スポンサーリンク

【MLB2022FA】カージナルス、スティーブン・マッツを獲得!4年のディール

注目FA左腕はカージナルスへ

 現地2021年11月23日、ここ2日ほどディールが大詰めと言われてきたブルージェイズからFAのスティーブン・マッツ( Steven Matz )がカージナルスと合意しました。

契約内容

 現時点で判明している内容としては以下の通り。

  • 4年/ $44M(2022-2025)
    • インセンティブありでMAXで$48M
    • AAV(Annual Average Value)で$11M

カージナルスが「4年」でゲット

 スティーブン・マッツには複数のクラブが関心を寄せていたと言われています。カージナルスの他にレッドソックス、ブルージェイズ、タイガース、カブス、ジャイアンツ、エンゼルス、メッツ。

 言われているのは、ブルージェイズが3年でオファーしたところを、カージナルスが4年でオファーしたのが、決定打となったということ。

 やはり投手は少しでも長い契約を求めますね。

2021年からブルージェイズに

 スティーブン・マッツは1991年5月29日生まれの30才の左腕。

 2009年のアマチュア・ドラフトでメッツから2巡目指名を受けプロ入り。デビューイヤーは2015年。メジャー6シーズンで31勝41敗、ERA 4.35、BB 9は2.8、SO 9は8.6。

2021年、トレードでメッツからブルージェイズへ移籍しました。

2021年は14勝7敗

 メッツでのファイナル・イヤーとなった2020年は結果が伴わず、0勝5敗、ERAは9.68。H 9は12.3、HR 9は4.1と急激に悪くなりました。コロナ禍で調子を崩した投手の一人ですね。

 しかし、2021年、ブルージェイズへ移籍後は復調。今季は29スタートで150.2イニングを投げ、14勝7敗、ERA3.82。奪三振は144でBB9は2.6、SO9は 8.6をマーク。

 アベレージで94.5mphを計測する威力のあるシンカーが武器。

 今オフは初FAでクオリファイング・オファーの有資格者でしたが、ブルージェイズはオファーしませんでした。

ルーキー・イヤーにWSで登板  

 2015年がルーキー・イヤーのスティーブン・マッツ。6試合、35.2イニングを投げ、4勝0敗、ERA 2.27と最高のスタートを切りました。

 デビュー時から球威のあるボールを投げていて、この年、メッツはワールドシリーズにまで進出。スティーブン・マッツはローテーションに入り、NLDS、NLCS、ワールドシリーズに1試合ずつ登板しました。

 ロイヤルズとのワールドシリーズでは被安打7、失点2ながらもゲームメイクしました。

 2016年にはフルシーズンに登板。ただ、2017年のスプリング・トレーニングで肘痛を発症。しかし、手術することなシーズン途中から登板。13スタートで2勝7敗でした。

 2018年以降はローテーションの柱の一人として30試合以上に登板(2020年は9試合)。2020年は上記の通り、不調だったものの、2021シーズンは復活。

 ちなみにこのハードスロー・レフティーは打撃もよく、2018年9月には2試合連続でHRを放ったこともあります。右打席なんです。メジャーの左腕は打席では右という人が結構多いです。

 現在、交渉がヒートアップしている新CBAですが、ナ・リーグにユニバーサルDHを導入するかどうかも議論の俎上に上がると思われます。

 カージナルスは新監督となりますが、いいローテーションを組めそうです。

 なお、カージナルスはマックス・シャーザー獲得にも動くのではないかと見られており、このオフは活発です。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました