スポンサーリンク

【発表】2018ウィルン最優秀ディフェンスにM・チャップマン!ウィルソンの歴史に意外な事実が!

2018 ウィルソン・ディフェンシブ・アウォード

現地2018年11月7日、ウィルソン・ディフェンシブ・プレーヤー・オブ・ザ・イヤー(Wilson Defensive Player of the Year)が発表され、ベスト・オーバーオール・ディフェンシブ・プレーヤー(Best Overall Defensive Player)にアスレチックスのマット・チャップマンが選出されました!

Congratulations!

GG賞との違い

ローリングスの2018ゴールドグラブ賞発表の記事に、ウィルソンの当該賞は徹底的なデータに基づいて選出されると書かせていただきました。

そのほかに、ローリングスの賞との違いを上げますと、以下のような点になります。

  • 各ポジションから選出されるのは同じだが、受賞者は両リーグ合わせて1人
  • 選ばれた選手の中から最優秀選手が一人選ばれる
  • また最も守備がよかったチームも選ばれる

2018受賞者

では受賞した選手を見てみます。

【2018 Wilson Defensive Player of the Year】

  • C: マイク・ズニーノ(Mike Zunino)SEA
  • 1B: フレディー・フリーマン(Freddie Freeman)ATL
  • 2B: D.J. ルメイユ(DJ LeMahieu)COL
  • 3B: マット・チャップマン(Matt Chapman)OAK
  • SS: アンドレルトン・シモンズ(Andrelton Simmons)LAA
  • LF: アレックス・ゴードン(Alex Gordon)KCR
  • CF: ケビン・キアマイアー(Kevin Kiermaier)TBR
  • RF: ムーキー・ベッツ(Mookie Betts)BOS
  • P: ザック・グレインキ(Zack Greinke )ARI
  • Best Overall Defensive Player: マット・チャップマン
  • Defensive Team of the Year: アリゾナ・ダイヤモンドバックス

ローリングスのGG賞と比較すると、捕手はこちら独自の選出です。GG賞の捕手はモリーナとS・ペレスでした。内野と外野はCF以外はGG賞と同じで両リーグのどちらかが入った形になっています。

ウィルソンの意地なのか、CFにレイズのケビン・キアマイアーが入りました。キャッチングのパーセンテージが非常に高かったというのが理由のようです。当該賞はデータ重視ながら、どの指標を使うかというところが案外この賞のキモかもしれませんね(いやなことを書いてしまいました)。

過去の受賞者です↓

Wilson Defensive Players of the Year | Baseball-Reference.com
2019 ML Wilson Def Player:Kolten Wong, 2018 ML Wilson Def Player:Mike Zunino, 2015 ML Wilson Def Player:Jason Heyward, Wilson Overall Def Player:Andrelton Simmo...

ウィルソンの親会社はフィンランド

筆者も現役の時にウィルソンのグラブを使っておりました。本当に好きなのはローリングスなのですが、安くやっていただけるルートがあったのでお世話になりました。

ウィルソンなんですが、現在フィンランドの会社の子会社だというのは皆さん、ご存じだったでしょうか?筆者は勉強不足で知りませんでした。

アメア・スポーツ(AMER SPORTS)というフィンランドの会社の子会社なんですね。日本にもブランチがあります。

ウッドロウ・ウィルソン

ウィルソンは元々はアメリカの会社でイリノイ州シカゴ発祥です。「アッシュランド・マニファクチャリング・カンパニー」という精肉業から始まって、1913年に余った革でスポーツ道具を作り始めたのがきっかけです。ウィルソンという名前は当時の大統領の名前にあやかってつけられております。第28代アメリカ大統領、あのウッドロウ・ウィルソンですね。

1918年にパリ講和会議というのがありました。この会議で国連憲章が提唱されたのですが、日本はこの時代になんと人種差別撤廃条約を盛り込もうと頑張ったんですね。それを退けたのがこのウィルソン。イギリスやフランスも反対したんですけどね。詳しくはYOUTUBE「ディープステート」で検索を。元ウクライナ大使の馬渕さんの動画が詳しいです。

ルイビル・スラッガーはウィルソンの子会社

後日、ルイビル・スラッガーが提供するシルバースラッガー賞がありますが、伝統あるバットメーカーのルイビル・スラッガーは現在はウィルソンの子会社です。これも筆者は今回初めて知りました。

2015年3月に創業131年を誇っていたルイビル・スラッガーをウィルソンが買収しておりました。買収金額は7,000万ドル(110円換算で770億円)。

アメア・スポーツ−ウィルソン−ルイビルスラッガーという図式です。アメアはほかに多数のブランドを抱えるマルチブランドカンパニーです。

脱線しますが、ジャージのマジェスティックはVFという総合アパレルメーカーの傘下であります。VF−マジェスティックという親子関係。

これらについてもまた詳細を書きたいと思います。

捕手部門受賞のズニーノがレイズに

ウィルソンのディフェンス賞が発表された当日、捕手部門で受賞したマイク・ズニーノがレイズへ移籍することがほぼ決定というニュースが入ってきました。レイズからマリナーズにはマレックス・スミスが動きます。詳細は後日。マリナーズのGMがチームのリビルド(再建)を考えているというニュースが出てはいたのですが、早速動きましたね。

楽しみにしていたディフェンスの賞2つの発表が終わりました。翌週にはサイ・ヤングとMVP、ROYが出ますね。楽しみです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました