スポンサーリンク

【MLB2022FA】ジャスティン・バーランダーは動かず!アストロズと再契約へ

QO拒否→再契約へ

 現地2021年11月17日は、クオリファイング・オファーを提示された選手が回答をする期限。

 アストロズとの2年/$66M (2020-21)の契約が終了したジャスティン・バーランダー(Justin Verlander)はFAとなり、その去就が注目されていました。

 ジャスティン・バーランダーはアストロズからクオリファイング・オファーを提示されていました。

  しかし、バーランダーはQOを拒否。東海岸のクラブとの契約が噂されていました。

ヤンキース一転、アストロズと再契約

 最も噂されていたのが、ヤンキースとのディール。CBAが期限切れとなる前にサインすることはほぼ間違いないという状況で、今週中にもそれが判明するであろうとの噂でした。

 しかし、結論はアストロズとの再契約。

  • 1年/$25M(2022) + 2023はプレーヤーオプション 

実質2年/M

 サインした内容は上記の通り、1年契約で2023年はバーランダー側に選択権のあるプレーヤーズ・オプションということに。

 金額は明らかになっていませんが、2023年もほぼ同内容になると思われ、実質的に2年/$50Mのような内容で合意しました。

トミー・ジョン手術明け

 2019シーズンに34スタート、21勝6敗、ERA 2.58、223.0 IP、300Kと36才のシーズンでとんでもない数字をマークしたジャスティン・バーランダー。このシーズンは2度目のサイ・ヤング賞を受賞しました。

 しかし、2020年は7月24日のオープニング・ゲームで6イニングを投げ、勝利投手となるも、肘痛を発症。このシーズンはこの1試合のみの登板に。

 そしてシーズン終盤の2020年9月半ばに自身のSNSでトミー・ジョン手術を受けることを明らかに。手術は2020年9月30日に行われました。

 2021シーズンを全休したバーランダー。そして現契約が終了となり、FAとなったワケですが、回復具合を確かめたい各クラブ側の需要や、今後の契約に向けて回復ぶりを披露したいISE側(バーランダーのエージェント)の思惑などが一致し、術後約14ヶ月となった2021年11月9日にショーケースを実施しました。 

 まだ本調子ではないものの、94-97mphをヒットしたと言われています。スプリング・トレーニングの期間まであと3ヶ月あり、開幕で術後約15ヶ月ほどになることから、それを見込んだ判断で各クラブ、特にヤンキースなどは熱心に誘っていたわけです。

 しかし、バーランダーが出した結論は残留。

 もっとも、これは想像に過ぎないことを了解いただきたいのですが、さすがのバーランダーもトミー・ジョン手術明けの最初のシーズンにいきなり東海岸のヤンキースということになると、シビアに結果を問われることから、慎重になったのではないか?と思います。

 1年目はイニング制限もつきますし、何よりコントロールが安定しないケースが多いです。ダルビッシュ投手や大谷選手がそうでしたね。さすがにリスキーと考えたのかもしれません。

 また、アストロズは2020年と2021年の2年間は、たった1試合で$66Mを投じたことになりますから、さすがのバーランダーも返報性の法則で、アストロズをないがしろにすることは出来ないと考えたのかもしれません。プレーヤーとしての良心がそうさせたのかもしれませんね。

 よって、バーランダーの実績も考慮してQOより高い数字でサインできた点ではWIN-WINかもしれません。

 ということで、バーランダーは2022年もアストロズです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました