スポンサーリンク

【MLB2020FA】マーティン・マルドナードがアストロズと再契約へ

MLB移籍/FA情報

大谷投手とのコンビ再結成ならず

 現地2019年12月23日にオフィシャルとなった情報です。ヒューストン・アストロズは元ゴールドグラブ賞捕手のマーティン・マルドナード(Martín Maldonado)と再契約したことを発表しました。

契約内容:2年/M

 契約は2年/$7M (2020-21)。支払いは均等割で、年$3.5M。オプションなどは確認できませんでしたが、ついてないかもしれませんね。2019年はロイヤルズと1年$2.5M、加えてインセンティブが$1.4Mほどついていましたが、今回はインセンティブもついていないかもしれません。

翻弄された2019シーズン

 マーティン・マルドナードは2019年、かなり翻弄された選手です。ロイヤルズで開幕を迎え、トレードデッドライン前の7月15日にカブスに移籍。さらに、半月後の7月31日には、アストロズに移籍しました。

  • 3/11: FAでKCRとサイン
  • 7/15: マイク・モンゴメリーとのトレードでCHCへ
  • 7/31: トニー・ケンプとのトレードでHOUへ 

 そもそも2019年のディールが決まったのは開幕の約2週間前の3月11日。遅いFA市場にかなり翻弄され、動いたきっかけは3月1日にロイヤルズの正捕手、サルバドール・ペレスのトミージョン手術が判明したため。

 彼の肘の不調がなければ、ダラス・カイケルやクレイグ・キンブレルのように夏近くにシーズンデビューという状態になっていたかもしれません。

カブスでは本当の腰掛け

 カブスに入ったのは、ウィルソン・コントレラスの右足の怪我の影響。コントレラスはマルドナードのディールの直前に10 Day ILに入っていたのでした。そして、その症状が重くないとわかりすぐに復帰したものの、8月初旬に今度はハムストリングスを傷め、離脱。せっかく獲得したマルドナードはトレードデッドラインでアストロズにトレード。仕方なくカブスはFAとなっていたジョナサン・ルクロイを獲得に至ったのでした。

新TDLの影響も

 カブスがウィルソン・コントレラスの症状で慌ててマルドナードを獲得し、さらにすぐにトレードに出したのは新トレードデッドラインの影響があったからです。2019年から始まった新しいトレードデッドラインはポストシーズンに向けた戦力補強も7月31日が期限になりました。

 よって、PSに見込みのあったカブスは慌ててマルドナードを獲得し、正捕手がOKとなった時点で今度はPSのロスターにも影響が出てきますから、慌ててトレードーに出したのでした。

 FA市場、TDL新制度に引っ掻き回された2019年のマルドナードでした。

マルドナードの2019シーズンの成績は、ロイヤルズで74試合、カブスで4試合、アストロズで27試合に出場。スタッツは打率.220、OBP .298、SLG .391 、HR 12、RBI 27、BB 32、SO 86と相変わらずあまり打ちませんでしたが、守りりにおいてはいい重しとして機能。WAR 1.4はそれなりの評価だと思います。

アストロズの1番手捕手か  

 アストロズはFAのロビンソン・チリノスはもう流出覚悟といった状況になりました。再契約はもうないでしょう。よって、マルドナードが正捕手としてマスクをかぶるのではないかと思います。ダスティン・ガーノーはバックアップに回ると思われます。

大谷選手とのコンビ復活ならず

 あくまでもファン目線ですが、大谷選手の投手デビューイヤーでマスクをかぶったマルドナードにもう一度と思っていましたが、エンゼルスはマルドナードを獲りに行きませんでした。

 今のところ、エンゼルスの捕手は、マックス・スタッシ、アンソニー・ベンブームが名を連ねています。スタッシはエンゼルス移籍後、打率.071と壊滅的でしたので、捕手を探すのではないかと見ていたのですが、エンゼルスはまだ捕手獲得の動きはありません。今は投手整備が優先のようです。チリノスに動くのも面白いところではありますが、どうするでしょうか?注目したいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました