スポンサーリンク

【MLB2024FA】ドジャースがジェイソン・ヘイワードと再契約!テオスカー・ヘルナンデスは諦めたか??

2023年に再び輝いたヘイワード

 現地2023年11月27日、ロサンゼルス・ドジャースがOFのディールを決めました。FAとなっていたジェイソン・ヘイワードと1年契約で合意です。現時点ではフィリジカル・チェックの検査待ちでそれがパスすればオフィシャルとなります。

契約内容

 ドジャースとジェイソン・ヘイワードの契約はご覧の通り。

  • 1年/$9M (2024)

      2024年に開幕してすぐの4月9日に35才となるジェイソン・ヘイワードですので、オプションなどはつかないと思われます。

今オフの資金は大谷&ローテーションに注ぐLAD

OFテオスカー・ヘルナンデスを諦めた??

 ドジャースがOFを補強するに当たって名前が挙がっていたのが、マリナーズからFAのテオスカー・ヘルナンデス。彼は現時点で31才で右打ちです。2023年は160試合に出場し、.258/.305/.435、HR 26、RBI 93、161安打、70 Run。ジェイソン・ヘイワードと比べてもう1つ飛び抜けた成績でしかもLHPに弱いジェイソン・ヘイワードと違い、右打ち。ここは積極的に行くのか?と思われたのですが、ジェイソン・ヘイワードとの再契約となりました。もちろん、まだテオスカー・ヘルナンデスの芽は現時点で消えておりません。

 今オフ、初FAとなったテオスカー・ヘルナンデスにマリナーズはQOを提示せず。

大谷資金で節約?

 テオスカー・ヘルナンデスの2023年のサラリーは$14M。この時点でジェイソン・ヘイワードより割高。2023年の成績からすればテオスカー・ヘルナンデスにはさらにいい条件が設定されると見込まれ、そうなるとサラリー単価は$14Mは超えてきそうです。

 これは大谷選手獲得のための資金の使い道の優先順位の問題ということになりそうです。

ローテーション補強を優先

 ただ、ドジャースの場合はローテーション投手の確保が優先されるでしょう。2024年はウォーカー・ビューラーがトミージョン手術から復帰するも、ローテーションは欠員が出ている状態。フリオ・ウリアスはDVポリシー違反で、すでにFAで出しましたし、トニー・ゴンソリンはトミージョン手術。クレイトン・カーショウはFA。1人復帰するも3人が離脱してマイナス2です。7月に再度、肘の手術となったダスティン・メイは復帰まで1年の予定になっていたので、開幕は難しく、さらに2度目のメスゆえに慎重にならざるを得ません。

 獲得を目指していたアーロン・ノラはフィリーズと再契約済み。現在、ホワイトソックスのディラン・シーズを狙っています。後はFAで誰を補強するか?というところでしょう。

ジェイソン・ヘイワードのキャリア

ブレーブス1巡目指名

 ジェイソン・ヘイワードはもともとは2007年のブレーブスの1巡目指名。2010年にデビューし、ROYで2位に。ブレーブスでは150安打を2度記録するなど、非常にかっこいいOFとして人気が出ました。

カージナルスへ

 2014年11月にブレーブスがシェルビー・ミラーらを獲得したトレードでカージナルスに移籍。カージナルスには2015年の1シーズンだけ所属し、オフにFAに。

FAでカブスと8年契約

 2015年12月、カブスと8 年/$184M (2016-23)の大型ディールを結び、ここまでは非常に順調。カブスでは2020年までは良い活躍を見せていましたが、2021年から右膝を傷めるなど怪我が重なり、打撃も急降下。2021年は104試合でAVG.214、2022年はさらに落ち込み、48試合でAVGは.204に。

カブスからリリース

 カブスは契約期間が残ってはいたものの、2022年11月にヘイワードをリリース。2022年12月にドジャースとマイナー契約を結んだのでした。

 カブス当時にサインした契約もファイナル・シーズンとなった2023年、ジェイソン・ヘイワードは輝きを取り戻しました。

2023年は輝いたヘイワード

 ジェイソン・ヘイワードは2023年、124試合に出場し、90安打を放ち、打率.269、OBP .340、SLG .473、15 HR、40 RBi、56 Runをマーク。これは2019年以降でベストな成績となりました。

 ヘイワードは2012年から2017年の6シーズンでゴールドグラブ賞に輝くこと5度(2012/2014-2017)。彼がRFにいれば非常に安心という存在です。そこも魅力の一つです。

LHPに弱く、ムーキーの2Bは続く

 ただ、ジェイソン・ヘイワードには大きな弱点があります。それは

LHPに非常に弱い点です。2023年のRHP、LHPとの対戦成績はご覧の通り。かなり極端です。

vs AVGOBPSLGHR
RHP.276.347.47113
LHP.192.250.5002

 上記のデータが出ているのでドジャースは相手先発がLHPのときはムーキーをRFに起用してきました。

 ヘイワードを獲得したということは、2024年もその体制が続くということになりそうです。先発がRHPのときはヘイワードがRFでムーキーが内野、LHPの時はムーキーがRFという形です。

プロスペクトのOF

 ドジャースにはユーティリティーでクリス・テイラーがおりますが、2023年はジェームス・アウトマンをOFで起用し、実績を踏ませました。さらに、22才でキューバ出身のアンディー・ハヘーズ(Andy Pages)もおります。パヘーズは未デビューで2023年はトリプルAまで上がりましたが、肩の手術により未デビュー。それがなければ2023年にデビューしていたでしょう。2024年のスプリング・トレーニングには間に合う見込みです。彼は右打ち。

 ドジャースは彼を待っても良かったと思いますが、ジェイソン・ヘイワードと再契約に。確実なものが欲しかったのでしょうね。パヘーズはヘイワードのライバルになりそうです。

CB TAX

 2023年は贅沢税(CB Tax)の閾値が$233Mだったところを$267Mで超過したドジャース。2021年から3年連続の超過です。

 2024年の贅沢税の閾値は$237Mで、ドジャースは今のところ、まだ編成が穴だらけなので、マイナーも入れて$170M。このうち、ムーキーが$29M、F・フリーマンが$25.8M、クリス・テイラーが$15M、マンシーが$12M、ヘイワード、ウィル・スミスがそれぞれ$9M。カーショウの$20Mとフリオ・ウリアスの$14.25Mが消えております。

 $20M前後の選手を数名入れればそのスペースも飛びそうです。今のところ大谷選手の資金の枠は空いているのですが、今季も$237は超えてくるでしょうね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ウィリー・メイズが93才でなくなる。MLB史上、燦然と輝く名選手
【MLB2024】カイル・シュワーバーが2HRを放ち、6月通算60本を達成!その6月のレジェンドぶりのまとめ
【MLB2024】ドジャース、ムーキー・ベッツ(左手骨折)の離脱で、三遊間が欠ける事態に
【MLB2024】ドジャースの山本由伸投手が2回で緊急降板。右上腕三頭筋の張りでIL入りは必至(追記)
【MLB2024】カブス・今永投手が7勝目!シーズン最多の103球で味方打線の火をつける!
【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
タイトルとURLをコピーしました