スポンサーリンク

【MLB2019】「王者感」アストロズ、新戦力のA・サンチェス、J・ビアジーニがコンバインド・ノーヒットノーランを達成

MLB 記録と賞

アストロズ、TDL後一気に王者感!

ザック・グレインキ、アーロン・サンチェス、ジョー・ビアジーニ、マーティン・マルドナードがトレードデッドラインで加入したアストロズ。

先発ローテーションの中心であるジャスティン・バーランダー、ザック・グレインキ、ゲリット・コールの3人が、かつてのブレーブスのジョン・スモルツ、グレッグ・マダックス、トム・グラビンの3枚を彷彿とさせるとまで言われております。

アーロン・サンチェスがデビュー戦でヒットレス

そんなアストロズですが、現地2019年8月3日、マリナーズ相手に複数人で達成するコンバインド・ノーヒットノーランを達成。

今季3勝14敗と負けが混んでいたアーロン・サンチェスにも待望の4勝目が入っています。

アーロン・サンチェス(6回)→ウィル・ハリス(7回)→ジョー・ビアジーニ(8回)→クリス・デベンスキー(9回)の4人でのリレーです。

アーロン・サンチェス(Aaron Sanchez )は初回、先頭打者のマレックス・スミスを空振り三振に仕留める移籍後上々のスタートを切った後、リズムに乗りました。

出したランナーは初回のオマール・ナルバレスへの死球、4回のダニエル・ボーゲルバックへの四球、6回のマレックス・スミスへの四球の3人だけ。

MAX94mph(151.27kmh)のファストボールと最遅79.2mph(127.46kmh)のカーブで緩急を使い、マリナーズ打線を寄せ付けませんでした。

グランドボール・アウト5、フライ・アウト7、奪三振6、与四球2、与死球1。

ブルペンも好リレー

2番手のウィル・ハリス(Will Harris)はドミンゴ・サンタナに四球を1つ出すも後続をダブルプレーで斬って取り3人で終了。

8回、3番手のジョー・ビアジーニ(Joe Biagini)も四球を1つ出しましたが、打者3人で斬って取りお役御免。

最後はクリス・デベンスキー(Chris Devenski)がカイル・シーガー、オマール・ナルバレス、ダニエル・ボーゲルバックの中軸を3人で打ち取りゲームセット。

見事、コンバインドNO-NOを達成しました。

捕手はマーティン・マルドナードですね。

ジョー・ビアジーニの活躍を見ると、ルール5ドラフトの有用性を感じますね。

圧倒的な打撃力でマリナーズを粉砕

この日のアストロズは初回にマイケル・ブラントリーのタイムリーダブルなどで3得点、中盤にホセ・アルトゥーベのHRなどでさらに加点。終盤にもマイケル・ブラントリーのタイムリーなどで計9得点。

打線が協力なのでピッチャーは腕も振れるし、打線もピッチャーへの信頼感があるので圧を感じることなくバットが振れるという好循環を作っています。

アストロズのチーム打撃成績

(現地2019年8月3日時点)

  • チーム打率: .272 (MLB2位)
  • チーム安打数:1,046(MLB2位)
  • チーム本塁打数:186 (MLB3位、ア・リーグ2位)
  • チームRBI :579 (MLB5位、ア・リーグ4位)
  • チームOBP: .347 (MLB1位)
  • チームSLG: .482 (MLB2位)
  • チームOPS: .837(MLB2位)
  • 取得BB:427(MLB2位、ア・リーグ1位)
  • チームトータルベース(TB):1854 (MLB3位)
  • チームエクストラベースヒット(XBH):419(MLB3位)

ゲームは9−0でアストロズが勝利。

BOX SCORE

アストロズ、王者感が出てきました。2017年WSチャンプ、2018年はALCSでレッドソックスに競り負け、そして2019年、再度WSチャンプへチャレンジ。

それに向けての戦力が整っていますね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 匿名 より:

    ストローマン、バウアーがちょっとイマイチな中まさかの大活躍
    たしか昨日のマイリーも途中までノーヒッターだったのであまり期待せずにいましたがやり遂げましたね

    • hirotee より:

      匿名様
      コメントありがとうございました。
      そうですね。ストローマンもバウアーも結果は出せませんでしたね。ストローマンはアクロバティックなよいプレーがありましたし、バウアーは結構アトランタのお客さんをざわつかせたのでよかった点もあったなと思います。
      アストロズ、ほんとうにピッチャーがいいですね。
      コメントありがとうございました!

NEW

【MLBトレード2021】ハビアー・バイエスはトレバー・ウィリアムスとともにメッツへ
【MLBトレード2021】クリス・ブライアントはジャイアンツへ
【MLBトレード2021】マックス・シャーザーとトレイ・ターナーがドジャースへ!
【MLBトレード2021】ヤンキース、ジョーイ・ギャロを獲得!
【MLBトレード2021】マリナーズ、左腕のタイラー・アンダーソンを獲得
 【MLBトレード2021】ケンダール・グレイブマンがアストロズへ
【MLB2021】大谷選手が5勝目!全てやってのけ、最後が100mphピッチ(追記あり)
【MLBトレード2021】アスレチックス、カブスから左腕のアンドリュー・チェイフィンを獲得
【MLB2021】大谷選手が35号!98試合目で早くも区切りの数字
【MLBトレード2021】パドレスが注目のアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2021】エンゼルスのパトリック・サンドバルが9回1アウトまでNO-NO!
【MLB2021】ラファエル・デバース、24才の若さでキャリア100HR
【東京五輪2021】ドミニカ共和国のロスターと野球のスケジュール
【MLB2021】出ずっぱりの大谷選手、スタメン回避へ ! 今季3試合目のOFF
【MLBトレード2021】これはサプライズ!メッツが左腕のリッチ・ヒルを獲得
【MLB】インディアンスの新ニックネームはGuardians(ガーディアンズ)に決定
【MLBトレード2021】レイズがツインズからネルソン・クルーズをトレードで獲得!ポストシーズンにロックオン!
【MLB2021】ヤーミン・メルセデスが引退騒動!その真意とは?(追記あり)
【MLBリハビリ】クリス・セール、復帰へ大きな一歩!マイク・トラウトはベースランニング開始
【MLB2021】大谷選手、今季最高の投球!A’sはビューティフル・リレーで流れを阻止し、後半に逆転
タイトルとURLをコピーしました