スポンサーリンク

【MLB契約2021】パドレス、マイク・クレビンジャーと2年$11.5Mで延長合意!

M・クレビンジャーはトミー・ジョン手術

 現地2020年11月16日、パドレスのディールのお話が入ってきました。右腕のマイク・クレビンジャー(Mike Clevinger)と2年$11.5Mで合意しました。

 マイク・クレビンジャーは1990年12月21日生まれで、現地2020年11月17日時点で満29才。12月が来ると30才になります。

2020年のTDLでパドレスへ

 2020年は、トレードデッドラインであった現地2020年8月31日にインディアンスからパドレスにトレードで移籍していました。

 トレードとなった経緯はCOVID-19 プロトコル違反。外出禁止にも関わらずでかけてしまい、そのまま遠征の飛行機にも乗っていたことがチームメイトの怒りを買ってしまったということから、一時的にリストリクティッド・リストに。詳細は下記に記載しています。

 インディアンスで投げないなら、うちに!というオファーが複数寄せられ、パドレスが最終的に獲得しました。

パドレス移籍後

 マイク・クレビンジャーは2017年から2019年まで3年連続二桁勝利を計上している投手。

 パドレスに移籍後は9月3日から9月23日の間で4試合に登板。19.0イニングで2勝1敗、ERA 2.84。9月後半は肘痛に苦しんでいました。

 しかし、パドレスはドジャースとのNLDSを控え、マイク・クレビンジャーをロスターに登録することを決断。スローイングセッションを重ね、なんとか投げられる状態にはなったのですが・・・。

NLDSでは痛々しい姿

 現地2020年10月6日のNLDS Game1では初回をなんとか無失点で切り抜けたものの、やはり本調子にはほど遠く、コントロールに精彩を欠き、2イニング目でマウンドを降りました。

 無失点だったとは言え、ちょっと痛々しいくらいの投球内容でした。

 前向きな姿をチームメイトに見せただけでも価値はあったとは思いますが、さすがにクレビンジャーの肘にとってリスキーな状態に。

トミー・ジョン手術へ

 10月半ば、マイク・クレビンジャーの肘の状態は関節鏡手術ではもはや回復は難しいとの診断がくだされ、11月に入りトミー・ジョン手術を受ける判断がくだされました。

 それと同時に11月の早い段階からパドレスはマイク・クレビンジャーとの契約も希望。本人とクラブ側が将来のことも含め合意した上でトミー・ジョン手術を実行することとなりました。

 手術は現地2020年11月17日にシンシナティの病院で行われることになっています。今回の契約の合意の発表は手術前日に行われました。そして2021シーズンは全休ということも双方合意の上です。

契約内容

 前後しますが、契約の詳細もわかっていますので、記載したいと思います。

  • 2年/$11.5M (2021-22)
  • サイニング・ボーナス$3M(支払いは2021年12月1日と2022年12月1日それぞれ$1.5Mずつ)
  • サラリーの支払い:2021:$2M/  2022: $6.5M
  • 2022年のパフォーマンス・ボーナス
    • 5先発、10先発達成でそれぞれ$0.25Mずつ(これが達成されれば支払いは2023年1月15日に繰延払い)

上手な受け取り方

 投手に怪我はつきもので、マイク・クレビンジャーも現役生活にとって一時的にリスキーになるトミー・ジョン手術を実施することになりました。よって、2021年はサラリーは抑えぎみの$2Mにとどまっています。

 しかし、受取額はそれに加えて12月に1度目のサイニング・ボーナスの$1.5Mが入ってきますから、実質$3.5M。全休の年にこれだけカバーできれば御の字でしょう。そして2年目にサラリー$6.5Mに加えて、12月にふたたびサイニング・ボーナスの$1.5Mが入ってきますから、$8Mに。

 そして2023シーズンに万が一のことがあっても、パフォーマンス・ボーナスがもらえるような成績であれば、なんとか収入も獲得できているという状態に。肘がヘルシーであれば10先発の$0.5Mは達成できるという見込みです。

実質的に残り2回の調停分も加味されている

 マイク・クレビンジャーは2021年1月時点でのMLSは4.021。もともとFAまであと2年というステータスでした。ちなみに前年の2020年の契約は調停イヤーでインディアンスと1年$4.1Mでサインしていました。 

 もし状態がヘルシーであれば、FAまでの残り2年を調停ステータスでの交渉でかなりのサラリーを得られた可能性もありました。もちろん、成績があってのことです。しかし、上述の通り、5年目の2021年が全休となりましたから、今回の2年$11.5Mは本来の上昇分ほど賄えなかったかもしないが、それなりに調停での上昇分も加味されているような内容と言ってよさそうです。これで調停は無しです。

2022年は31才

 手術から復帰後の2022年、マイク・クレビンジャーは31才のシーズン。もともとは2011年のエンゼルスの4巡目指名でプロ入り。デビューは2016年で、25才の時でしたから、もともとは遅めのデビューでした。

 この手術が成功し、リハビリも順調にこなせることを祈りたいと思います。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

 

コメント

NEW

【MLB2022】レッドソックスに光明!トレバー・ストーリーが3発を含む4安打、7打点、1盗塁!
【MLB2022】マックス・シャーザー、斜角筋のハリで6-8週間の離脱へ!前半戦の復帰は微妙
【MLB2022】前日の悪夢を払拭!ニック・ピベッタが2ヒッター&コンプリート・ゲームを達成
【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
タイトルとURLをコピーしました