スポンサーリンク

【MLB2022FA】カージナルス、スティーブン・マッツを獲得!4年のディール

注目FA左腕はカージナルスへ

 現地2021年11月23日、ここ2日ほどディールが大詰めと言われてきたブルージェイズからFAのスティーブン・マッツ( Steven Matz )がカージナルスと合意しました。

契約内容

 現時点で判明している内容としては以下の通り。

  • 4年/ $44M(2022-2025)
    • インセンティブありでMAXで$48M
    • AAV(Annual Average Value)で$11M

カージナルスが「4年」でゲット

 スティーブン・マッツには複数のクラブが関心を寄せていたと言われています。カージナルスの他にレッドソックス、ブルージェイズ、タイガース、カブス、ジャイアンツ、エンゼルス、メッツ。

 言われているのは、ブルージェイズが3年でオファーしたところを、カージナルスが4年でオファーしたのが、決定打となったということ。

 やはり投手は少しでも長い契約を求めますね。

2021年からブルージェイズに

 スティーブン・マッツは1991年5月29日生まれの30才の左腕。

 2009年のアマチュア・ドラフトでメッツから2巡目指名を受けプロ入り。デビューイヤーは2015年。メジャー6シーズンで31勝41敗、ERA 4.35、BB 9は2.8、SO 9は8.6。

2021年、トレードでメッツからブルージェイズへ移籍しました。

2021年は14勝7敗

 メッツでのファイナル・イヤーとなった2020年は結果が伴わず、0勝5敗、ERAは9.68。H 9は12.3、HR 9は4.1と急激に悪くなりました。コロナ禍で調子を崩した投手の一人ですね。

 しかし、2021年、ブルージェイズへ移籍後は復調。今季は29スタートで150.2イニングを投げ、14勝7敗、ERA3.82。奪三振は144でBB9は2.6、SO9は 8.6をマーク。

 アベレージで94.5mphを計測する威力のあるシンカーが武器。

 今オフは初FAでクオリファイング・オファーの有資格者でしたが、ブルージェイズはオファーしませんでした。

ルーキー・イヤーにWSで登板  

 2015年がルーキー・イヤーのスティーブン・マッツ。6試合、35.2イニングを投げ、4勝0敗、ERA 2.27と最高のスタートを切りました。

 デビュー時から球威のあるボールを投げていて、この年、メッツはワールドシリーズにまで進出。スティーブン・マッツはローテーションに入り、NLDS、NLCS、ワールドシリーズに1試合ずつ登板しました。

 ロイヤルズとのワールドシリーズでは被安打7、失点2ながらもゲームメイクしました。

 2016年にはフルシーズンに登板。ただ、2017年のスプリング・トレーニングで肘痛を発症。しかし、手術することなシーズン途中から登板。13スタートで2勝7敗でした。

 2018年以降はローテーションの柱の一人として30試合以上に登板(2020年は9試合)。2020年は上記の通り、不調だったものの、2021シーズンは復活。

 ちなみにこのハードスロー・レフティーは打撃もよく、2018年9月には2試合連続でHRを放ったこともあります。右打席なんです。メジャーの左腕は打席では右という人が結構多いです。

 現在、交渉がヒートアップしている新CBAですが、ナ・リーグにユニバーサルDHを導入するかどうかも議論の俎上に上がると思われます。

 カージナルスは新監督となりますが、いいローテーションを組めそうです。

 なお、カージナルスはマックス・シャーザー獲得にも動くのではないかと見られており、このオフは活発です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました