スポンサーリンク

【MLB契約2022】レイズ、20才のワンダー・フランコに超破格の待遇!MAX12年/225M(追記あり)

レイズ、ワンダー・フランコをプロテクト

 いやー、驚きましたね。

 現地2021年11月23日、タンパベイ・レイズは2020年、2021年と2年連続で開幕前トップ・プロスペクトランク100で1位に輝き、今季待望のデビューを果たしたワンダー・フランコ(Wander Franco)に超破格の長期契約で囲い込みを行いました。

 まずは契約内容を見てみましょう。

契約内容は11年+オプション

 表題はMAXの値を書かせていただきました。詳細はこちらです。ちなみにすでにサイン済みです。サラリーの受け取りスケジュールを更新しています(追記)。

  • 11年/$182M (2022-2032) + 2033 クラブオプション
    • 2033年:$25M クラブオプショ
    • サイニング・ボーナス:$5M ($2.5Mずつ/ 2021年12月1日 & 2022年6月1日)
    • 支払い:$1M(2022)/ $2M(2023-24)/ $8M(2025) / $15M(2026)/ $22M (2027)/ $25M (2028-2032)/ 2023年 $25Mクラブオプション($2Mバイアウト)
    • 11年/$182MのAAV(Annual Average Value)は$16.545M

 支払いのスケジュールまでは現時点では公表されていませんが、均等割のAAVで$16.545M。

 おそらく、MLS6年が見込まれる2027年までは抑え気味、それ以降はグンと上がるバランスになると思われます。

【サプライズ1】MLS1年未満では史上最高額

 ワンダー・フランコはデビューが2021年6月22日でしたから、2022年1月のMLSは1年未満の0.104。今回の契約延長は、MLS1年未満の選手としては史上最高額のディールとなりました。

過去のFA前長期契約

 過去のFA前の選手に提示された長期契約を見てみます。

  • ロナルド・アクーニャ・Jr. :
    • ブレーブスと8年$100M(2019-2026) + 2027-28 クラブオプション
    • サイン時のMLSは0.159
  • ルイス・ロバート:
    • ホワイトソックスと6年/$50M
    • デビュー前の延長契約
  • エロイ・ヒメネス:
    • ホワイトソックスと6年/$43M
    • デビュー前の延長契約
  • ポール・デヨング:
    • カージナルスと6年/$26M(2018-2023) + 2024-25 はクラブオプション
    • 2024は$12.5M ($2Mバイアウト)/ 2025は$15M ($1Mバイアウト)
    • サイン時はMLS1年未満
  • クリス・アーチャー:
    • レイズと6年/$25.5M  (2014-19) + 2020-21 クラブオプション
    • 2020:$9M($1.75Mバイアウト)/ 2021 $11M ($0.25Mバイアウト)
    • サイン時はMLS1年未満では最高額
  • スコット・キンガリー
    • フィリーズと6年/$24M(2018-2023)

 同じような待遇ではブレーブスのロナルド・アクーニャ・Jr. の延長契約がMLSの少なさでは似ていますが、AAVの単価がアクーニャは$12.5Mですから、$16.545Mのワンダー・フランコが単価も期間もそれを上回ることとなりました。

【サプライズ2】レイズがクラブ史上最高額を提示

 タンパベイ・レイズと言えば、少資本にもかかわらず素晴らしい選手開発のノウハウを活かし、そのレバレッジを効かせ、どんどん戦力にしていく素晴らしさがありますが、いかんせんFA前に放出せざるを得ませんでした。

 そのレイズが、この件に関しては勝負をしかけてきた感がありますね。

 なんとしても手元に置いて、手放したくないと考えたのですから、そう思わせるワンダー・フランコの魅力がすごいですね。

 レイズのこれまでの大型契約で行くと、エバン・ロンゴリア(現SFG)と2012年11月末に6年/$100M (2017-22) + 2023 $13M クラブオプション($5Mバイアウト)が思い出されますが、2017年12月にジャイアンツにトレードされました。

 トレードも噂されるケビン・キアマイアーは6年/$53.5M(2017-2022) + 2023 $13Mクラブオプション($2.5Mバイアウト)くらい。

 とにかく今回のワンダー・フランコのディールは破格も破格というところですね。

モノが違った!

 2001年3月1日生まれのワンダー・フランコは現時点で20才。2022年の誕生日で21才となります。

 上記の通り、メジャー・デビューは2021年6月22日。ウィリー・アダムスをブルワーズにトレードに出してまでSSのポジションを空けたレイズでしたが、先に上げたのは同じプロスペクトのテイラー・ウォールズでした。

  他のクラブではマリナーズのジャレッド・ケルニックが5月13日にデビュー。2年連続でトップ・プロスペクト100の1位はいつデビューするんだ!とやきもきさせる状況となりましたが、デビューしてその姿を見たとき、誰もがモノが違うと思ったはずです。

43試合連続出塁

 デビュー後はもうすごいの一言。281-81、Av.288/ OBP .347/ OPS+ 129、HR7,RBI 39、二塁打18、三塁打5、BB 24。

 7月25日のインディアンス戦から9月29日のアストロズ戦まで43試合連続出塁を達成。これは20才以下の選手の連続オン・ベース記録としては1956年のフランク・ロビンソンとタイ。

 打撃だけでもこれだけすごかったのですが、さらに輪をかけて素晴らしかったのが、守備。華麗なフィールディング、強い肩、見ていて惚れ惚れするほどの動きでした。

 レギュラーシーズンや、ALDSでレッドソックスと対戦したレイズですが、レッドソックスのザンダー・ボガーツも守備には相当定評がありますが、フランコの守備はそれに匹敵するほどの魅力がありました。

 本当に楽しみな逸材であると同時に、ア・リーグ東地区の各クラブにとっては厄介な存在になりましたね。これから名勝負を演じてくれるでしょう。

メガディールよりも早めの高額提示の方が良い

 メジャー・リーグの契約の弱点は、FAを境に成績が落ちるケースがよくあること。だいたい29才くらいでFAとなり、野手ならまだピークを維持することが出来ますが、投手の場合はピークを過ぎてしまう傾向は強いです。

 実際、フィールドで活躍する選手は、MLS6.000未満の選手が多いのも事実。結果、よく働いている選手の待遇は悪くて、怪我で離脱しているベテランが厚遇となっている皮肉なケースが多々見られます。

 現時点ではFA前に$1Mを超える額をもらえる選手はごくわずか。もう少しFA前の報酬が上がればとも思います。現在、協議しているCBAがまさにその点も考慮して交渉している訳ですが。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました