スポンサーリンク

【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO

2022年初のノーヒッター

 現地2022年4月29日のゲームになりますが、ニューヨーク・メッツが地元シティ・フィールドでフィリーズを相手にMLBで今季初のノーヒット・ノーランを達成したのはご承知の通りです。

 メッツのノーヒット・ノーランは2012年6月1日に、左腕のヨハン・サンタナがカージナルスを相手に達成して以来、約10年ぶりのこと。今回のノーヒット・ノーランはコンバインドでの達成となります。

タイラー・メギル、5戦で4勝0敗

 まず、メッツ先発のタイラー・メギルの投球が良かったですね。今季の投球は素晴らしいに尽きます。ジェイコブ・デグロムが肩の故障、マックス・シャーザーはハムストリングス痛などで今季のオープニング・ゲームを任されたタイラー・メギルは、戦前の予想を覆す素晴らしい投球を披露。

 201cmの長身を折れ曲げることなく、スムーズに体を動かし、回転レートも良さそうな品のあるボールを投げ、ナショナルズとの開幕戦に5イニング、被安打3、失点0で勝利。今季はこのゲームを含めて5戦に登板して4勝0敗で、ERAは1.93。しかも、彼が先発するゲームにメッツはすべて勝っているという、メッツの好循環を担った投手でもあります。

 この日も5イニングを投げ、与四球3は出したものの、奪三振5をマークし、5回裏の味方の攻撃が実を結ぶまで見事に持ちこたえました。タイラー・メギルは2018年ドラフトのメッツの8巡目指名の投手です。

ドリュー・スミス、流れを切らさず

 また、もうひとり取り上げたいのが2番手で登板したドリュー・スミス。6回のイニングの始めから登板し、まず先頭のジーン・セグラを空振り三振に。実は、筆者はドリュー・スミスでノーヒットは途絶えると思っていました。というのは、先頭のセグラにファウルで粘られ9球を費やしていたからです。これは合うなと思ったところ、最後のスライダーがむしろ浮いて奏功したという投球でしたが、粘り負けしませんでした。

 ドリュー・スミスは6回にハーパーには四球を出したものの、7回1アウトまで4つのアウトはすべて三振。

 ドリュー・スミスは2015年ドラフトのタイガースの3巡目指名。2017年1月にトレードでレイズに移籍した後、同年のトレードデッドラインでレイズがルーカス・デューダを獲得したトレードでメッツに移籍。デビューは2018年でメッツです。

 その後は7回1アウトから8回1アウトまで左腕のジョーリー・ロドリゲス、8回の残り2アウトをセス・ルーゴが、そして9回は今季復調したエドウィン・ディアスがハーパー、カステヤーノス、リアルミュートという怖いターンを三者連続三振に斬ってとり、見事にノーヒット・ノーランの達成となりました。

苦心のノーヒッター:5人コンバインド、159球

 今回のノーヒット・ノーランは上記の5人によるコンバインド。今季はレイズが現地2022年4月23日のトロピカーナで行われたレッドソックス戦で9イニングでのノーヒット・ノーランを達成。ただ、このゲームはレイズも無得点だったことから、延長のオートマティック・ランナーのいる戦いに突入。結果、3-2でレイズが勝利しました。よって、ノーヒット・ノーランとは記録されないことに。

メッツのコンバインド

 今回のコンバインド・ノーヒット・ノーランはノーヒット・ノーランとしては非常に苦心したものでした。球数159球というのは、ノーヒット・ノーランの中でもかなり多い記録となります。BB6というのはフィリーズ打線に対していかに慎重に投球したか?がわかる数字になっています。ちなみに、下記のBFとはBatter Facedで対戦した打者の人数となります。

PitchingIPBBSOBFPit
タイラー・メギル5351888
ドリュー・スミス1.114536
ジョーリー・ロドリゲス120417
セス・ルーゴ0.20025
エドウィン・ディアス103313
Total9.061232159
2022年4月29日 フィリーズ戦のノーヒッターの投手ログ

過去のコンバインドで最多は6名 

 コンバインド・ノーヒット・ノーランで過去最多は6人のリレー。これが2度達成されています。直近の分から記載してみます。

(1)2012年6月8日のマリナーズ

 2012年6月8日のドジャース@マリナーズ戦で、マリナーズがドジャースを1-0のスコアで下し、6名のリレーでコンバインド・ノーヒッターを達成。実に小刻みにつなぎました。

PitchersIPBBSOBFPit
ケビン・ミルウッド6161868
チャーリー・ファーブッシュ0.201310
スティーブン・プライアー0.121315
ルーカス・リットキー0.10013
ブランドン・リーグ0.20129
トム・ウィルヘルムセン10039
Total9.03930114
2012年6月8日のマリナーズのコンバインド・ノーヒッター
Los Angeles Dodgers at Seattle Mariners Box Score, June 8, 2012 | Baseball-Reference.com
Seattle Mariners beat Los Angeles Dodgers (1-0). Jun 8, 2012, Attendance: 22028, Time of Game: 2:48. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, p...

(2)2003年6月11日のアストロズ

 もう1ゲームは、2003年6月11日のアストロズ@ヤンキース戦。スコアは8-0でアストロズが勝利。ご覧の面々でつないでいます。懐かしい名前がありますよ。

PitchersIPBBSOBFPit
ロイ・オズワルド102321
ピーター・マンロー2.2321357
カーク・サールース1.101416
ブラッド・リッジ202623
オクタビオ・ドーテル104420
ビリー・ワグナー102314
Total9.031333151
2003年6月11日のアストロズのコンバインド・ノーヒッター
Seattle Mariners at Houston Astros Box Score, August 3, 2019 | Baseball-Reference.com
Houston Astros beat Seattle Mariners (9-0). Aug 3, 2019, Attendance: 37059, Time of Game: 3:02. Visit Baseball-Reference.com for the complete box score, play-b...

 今回のメッツのコンバインドは四球も奪三振も多かったので、かなり球数も増えたと思います。

 それにしてもこれだけ、苦心して大記録を達成すれば、メッツの団結力はますます強くなり、ちょっと手がつけられなくなるかもしれませんね。

 なお、現地2022年4月30日のGame2ではフィリーズが4-1で勝利し、1勝1敗。もしも現地2022年5月1日のGame3でメッツが勝利するようなことになれば、開幕から7カード連続で勝ち越しということに。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました