MLB】「豪腕」ライアン・ヘルスリー、2022シーズンの復帰OK!

カージナルスの豪腕リリーバーが今季復活

 現地2022年2月25日の話題です。CBAトークに筆者自身もうんざりしているので気分を変えていい話題を。カージナルスの豪腕が復活しそうです!

 2021年に51試合に登板するも、カージナルスが追い込みをかけていた8月後半に戦線を離脱。シーズン・エンディングとなっていて、心配されていた豪腕のライアン・ヘルスリー(Ryan Helsley)が2022年復帰できそうです!! 

Ryan Helsley Stats | Baseball-Reference.com
2021: 6-4, 4.56 ERA, 47 SO,Career: 9-5, 4.03 ERA, 89 SO, P, Cardinals 2019-2021, t:R, born in OK 1994, Hellz Bellz

マウンドから97mph!いつでもOK

 ライアン・ヘルスリーは現地2022年2月25日、自身のインスタグラムで自主トレ中のマウンドからのスローイング動画を投稿。マウンドにはL字のネットがありましたから、おそらくライブBP(Batting Practice)のセッションだったと思いますが、バッターと対峙して投球。投稿では97.8mphをマークしています。

 当ブログとインスタグラムは相性が悪いので、その模様をご覧になりたい方は下記にリンクをつけておきます。ストーリーで投稿されているので、彼のアイコンをクリックすると動画が出てきます。

Ryan Helsley (@ryanhelsley14) • Instagram photos and videos

右肘と左膝

 カージナルスは2020年シーズン、パンデミックを起こしてしまいましたが、ライアン・ヘルスリーもそのうちの一人でした。

 2021年は開幕から順調にスタート。しかし、8月20日に右肘痛を発症し、一旦は10Day IL入り。肘痛だけかと思っていたのですが、同時に膝にもトラブルを抱えていたことが判明。そして9月に入り、60Day IL入りとなり、左膝の手術でシーズン・エンディングとなっていました。

 その間はスローイングもストップしていたことが幸いしたようで、右肘はリハビリを経て回復。

 今回、2022シーズンのスプリングトレーニングに向け、いつでもOKの状態になったというお話です。

101mphの豪腕

 今のメジャーリーグの投手は、テイクバックをショートにする投げ方か、あるいはスローイング・アームを大きく回し、肩や背中の大きな筋肉を使って投げ、肘への負担を軽減させる投げ方の2つが主流と言っていいでしょう。

 ライアン・ヘルスリーは明らかに後者。大きな筋肉を使うことは意識していたとは言え、やはり登板過多などもあり、肘への負担がかかっていたようです。

ドラフト5巡目、2019年にデビュー

 ライアン・ヘルスリーは1994年7月28日生まれで、現時点で27才。ドラフトは2015年のカージナルスの5巡目指名。デビューは2019年4月。

 2021シーズンはBB9が5.1、2020シーズンは6.0とコントロールはもともとあまりよくありませんが、それを補って余りあるファストボールが魅力。平気で101mphを投げてきます。変化球はカット、カーブ、チェンジアップ。2021年はカーブの比率が6.8%と前年の17.0%より減らしましたが、カーブも縦の変化でいいものがあります。ただ、カーブの時は腕がかなり上がりますので、打者からするとわかりやすいかもしれませんが、それでもコース高さともに良いものがあります。

 下記は2019年、デビューイヤーの模様。いいボールが来ています。

 剛球右腕も復活ということで、早く2022年のスプリングトレーニングのゲームが見たいところですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました