スポンサーリンク

【MLBトレード2022】アスレチックス、マット・チャップマンをブルージェイズにトレード

A’s、2プラチナグラブの3Bもトレード

 現地2022年3月15日のこととなりますが、アスレチックスが名手のマット・チャップマンをブルージェイズにトレードしました。

 ファイヤー・セール状態と言われているアスレチックスですが、マット・オルソンに続き、マット・チャップマンまで出て行くとはかなり衝撃的なニュースとなりました。

トレード詳細

 このトレードで動くのは計5名。

ブルージェイズGet

  • マット・チャップマン(Matt Chapman/28)3B/右投げ右打ち

アスレチックスGet

  • ガナー・ホグランド(Gunnar Hoglund/22) RHP, RF & 1B/ 右投げ左打ち
  • ケビン・スミス(Kevin Smith/ 25)3B, 1B & LF/ 右投げ右打ち
  • ザック・ローグ(Zach Logue/ 25) LHP
  • カービー・スニード(Kirby Snead / 27) LHP

アスレチックスが獲得したのは、2ウェイの選手1人、内野手、そして左腕2人の計4名。

選手紹介

【TOR】マット・チャップマン

 マット・チャップマンは今更ながらではありますが、1993年4月28日生まれの28才。2022シーズンが開幕してすぐに29才になる3Bです。

 ドラフトは2014年のアスレチックス1巡目指名(全体順位は25位)。デビューは2017年6月15日になります。

 これまでの実績はご覧の通り。

  • オールスター出場:1度 (2019)
  • ゴールドグラブ賞受賞:3度 (2018, 2019 & 2021)
  • プラチナグラブ賞受賞:2度(2018, 2019)
  • ウィルソン・ディフェンシブ・アウォード 3B :2度(2018, 2019)
  • ウィルソン・ベスト・オーバーオール・ディフェンス:1度(2018)
  • 20HR以上のシーズン: 3度 (2018, 2019 & 2021)
  • 30HR以上のシーズン: 1度 (2019)
  • 100 Runs Scored以上のシーズン: 2度 (2018 & 2019)

 2018-19年の2年間は守備に加えて、152安打、42二塁打、24HR(2018)、145安打、36二塁打、36HR(2019)をマーク。

 2021年は、151試合に出場、打率.210、OBP .314、SLG .403と苦しみながらも、27HRを放っています。

追記:A’sからの10年/150Mドルオファーを拒否(2019)

 後日談として、現地2022年3月19日、マット・チャップマンは2019シーズン終了後、アスレチックスから10年/$150M規模のオファーを提示されていたことが明らかになりました。しかし、それを拒否。

 カリフォルニア・ネイティブですが、さらなる高い評価を求めていたことが伺えます。

【OAK】ガナー・ホグランド

 ガナー・ホグランドは今回のトレードで最も若い選手で、2Wayです。ただし、大学まで。2021年のブルージェイズの1巡目指名(全体順位19位)。実はホグランドは2018年にもパイレーツから1巡目指名(全体順位36位)を受けていましたが、これを拒否。ミシシッピ大に進学していました。

 2021年はマイナーではプレーしておらず、実質2022年がプロでの最初にシーズン。NCAA時代は主に投手として出場。すべて先発です。打者としては2019年に104 PA、2HRをマーク。プロでは投手に集中するのか?まだ見えてはおりません。

【OAK】ケビン・スミス

 ケビン・スミスは、1996年7月4日生まれの25才の内野手。ドラフトは2017年のブルージェイズの4巡目。2021年にメジャーデビュー済みで18試合に出場しています。

 2021年にはトリプルAで打率.285をマーク。

【OAK】ザック・ローグ

 ザック・ローグは1996年4月23日生まれの25の左腕投手。ドラフトは2017年のブルージェイズの9巡目指名。未デビュー。2021年はダブルAとトリプルAの2つのレベルで投げ、全て先発で、12勝4敗、ERAは3.67。

【OAK】カービー・スニード

 1994年10月7日生まれの27才の左腕。ドラフトはブルージェイズの2016年の10巡目。2021年にデビューしており、7試合にいずれもリリーフで登板。7.2イニングを投げ、0勝1敗、ERA 2.35。SO9は8.2、BB9は2.3。

 以上の4選手ですが、アスレチックスとしてはガナー・ホグランドが今後の期待の星というところ。後の選手は、トリプルAとメジャーの境の選手で、この期にいいきっかけを作ってくれればというところでしょうか。

 厳しい戦いの予想されるアスレチックスですが、それでも戦力にしてきた実績がありますので、戦いは注目したいところです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
【MLB 2022】Dバックスのザック・ギャレン、スコアレス・イニングを”41.1″に伸ばす!(追記:44.1でストップ)
【MLB 2022】大谷選手、12勝目ならずもイニング・ピッチ・クリアーでERAランクAL5位へ
【MLB 2022】「惜しい!」ディラン・シーズ、あとアウト1つで”NO-NO”を逃す!
【MLB 2022】ブライアン・ベイヨーがメジャー初勝利!そしてトリストン・カサスの昇格とタナー・ハウクの状況
タイトルとURLをコピーしました