スポンサーリンク

【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO

2022年初のノーヒッター

 現地2022年4月29日のゲームになりますが、ニューヨーク・メッツが地元シティ・フィールドでフィリーズを相手にMLBで今季初のノーヒット・ノーランを達成したのはご承知の通りです。

 メッツのノーヒット・ノーランは2012年6月1日に、左腕のヨハン・サンタナがカージナルスを相手に達成して以来、約10年ぶりのこと。今回のノーヒット・ノーランはコンバインドでの達成となります。

タイラー・メギル、5戦で4勝0敗

 まず、メッツ先発のタイラー・メギルの投球が良かったですね。今季の投球は素晴らしいに尽きます。ジェイコブ・デグロムが肩の故障、マックス・シャーザーはハムストリングス痛などで今季のオープニング・ゲームを任されたタイラー・メギルは、戦前の予想を覆す素晴らしい投球を披露。

 201cmの長身を折れ曲げることなく、スムーズに体を動かし、回転レートも良さそうな品のあるボールを投げ、ナショナルズとの開幕戦に5イニング、被安打3、失点0で勝利。今季はこのゲームを含めて5戦に登板して4勝0敗で、ERAは1.93。しかも、彼が先発するゲームにメッツはすべて勝っているという、メッツの好循環を担った投手でもあります。

 この日も5イニングを投げ、与四球3は出したものの、奪三振5をマークし、5回裏の味方の攻撃が実を結ぶまで見事に持ちこたえました。タイラー・メギルは2018年ドラフトのメッツの8巡目指名の投手です。

ドリュー・スミス、流れを切らさず

 また、もうひとり取り上げたいのが2番手で登板したドリュー・スミス。6回のイニングの始めから登板し、まず先頭のジーン・セグラを空振り三振に。実は、筆者はドリュー・スミスでノーヒットは途絶えると思っていました。というのは、先頭のセグラにファウルで粘られ9球を費やしていたからです。これは合うなと思ったところ、最後のスライダーがむしろ浮いて奏功したという投球でしたが、粘り負けしませんでした。

 ドリュー・スミスは6回にハーパーには四球を出したものの、7回1アウトまで4つのアウトはすべて三振。

 ドリュー・スミスは2015年ドラフトのタイガースの3巡目指名。2017年1月にトレードでレイズに移籍した後、同年のトレードデッドラインでレイズがルーカス・デューダを獲得したトレードでメッツに移籍。デビューは2018年でメッツです。

 その後は7回1アウトから8回1アウトまで左腕のジョーリー・ロドリゲス、8回の残り2アウトをセス・ルーゴが、そして9回は今季復調したエドウィン・ディアスがハーパー、カステヤーノス、リアルミュートという怖いターンを三者連続三振に斬ってとり、見事にノーヒット・ノーランの達成となりました。

苦心のノーヒッター:5人コンバインド、159球

 今回のノーヒット・ノーランは上記の5人によるコンバインド。今季はレイズが現地2022年4月23日のトロピカーナで行われたレッドソックス戦で9イニングでのノーヒット・ノーランを達成。ただ、このゲームはレイズも無得点だったことから、延長のオートマティック・ランナーのいる戦いに突入。結果、3-2でレイズが勝利しました。よって、ノーヒット・ノーランとは記録されないことに。

メッツのコンバインド

 今回のコンバインド・ノーヒット・ノーランはノーヒット・ノーランとしては非常に苦心したものでした。球数159球というのは、ノーヒット・ノーランの中でもかなり多い記録となります。BB6というのはフィリーズ打線に対していかに慎重に投球したか?がわかる数字になっています。ちなみに、下記のBFとはBatter Facedで対戦した打者の人数となります。

PitchingIPBBSOBFPit
タイラー・メギル5351888
ドリュー・スミス1.114536
ジョーリー・ロドリゲス120417
セス・ルーゴ0.20025
エドウィン・ディアス103313
Total9.061232159
2022年4月29日 フィリーズ戦のノーヒッターの投手ログ

過去のコンバインドで最多は6名 

 コンバインド・ノーヒット・ノーランで過去最多は6人のリレー。これが2度達成されています。直近の分から記載してみます。

(1)2012年6月8日のマリナーズ

 2012年6月8日のドジャース@マリナーズ戦で、マリナーズがドジャースを1-0のスコアで下し、6名のリレーでコンバインド・ノーヒッターを達成。実に小刻みにつなぎました。

PitchersIPBBSOBFPit
ケビン・ミルウッド6161868
チャーリー・ファーブッシュ0.201310
スティーブン・プライアー0.121315
ルーカス・リットキー0.10013
ブランドン・リーグ0.20129
トム・ウィルヘルムセン10039
Total9.03930114
2012年6月8日のマリナーズのコンバインド・ノーヒッター
Los Angeles Dodgers at Seattle Mariners Box Score, June 8, 2012 | Baseball-Reference.com
Seattle Mariners beat Los Angeles Dodgers (1-0). Jun 8, 2012, Attendance: 22028, Time of Game: 2:48. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, p...

(2)2003年6月11日のアストロズ

 もう1ゲームは、2003年6月11日のアストロズ@ヤンキース戦。スコアは8-0でアストロズが勝利。ご覧の面々でつないでいます。懐かしい名前がありますよ。

PitchersIPBBSOBFPit
ロイ・オズワルド102321
ピーター・マンロー2.2321357
カーク・サールース1.101416
ブラッド・リッジ202623
オクタビオ・ドーテル104420
ビリー・ワグナー102314
Total9.031333151
2003年6月11日のアストロズのコンバインド・ノーヒッター
Seattle Mariners at Houston Astros Box Score, August 3, 2019 | Baseball-Reference.com
Houston Astros beat Seattle Mariners (9-0). Aug 3, 2019, Attendance: 37059, Time of Game: 3:02. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-b...

 今回のメッツのコンバインドは四球も奪三振も多かったので、かなり球数も増えたと思います。

 それにしてもこれだけ、苦心して大記録を達成すれば、メッツの団結力はますます強くなり、ちょっと手がつけられなくなるかもしれませんね。

 なお、現地2022年4月30日のGame2ではフィリーズが4-1で勝利し、1勝1敗。もしも現地2022年5月1日のGame3でメッツが勝利するようなことになれば、開幕から7カード連続で勝ち越しということに。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
【MLB2022】大谷選手、アストロズ相手に5.1イニングをパーフェクト!ユニフォームがどろだらけ
【MLB契約2022】ロッキーズ、カイル・フリーランドと5年/64.5Mドルで契約延長
タイトルとURLをコピーしました