スポンサーリンク

【MLB2020】COVID-19パンデミックからカージナルスがカムバック!復帰初日のダブルヘッダーで連勝

カージナルス

17日ぶりの再開

 現地2020年8月15日、COVID-19のクラブ内クラスターで7月29日のゲームを最後に延期が続いていたセントルイス・カージナルスが戻ってきました。

 ギャランティード・レート・フィールドで行われれたホワイトソックスとの復帰戦はダブルヘッダー。シーズン復帰後、即ダブルヘッダーという強行ではありましたが、チームはこの日、連勝。

 見事に復帰初日を勝利で飾りました。

モリーナは出場せず

 カージナルスのキーマン、ヤディアー・モリーナはこの日は2試合とも出場せず。現地2020年8月4日に、COVID-19 ILに入ってからまだ復帰できておりません。

 従って、Game1では25才の若手捕手、アンドリュー・ニズナー(Andrew Knizner)がゲーム終了(7回)までマスクをかぶり、Game2ではセカンド・バックアップの役割を担うマット・ウィータース(Matt Wieters)が出場しました。

Game1

 Game1ですが、現地時間お昼12:10プレーボールという暑い時間帯での開催。気温は30℃。

アダム・ウェインライトが登板

 ほぼシーズン初戦というくらいにゲームから遠ざかってしまったカージナルスですが、ローテーションの柱であるアダム・ウェインライトが登板しました。

 この延期の期間、投手は調整が非常に難しかったと思うのですが、アダム・ウェインライトはスムーズにゲームイン。さすがとしか言いようがないです。

 アダム・ウェインライトは5回を投げ、被安打2、失点1、与四球3、奪三振3で易々と勝利投手になりました。

打線はジオリトの立ち上がりの乱調に漬け込む

 アダム・ウェインライトのナイスピッチングを後押ししたのは、打線。ホワイトソックス先発のルーカス・ジオリトの立ち上がりの制球難に漬け込み、2本のタイムリーで4点を先制。

 チームとしても非常にスムーズなゲームインとなりました。

STL、さすがの準備力

 初回の4得点と、アダム・ウェインライトの5回までのゲームメイクの後のカージナルスは、ジオバニー・ガヤゴス、ジョン・ガントが1イニングずつリレー。

 これだけ試合が空いていると、リリーバーで起用したどちらかが炎上しかねないのですが、さすがにカージナルスです。延期となった間もしっかりと調整していたと見え、リリーバーの2人も危なげなく、ホワイトソックス打線を沈黙させました。

Cardinals vs. White Sox | 08/15/20
The Official Site of Major League Baseball

C:アンドリュー・ニズナーが活躍

 カージナルスにとって朗報だったのは、Game1で起用したアンドリュー・ニズナーが、大活躍したことですね。ニズナーは3打数2安打、1打点。初回の4点のうちの1点はニズナーの打点です。

 アンドリュー・ニズナーは2016年アマチュアドラフトの7巡目指名の選手。2019シーズンにデビュー済みですが、今季はまだルーキー・ステータス。チャンスとばかりに頑張ってます。

Game2

 さて、Game2は夜7:00プレーボール。

 カージナルスの先発はジェイク・ウッドフォード(Jake Woodford)、ホワイトソックス先発はマット・フォスター。マット・フォスターは今季、すでに2勝を上げています。

ウッドフォードはMLBデビュー戦

 カージナルス先発のジェイク・ウッドフォードですが、この日がメジャー・デビュー戦。2015年のアマチュアドラフトのカージナルス1巡目指名の投手で、今季は23才のシーズンです。

 そのウッドフォードは1、2回を三者凡退に。3回裏に、ルイス・ロバートからHRを打たれ1失点となりましたが、上々のデビュー戦となりました。ただ、3イニングでマウンドを降りたので勝ち負けはつかず。メジャー初勝利は次回となりました。

カージナルス、またしてもリレーに成功

 両チームともに先発が、短いイニングで降板。ウッドフォードはイニング。フォスターは2イニング。よってリレーの勝負となりましたが、Game2でもカージナルスはリリーバーが好投。

 2番手で左腕のジェネシス・カブレラが2失点を喫しましたが、彼もまた今季はルーキー・ステータス。よく2失点でこらえたと思います。

 その後はアレックス・レイエス、タイラー・ウェブ、アンドリュー・ミラーが1イニングずつを無失点リレー。このGameでも素晴らしい準備力を見せてくれました。

 一方のホワイトソックスは5回表に、ジミー・コルデロとエバン・マーシャルが捕まり、4失点。7イニング制の5イニング目での大量点はやはり痛いですね。

 このゲームもカージナルスが6-3で勝利。ダブルヘッダーに連勝しました。

Cardinals vs. White Sox | 08/15/20
The Official Site of Major League Baseball

こんなにスムーズに勝てるとは

 カージナルスは苦戦を予想していたのですが、見事に連勝でシーズン復帰を果たしました。 

 これから連戦がつづき、COVID-19 ILから復帰できていない人がいる中で戦力は厳しくなってくるかもしれませんが、この日の戦いぶりを見るに、なにか期待を持たせてくれますね。

 アンドリュー・ミラーも復調かもしれません!!

 楽しみですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました