【MLB2020FA】マーティン・マルドナードがアストロズと再契約へ

大谷投手とのコンビ再結成ならず

 現地2019年12月23日にオフィシャルとなった情報です。ヒューストン・アストロズは元ゴールドグラブ賞捕手のマーティン・マルドナード(Martín Maldonado)と再契約したことを発表しました。

契約内容:2年/$7M

 契約は2年/$7M (2020-21)。支払いは均等割で、年$3.5M。オプションなどは確認できませんでしたが、ついてないかもしれませんね。2019年はロイヤルズと1年$2.5M、加えてインセンティブが$1.4Mほどついていましたが、今回はインセンティブもついていないかもしれません。

翻弄された2019シーズン

 マーティン・マルドナードは2019年、かなり翻弄された選手です。ロイヤルズで開幕を迎え、トレードデッドライン前の7月15日にカブスに移籍。さらに、半月後の7月31日には、アストロズに移籍しました。

  • 3/11: FAでKCRとサイン
  • 7/15: マイク・モンゴメリーとのトレードでCHCへ
  • 7/31: トニー・ケンプとのトレードでHOUへ 
現地2019年3月9日、アストロズをFAとなっていたマーティン・マルドナード(Martín Maldonado)のディールが決定!契約内容は1年250万ドル、インセンティブ140万ドル。ロイヤルズと契約成立となった背景と、マーティン・マルドナードのキャリア、実は若い頃リリースされていた事実など、マルドナードの魅力やロイヤルズでのポジション争いなど

 そもそも2019年のディールが決まったのは開幕の約2週間前の3月11日。遅いFA市場にかなり翻弄され、動いたきっかけは3月1日にロイヤルズの正捕手、サルバドール・ペレスのトミージョン手術が判明したため。

サルディー、2019はシーズンエンドか 現地2019年3月1日、ロイヤルズにとって痛いニュースが入ってきました。 ...

 彼の肘の不調がなければ、ダラス・カイケルやクレイグ・キンブレルのように夏近くにシーズンデビューという状態になっていたかもしれません。

カブスでは本当の腰掛け

 カブスに入ったのは、ウィルソン・コントレラスの右足の怪我の影響。コントレラスはマルドナードのディールの直前に10 Day ILに入っていたのでした。そして、その症状が重くないとわかりすぐに復帰したものの、8月初旬に今度はハムストリングスを傷め、離脱。せっかく獲得したマルドナードはトレードデッドラインでアストロズにトレード。仕方なくカブスはFAとなっていたジョナサン・ルクロイを獲得に至ったのでした。

現地2019年7月15日、カブス-ロイヤルズ間でマルドナードとモンゴメリーのトレードが成立

新TDLの影響も

 カブスがウィルソン・コントレラスの症状で慌ててマルドナードを獲得し、さらにすぐにトレードに出したのは新トレードデッドラインの影響があったからです。2019年から始まった新しいトレードデッドラインはポストシーズンに向けた戦力補強も7月31日が期限になりました。

 よって、PSに見込みのあったカブスは慌ててマルドナードを獲得し、正捕手がOKとなった時点で今度はPSのロスターにも影響が出てきますから、慌ててトレードーに出したのでした。

2019年のトレードデッドラインがこれまでとどう変わったのか

 FA市場、TDL新制度に引っ掻き回された2019年のマルドナードでした。

マルドナードの2019シーズンの成績は、ロイヤルズで74試合、カブスで4試合、アストロズで27試合に出場。スタッツは打率.220、OBP .298、SLG .391 、HR 12、RBI 27、BB 32、SO 86と相変わらずあまり打ちませんでしたが、守りりにおいてはいい重しとして機能。WAR 1.4はそれなりの評価だと思います。

アストロズの1番手捕手か  

 アストロズはFAのロビンソン・チリノスはもう流出覚悟といった状況になりました。再契約はもうないでしょう。よって、マルドナードが正捕手としてマスクをかぶるのではないかと思います。ダスティン・ガーノーはバックアップに回ると思われます。

大谷選手とのコンビ復活ならず

 あくまでもファン目線ですが、大谷選手の投手デビューイヤーでマスクをかぶったマルドナードにもう一度と思っていましたが、エンゼルスはマルドナードを獲りに行きませんでした。

 今のところ、エンゼルスの捕手は、マックス・スタッシ、アンソニー・ベンブームが名を連ねています。スタッシはエンゼルス移籍後、打率.071と壊滅的でしたので、捕手を探すのではないかと見ていたのですが、エンゼルスはまだ捕手獲得の動きはありません。今は投手整備が優先のようです。チリノスに動くのも面白いところではありますが、どうするでしょうか?注目したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ
にほんブログ村

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク