スポンサーリンク

【MLB2023】フィリーズのマイケル・ローレンツェンがノーヒット・ノーランを達成!ナッツ相手に124球の熱投!

フィリーズ移籍後のホームデビュー戦で快挙達成

 現地2023年8月9日、フィラデルフィア・フィリーズの右腕、マイケル・ローレンツェン(Michael Lorenzen)が、シチズンズ・バンク・パークで行われたナショナルズ戦でノーヒットノーランを達成しました。

【YOUTUBE】A NO-HITTER IN PHILLY! Michael Lorezen throws a 124-pitch MASTERPIECE! | All 27 Outs

 Congratulations!

 フィリーズは7-0で勝利。

MLB Gameday: Nationals 0, Phillies 7 Final Score (08/09/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 マイケル・ローレンツェンはトレードデッドラインでタイガースからフィリーズに移籍。タイガースでは18試合に先発し、105.2イニングを投げ、5勝7敗、ERA 3.58。タイガースのチーム事情から数字は上がりませんでしたが、内容は高く評価され、ローテーション不足に悩む複数のクラブから熱視線を受けておりました。その中でフィリーズがローレンツェンを獲得。期待に沿う投球を見せています。

フィリーズ移籍後、ERAは1.06に

 ローレンツェンがフィリーズで登板するのはこれが2戦目。1戦目は現地8月3日のマイアミとのロード・ゲームでジョニー・クエトとの投げ合いを制し、8回、被安打6、失点2,、BB 1、SO 5、HR 1。4-2で勝利し、今季6勝目を上げていました。

 このノーヒットノーランを含め、フィリーズ移籍後のERAは1.06となり、シーズンERAも3.23に下がりました。

冴え渡るチェンジアップ

胸を見せない時間が長いフォーム

 マイケル・ローレンツェンと言えば、その筋肉質の体格からはギャップのあるゆったりとしたフォームがトレードマークで、そのメカニックは投手のお手本のような動きとも言え、「いかに打者に胸を見せないか」を地で行くような横向きの時間を長くつくる投手。

 そしてなんと言っても、チェンジアップが得意球で、この日は全124球の内、チェンジアップは4シームの球数とほぼ同じとなりました。

  • 4シーム:39
  • チェンジアップ:37
  • スライダー:29
  • シンカー:14
  • スウィーパー:5

 豪球を投げそうな体格なのですが、左右で揺さぶりつつ、チェンジアップを使って奥行きも使い、打たせて取る投球スタイルでこの日も奪三振は5です。

 なお、BBが4つありましたので球数は124球まで行きました。

 最後のアウトは、ドミニク・スミスにフルカウントから投げたスライダーでした。打球はポップアップとなり、CFのヨハン・ロハスが最後のアウトを取り、見事に偉業達成となりました。

 スタンドではお母さんと奥さん、そして”Have a nice day”とプリントされたかわいいベビー服をまとった小さなお嬢さんが見守っていました。お母さんがなかなかテンションが高かったですね!

 なお、打線の方は初回からナショナルズ先発のマッケンジー・ゴアを攻め、ニック・カステヤーノスのHRなどで3点を先取。その後も28才のルーキー3Bのウェス・ウィルソンのHRなどで4回終了時点で7点を奪い、援護しました。

2023年4度目のノーヒットノーラン

 マイケル・ローレンツェンの今回のノーヒッターは、2023年シーズン4度目のノーヒットノーラン。直近では現地2023年8月1日にアストロズのフランバー・バルデスがガーディアンズを相手に達成しています。

フィリーズでは2015年のコール・ハメルズ以来

 フィリーズのノーヒッターで言えば、2015年7月25日にコール・ハメルズがカブス戦で達成して以来のこと。この時はロード・ゲーム。ホームでのノーヒッターとなると、2010年10月6日のレッズとのNLDSでロイ・ハラデイがポストシーズンに達成して以来です。

フィリーズ史上14番目のノーヒッター

 今回のノーヒットノーランはフィリーズ史上14番目。なお、フィラデルフィアには現在のオークランド・アスレチックスの前身のフィラデルフィア・アスレチックスが1901年から1954年まで存在していたため、この間の両者の区別に時間がかかってしまいました。

#M-D-YearNamevsScoreNote
148/9/2023マイケル・ローレンツェンWSH7-0
137/25/2015コール・ハメルズCHC5-0
129/1/2014コール・ハメルズ(6IP)ATL7-0Combined
129/1/2014ジョナサン・パペルボン(1)ATL7-0Combined
129/1/2014ジェイク・ディークマン (1)ATL7-0Combined
129/1/2014ケン・ジャイルズ(1)ATL7-0Combined
1110/6/2010ロイ・ハラデイCIN4-0Post Season
105/29/2010ロイ・ハラデイFLA1-0Perfect Game
94/27/2003ケビン・ミルウッド
Kevin Millwood
SFO1-0
85/23/1991トミー・グリーン
Tommy Greene
MTL2-0
78/15/1990テリー・マルホランド
Terry Mulholland
SFO6-0
66/23/1971リック・ワイズ
Rick Wise
CIN4-0
56/21/1964ジム・バニング
Jim Bunning
NYM6-0Perfect Game
45/1/1906ジョニー・ラッシュ
Johnny Lush
BRK6-0
39/18/1903チック・フレイザー
Chick Fraser
CHI10-0
27/8/1898レッド・ドナヒュー
Red Donahue
BAL5-0
18/29/1885チャーリー・ファーガソン
Charlie Ferguson
PRO1-0
フィリーズ・ノーヒットノーラン一覧

 フィリーズの14回のノーヒットノーランは、ブレーブス、ガーディアンズと並んで、MLB8位タイ。

ナショナルズ、初のノーヒット

 なお、対戦相手のワシントン・ナショナルズは今回、初めてのノーヒットノーランを喫したということに。

 前身のモントリオール・エクスポズは、1999年7月18日にヤンキースのデビッド・コーンにパーフェクトゲームをされていますが、フランチャイズが変わってからは初めてのノーヒッター。

 実に3810試合に亘ってノーヒットノーランを喫していませんでしたが、その記録に終止符が打たれました。

 なお、次ぎにノーヒットノーランを喫していないのはエンゼルスということに。エンゼルスは1999年9月11日にミネソタのエリック・ミルトンにノーヒットノーランを決められましたが、それ以降はノーヒットノーランを決められておりません。

VANSのスパイク!

 マイケル・ローレンツェンと言えば、筋肉、二刀流の他に、もう1つ特徴があってそれがスパイクです。なんと、VANSのスパイクを履いています。そんなものあったのか!というくらいに驚きのカスタムメイド。

 今回は白だったのでわかりにくいですが、これは野球殿堂に飾られるようです。これはレッズ時代からそうです。

 おめでとうございました!

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
タイトルとURLをコピーしました