スポンサーリンク

【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)

打撃で苦戦していたジャッキー

 現地2022年8月4日午後、レッドソックスはOFのジャッキー・ブラッドリー・Jr.(Jackie Bradley Jr.)をリリースしたと発表しました。

 同日朝、レッドソックスはジャッキーをDFAに。そして午後になりリリースの発表となりました。ジャッキーの場合はMLSが7.140(2020年1月)。よって、まだ10-5ルール(MLBに10年在籍、5年連続で同じチームに在籍)は適用されませんが、マイナー拒否ゆえにリリース→FAという形になったと思われます。

レンフローとのトレードで復帰

 ジャッキーは現地2021年12月1日、旧CBAのギリギリの期限でブルワーズからレッドソックスへ移籍。ハンター・レンフローとのトレードでした。

 今季、RFの打撃に苦しんでいるレッドソックス。まさにハンター・レンフローを出したことによる影響でした。それをジャッキーがカバーできれば言うことはなかったのですが、もともと打撃はあまり信頼できなかったジャッキーゆえにこのトレードはそもそも無理があったのかもしれませんね。ジャッキーのDRS(Defensive Runs Saved)はとんでもない威力があるだけに、これを活かせる打撃成績がついてこなかったのは残念でなりません。

ジャッキーの契約 

 ジャッキー・ブラッドリー・Jr.は現地2021年3月5日にブルワーズと2年/$24M (2021-22)でサイン。以下の条件がついていました。

  • 2022年は$9.5Mのプレーヤーオプションでバイアウトは$6.5M。→行使済み
  • 2023年は$12Mのミューチュアルオプションでバイアウトはなんと$8M

 ブルワーズがなんとか単価をさげようとした努力した契約内容で、期間は今季で終了なのですが、2023年はミューチュアル・オプションがついていて、バイアウトがなんと$8M。

 契約が残っている間のリリースなので、レッドソックスが2022年のサラリー$9.5Mの残額も払います。また、来季は当然契約しないので、バイアウトも発生するという内容です。ジャッキー、なかなかの置き土産を置いてくれました。

 今後、ジャッキーが他クラブと契約する際は、新しいクラブはメジャー最低年俸の$0.7Mの日割りでOKということに。

トミー・ファムの加入

 このトレードデッドラインでレッドソックスはレッズからトミー・ファムを獲得。ファムをRFで起用するのかと思いきや、LFのベルドゥーゴをRFにシフト。ファムはどうやらLFの方が得意なようで、ベルドゥーゴとはかぶってまうところでしたが、ベルドゥーゴの器用さに助けられ、なんとかRFスポットを埋めました。

 しかし、これにより、ジャッキーの居場所が無くなったということに。OFは打撃が優先のため、今季.210の打率のジャッキーの場合、致し方ないところでした。

ジャッキー、これでBOSTONともお別れ 

 2018年のレッドソックスのワールドシリーズ・チャンプに守備、攻撃の両面で大きく貢献してくれたジャッキー・ブラッドリー・Jr.。

 今回のリリースでレッドソックスとはお別れということに。非常に残念ではあります。

 ゲーム前、ベンチから野球少年のようにフィールドに飛び出して行くJBJの姿はとても好感が持てました。いい所属先が見つかることを祈るばかりです。

追記:JBJ、トロントへ

 現地2022年8月9日の情報では、ジャッキーはブルージェイズとサインする見込みです。こちらはまだオフィシャルにはなっていませんが、まさかの同地区への移籍ということになりそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】タイガース、「ミギー、発掘」のGM、アル・アビーラを解雇へ!リビルドに苦戦
【MLB2022】”グレート・ゲーム”!両チームとも延長をしのぎ合う!マリナーズが延長13回に決着!
【MLB2022】大谷選手、10勝達成!打っては25号HR!ついに1918年のルース以来の偉業達成へ
【MLB2022】ジャイアンツ、輝く!カミーロ・ドバルとスーパー・リレーでわずかな希望をつなぐ
【MLB】フィールド・オブ・ドリームス2022はカブス @レッズ戦!鈴木誠也選手がプレー!
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(ナショナル・リーグ)
【MLB2022】トレード・デッドラインまとめ(アメリカン・リーグ)
【MLB2022】カブスがアンドレルトン・シモンズをDFAに
【MLB2022】J・ヘイダーをトレード、 D・ラメットを即DFA!?現場が大混乱となったブルワーズのトレードDL
【MLB2022】フィリーズのトレードデッドラインの成果とディディ・グレゴリアスのDFA
【MLB2022】レッドソックスがジャッキー・ブラッドリー・Jr.をリリース(追記あり)
【MLB2022】R・イグレシアス、B・マーシュ、N・シンダーガードを出したエンゼルスのトレードデッドラインの成果
【MLBトレードDL2022】パドレス、またも躍動!大注目のフアン・ソトをJ・ベルとともに獲得!
【MLBトレードDL2022】ツインズ、オリオールズのクローザー、ホルヘ・ロペスを獲得
【MLBトレードDL2022】レッドソックス、トミー・ファムを獲得。クリスチャン・バスケス、J・ディークマンはトレードへ
【MLBトレードDL2022】ジョシュ・ヘイダーがパドレスへ!衝撃のブロックバスター・ディールが成立
【MLB2022】リード・デトマーズがイマキュレート・イニングを達成!しかし、エンゼルスは敗れる
【MLB2022トレードデッドライン】レイズ、Dバックスからデービッド・ペラルタを獲得
【MLB2022】大谷選手の二桁勝利への壁とトレード・デッドラインについて
【MLBトレードデッドライン2022】レッズのルイス・カスティーヨはマリナーズに決定
【MLBトレード2022】レッズ、夏もファイヤー・セールを敢行!第1弾はタイラー・ネイキンのメッツへのトレード
【MLBトレード2022】アンドリュー・ベニンテンディのヤンキースへのトレードが決まる
【MLB2022】選手会がインターナショナル・ドラフトを拒絶し、QOの継続が決定!FA市場への影響は?
【MLB移籍2022】レッドソックス、今季3Aで活躍のベテランOF、エイブラハム・アルモンテを獲得
【MLB2022HOF】デービッド・オルティズ、クーパーズ・タウンでパワフルで感謝に満ちたスピーチを披露
【MLB移籍2022】ジャイアンツがトレバー・ローゼンタールとサイン。ジェイク・マギーはブルワーズとサインへ
【MLBトレード2022】 メッツ、パイレーツからダニエル・ボーゲルバックとマイケル・ペレスを獲得!
【MLBドラフト2022】幸運!エンゼルス、3巡目/全体89位で105.5mphのベン・ジョイスを指名、そしてサインへ!
【MLB2022噂】ジェイコブ・デグロムの復帰時期(追記あり)とシーズン前のオプトアウト公言
【MLB2022】元サイ・ヤング賞、ダラス・カイケルがDバックスからDFAに
タイトルとURLをコピーしました