スポンサーリンク

【MLB2019】「王者感」アストロズ、新戦力のA・サンチェス、J・ビアジーニがコンバインド・ノーヒットノーランを達成

アストロズ、TDL後一気に王者感!

ザック・グレインキ、アーロン・サンチェス、ジョー・ビアジーニ、マーティン・マルドナードがトレードデッドラインで加入したアストロズ。

先発ローテーションの中心であるジャスティン・バーランダー、ザック・グレインキ、ゲリット・コールの3人が、かつてのブレーブスのジョン・スモルツ、グレッグ・マダックス、トム・グラビンの3枚を彷彿とさせるとまで言われております。

アーロン・サンチェスがデビュー戦でヒットレス

そんなアストロズですが、現地2019年8月3日、マリナーズ相手に複数人で達成するコンバインド・ノーヒットノーランを達成。

今季3勝14敗と負けが混んでいたアーロン・サンチェスにも待望の4勝目が入っています。

アーロン・サンチェス(6回)→ウィル・ハリス(7回)→ジョー・ビアジーニ(8回)→クリス・デベンスキー(9回)の4人でのリレーです。

アーロン・サンチェス(Aaron Sanchez )は初回、先頭打者のマレックス・スミスを空振り三振に仕留める移籍後上々のスタートを切った後、リズムに乗りました。

出したランナーは初回のオマール・ナルバレスへの死球、4回のダニエル・ボーゲルバックへの四球、6回のマレックス・スミスへの四球の3人だけ。

MAX94mph(151.27kmh)のファストボールと最遅79.2mph(127.46kmh)のカーブで緩急を使い、マリナーズ打線を寄せ付けませんでした。

グランドボール・アウト5、フライ・アウト7、奪三振6、与四球2、与死球1。

ブルペンも好リレー

2番手のウィル・ハリス(Will Harris)はドミンゴ・サンタナに四球を1つ出すも後続をダブルプレーで斬って取り3人で終了。

8回、3番手のジョー・ビアジーニ(Joe Biagini)も四球を1つ出しましたが、打者3人で斬って取りお役御免。

最後はクリス・デベンスキー(Chris Devenski)がカイル・シーガー、オマール・ナルバレス、ダニエル・ボーゲルバックの中軸を3人で打ち取りゲームセット。

見事、コンバインドNO-NOを達成しました。

捕手はマーティン・マルドナードですね。

ジョー・ビアジーニの活躍を見ると、ルール5ドラフトの有用性を感じますね。

圧倒的な打撃力でマリナーズを粉砕

この日のアストロズは初回にマイケル・ブラントリーのタイムリーダブルなどで3得点、中盤にホセ・アルトゥーベのHRなどでさらに加点。終盤にもマイケル・ブラントリーのタイムリーなどで計9得点。

打線が協力なのでピッチャーは腕も振れるし、打線もピッチャーへの信頼感があるので圧を感じることなくバットが振れるという好循環を作っています。

アストロズのチーム打撃成績

(現地2019年8月3日時点)

  • チーム打率: .272 (MLB2位)
  • チーム安打数:1,046(MLB2位)
  • チーム本塁打数:186 (MLB3位、ア・リーグ2位)
  • チームRBI :579 (MLB5位、ア・リーグ4位)
  • チームOBP: .347 (MLB1位)
  • チームSLG: .482 (MLB2位)
  • チームOPS: .837(MLB2位)
  • 取得BB:427(MLB2位、ア・リーグ1位)
  • チームトータルベース(TB):1854 (MLB3位)
  • チームエクストラベースヒット(XBH):419(MLB3位)

ゲームは9−0でアストロズが勝利。

BOX SCORE

アストロズ、王者感が出てきました。2017年WSチャンプ、2018年はALCSでレッドソックスに競り負け、そして2019年、再度WSチャンプへチャレンジ。

それに向けての戦力が整っていますね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

  1. 匿名 より:

    ストローマン、バウアーがちょっとイマイチな中まさかの大活躍
    たしか昨日のマイリーも途中までノーヒッターだったのであまり期待せずにいましたがやり遂げましたね

    • hirotee より:

      匿名様
      コメントありがとうございました。
      そうですね。ストローマンもバウアーも結果は出せませんでしたね。ストローマンはアクロバティックなよいプレーがありましたし、バウアーは結構アトランタのお客さんをざわつかせたのでよかった点もあったなと思います。
      アストロズ、ほんとうにピッチャーがいいですね。
      コメントありがとうございました!

NEW

【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
【MLB2022】「開幕12戦」オリオールズに変化の兆し!シャットアウト勝利がMLBトップタイの3勝!
タイトルとURLをコピーしました