スポンサーリンク

【MLB2020】COVID-19パンデミックからカージナルスがカムバック!復帰初日のダブルヘッダーで連勝

カージナルス

17日ぶりの再開

 現地2020年8月15日、COVID-19のクラブ内クラスターで7月29日のゲームを最後に延期が続いていたセントルイス・カージナルスが戻ってきました。

 ギャランティード・レート・フィールドで行われれたホワイトソックスとの復帰戦はダブルヘッダー。シーズン復帰後、即ダブルヘッダーという強行ではありましたが、チームはこの日、連勝。

 見事に復帰初日を勝利で飾りました。

モリーナは出場せず

 カージナルスのキーマン、ヤディアー・モリーナはこの日は2試合とも出場せず。現地2020年8月4日に、COVID-19 ILに入ってからまだ復帰できておりません。

 従って、Game1では25才の若手捕手、アンドリュー・ニズナー(Andrew Knizner)がゲーム終了(7回)までマスクをかぶり、Game2ではセカンド・バックアップの役割を担うマット・ウィータース(Matt Wieters)が出場しました。

Game1

 Game1ですが、現地時間お昼12:10プレーボールという暑い時間帯での開催。気温は30℃。

アダム・ウェインライトが登板

 ほぼシーズン初戦というくらいにゲームから遠ざかってしまったカージナルスですが、ローテーションの柱であるアダム・ウェインライトが登板しました。

 この延期の期間、投手は調整が非常に難しかったと思うのですが、アダム・ウェインライトはスムーズにゲームイン。さすがとしか言いようがないです。

 アダム・ウェインライトは5回を投げ、被安打2、失点1、与四球3、奪三振3で易々と勝利投手になりました。

打線はジオリトの立ち上がりの乱調に漬け込む

 アダム・ウェインライトのナイスピッチングを後押ししたのは、打線。ホワイトソックス先発のルーカス・ジオリトの立ち上がりの制球難に漬け込み、2本のタイムリーで4点を先制。

 チームとしても非常にスムーズなゲームインとなりました。

STL、さすがの準備力

 初回の4得点と、アダム・ウェインライトの5回までのゲームメイクの後のカージナルスは、ジオバニー・ガヤゴス、ジョン・ガントが1イニングずつリレー。

 これだけ試合が空いていると、リリーバーで起用したどちらかが炎上しかねないのですが、さすがにカージナルスです。延期となった間もしっかりと調整していたと見え、リリーバーの2人も危なげなく、ホワイトソックス打線を沈黙させました。

Cardinals vs. White Sox | 08/15/20
The Official Site of Major League Baseball

C:アンドリュー・ニズナーが活躍

 カージナルスにとって朗報だったのは、Game1で起用したアンドリュー・ニズナーが、大活躍したことですね。ニズナーは3打数2安打、1打点。初回の4点のうちの1点はニズナーの打点です。

 アンドリュー・ニズナーは2016年アマチュアドラフトの7巡目指名の選手。2019シーズンにデビュー済みですが、今季はまだルーキー・ステータス。チャンスとばかりに頑張ってます。

Game2

 さて、Game2は夜7:00プレーボール。

 カージナルスの先発はジェイク・ウッドフォード(Jake Woodford)、ホワイトソックス先発はマット・フォスター。マット・フォスターは今季、すでに2勝を上げています。

ウッドフォードはMLBデビュー戦

 カージナルス先発のジェイク・ウッドフォードですが、この日がメジャー・デビュー戦。2015年のアマチュアドラフトのカージナルス1巡目指名の投手で、今季は23才のシーズンです。

 そのウッドフォードは1、2回を三者凡退に。3回裏に、ルイス・ロバートからHRを打たれ1失点となりましたが、上々のデビュー戦となりました。ただ、3イニングでマウンドを降りたので勝ち負けはつかず。メジャー初勝利は次回となりました。

カージナルス、またしてもリレーに成功

 両チームともに先発が、短いイニングで降板。ウッドフォードはイニング。フォスターは2イニング。よってリレーの勝負となりましたが、Game2でもカージナルスはリリーバーが好投。

 2番手で左腕のジェネシス・カブレラが2失点を喫しましたが、彼もまた今季はルーキー・ステータス。よく2失点でこらえたと思います。

 その後はアレックス・レイエス、タイラー・ウェブ、アンドリュー・ミラーが1イニングずつを無失点リレー。このGameでも素晴らしい準備力を見せてくれました。

 一方のホワイトソックスは5回表に、ジミー・コルデロとエバン・マーシャルが捕まり、4失点。7イニング制の5イニング目での大量点はやはり痛いですね。

 このゲームもカージナルスが6-3で勝利。ダブルヘッダーに連勝しました。

Cardinals vs. White Sox | 08/15/20
The Official Site of Major League Baseball

こんなにスムーズに勝てるとは

 カージナルスは苦戦を予想していたのですが、見事に連勝でシーズン復帰を果たしました。 

 これから連戦がつづき、COVID-19 ILから復帰できていない人がいる中で戦力は厳しくなってくるかもしれませんが、この日の戦いぶりを見るに、なにか期待を持たせてくれますね。

 アンドリュー・ミラーも復調かもしれません!!

 楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB2021】崖っぷちのA’sがアストロズに大勝!PS争いの余波で煽りをくらう大谷選手
【MLB2021】PHIとの直接対決前哨戦!ブレーブス、マックス・フリードがパドレスを98球シャットアウト!
【MLB 2021】ホワイトソックス、ディビジョン・チャンプ1番乗り!
【MLB 2021】ジャイアンツ、スコット・カズミアでマジック9へ
【MLB 2021】相手からのマークが集中する中、大谷選手が放った45号は価値あり!
【祝】200勝を達成したジョン・レスター、カージナルスのラスト・スパートを支える
【MLB】サルバドール・ペレス、ジョニー・ベンチ超えの46号!
【MLB 2021】ブレーブスから2連続!今度はエディー・ロザリオがサイクル安打を達成!
【MLB2021】マネーボール再びなるか!?アスレチックス、大逆転もあり得るすごいスケジュール(追記あり)
大谷選手、復帰マウンドで輝く!8イニングの熱投!
【MLB2021】マーカス・セミエンが40HR!
【MLB噂2021】メッツがフロントオフィス・サーチを開始!ビリー・ビーン、セオ・エプスタインの名前が上がる
【MLB2021】サルバドール・ペレスが45号HR!ジョニー・ベンチに並ぶ快挙
【MLB2021】大谷選手、腕の痛みでA’s戦の先発を回避(追記あり)
【MLB2021】ライアン・ブラウンが引退を表明。
【MLBワード】”マジック・ナンバー”と”エリミネーション・ナンバー”(リライト版)
【MLB2021】マックス・シャーザー、ニア・パーフェクトで3000K!イマキュレート・イニングも達成
【MLB 2021】ブルワーズ、バーンズ&へイダーでコンバインド・ノーヒッターを達成!
【MLB2021】大谷選手、登板日に44号を放つも、ワイルドなアストロズに苦戦
【2973安打】”この自在感!”ミゲル・カブレラ、9打席連続安打!
タイトルとURLをコピーしました