スポンサーリンク

【MLB】「豪腕」ライアン・ヘルスリー、2022シーズンの復帰OK!

カージナルスの豪腕リリーバーが今季復活

 現地2022年2月25日の話題です。CBAトークに筆者自身もうんざりしているので気分を変えていい話題を。カージナルスの豪腕が復活しそうです!

 2021年に51試合に登板するも、カージナルスが追い込みをかけていた8月後半に戦線を離脱。シーズン・エンディングとなっていて、心配されていた豪腕のライアン・ヘルスリー(Ryan Helsley)が2022年復帰できそうです!! 

Ryan Helsley Stats | Baseball-Reference.com
2021: 6-4, 4.56 ERA, 47 SO,Career: 9-5, 4.03 ERA, 89 SO, P, Cardinals 2019-2021, t:R, born in OK 1994, Hellz Bellz

マウンドから97mph!いつでもOK

 ライアン・ヘルスリーは現地2022年2月25日、自身のインスタグラムで自主トレ中のマウンドからのスローイング動画を投稿。マウンドにはL字のネットがありましたから、おそらくライブBP(Batting Practice)のセッションだったと思いますが、バッターと対峙して投球。投稿では97.8mphをマークしています。

 当ブログとインスタグラムは相性が悪いので、その模様をご覧になりたい方は下記にリンクをつけておきます。ストーリーで投稿されているので、彼のアイコンをクリックすると動画が出てきます。

Ryan Helsley (@ryanhelsley14) • Instagram photos and videos

右肘と左膝

 カージナルスは2020年シーズン、パンデミックを起こしてしまいましたが、ライアン・ヘルスリーもそのうちの一人でした。

 2021年は開幕から順調にスタート。しかし、8月20日に右肘痛を発症し、一旦は10Day IL入り。肘痛だけかと思っていたのですが、同時に膝にもトラブルを抱えていたことが判明。そして9月に入り、60Day IL入りとなり、左膝の手術でシーズン・エンディングとなっていました。

 その間はスローイングもストップしていたことが幸いしたようで、右肘はリハビリを経て回復。

 今回、2022シーズンのスプリングトレーニングに向け、いつでもOKの状態になったというお話です。

101mphの豪腕

 今のメジャーリーグの投手は、テイクバックをショートにする投げ方か、あるいはスローイング・アームを大きく回し、肩や背中の大きな筋肉を使って投げ、肘への負担を軽減させる投げ方の2つが主流と言っていいでしょう。

 ライアン・ヘルスリーは明らかに後者。大きな筋肉を使うことは意識していたとは言え、やはり登板過多などもあり、肘への負担がかかっていたようです。

ドラフト5巡目、2019年にデビュー

 ライアン・ヘルスリーは1994年7月28日生まれで、現時点で27才。ドラフトは2015年のカージナルスの5巡目指名。デビューは2019年4月。

 2021シーズンはBB9が5.1、2020シーズンは6.0とコントロールはもともとあまりよくありませんが、それを補って余りあるファストボールが魅力。平気で101mphを投げてきます。変化球はカット、カーブ、チェンジアップ。2021年はカーブの比率が6.8%と前年の17.0%より減らしましたが、カーブも縦の変化でいいものがあります。ただ、カーブの時は腕がかなり上がりますので、打者からするとわかりやすいかもしれませんが、それでもコース高さともに良いものがあります。

 下記は2019年、デビューイヤーの模様。いいボールが来ています。

 剛球右腕も復活ということで、早く2022年のスプリングトレーニングのゲームが見たいところですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
タイトルとURLをコピーしました