スポンサーリンク

【MLB2020】「大量得点の日」ブレーブスが29得点、ブルワーズが19得点を計上

MLB 記録と賞

ATL、1900年以来のNLレコードの得点

 やはり2020シーズンは一筋縄では行きませんね! 

 現地2020年9月9日、この日は大量得点のゲームが2試合もありました。そのうちの1つ、マーリンズ@ブレーブス戦ではブレーブスが1900年以来のナ・リーグ得点記録となる29得点をマーク。最後は悲鳴が聞こえてきそうな展開となりました。

ブレーブス 29, マーリンズ 9

 まず、ブレーブスのゲームですが、マーリンズ先発のパブロ・ロペス、ブレーブス先発のトミー・ミローンが初回はともにランナーを1人ずつ出しつつも、無得点に抑える静かな立ち上がり。まさか、この後に荒れた展開になるとは思えませんでした。

ブレーブス、2回に11得点 

 先制したのはマーリンズで、2回表にジャズ・チザム(Jazz Chisholm)の3塁打などで、2点を奪います。

 ところが、2回裏、ブレーブスは先頭のダンスビー・スワンソンのシングルをきっかけに、四球を絡めて、内野ゴロの間と犠牲フライで2点を奪い、同点に。そして2アウトから3本のタイムリーシングルと、3本のHRで9得点。怒涛の攻撃となりました。この回一挙に11得点で早々にゲームを決めました。

5回を終えて22-8

 ブレーブスは3回以降も攻撃の手を緩めず、5回を終えた時点でスコアは22-8。マーリンズもトミー・ミローンから2本のHRを放ち、8得点を上げたのですが、ブレーブス打線に応戦するのが精一杯。

7回、25得点にグランドスラムが加わる

 スコア25-9で迎えた7回裏、ブレーブスはアダム・デュバルがなんとグランドスラム。もう悲鳴が聞こえてきそうなとどめの一発でした。これで29得点。

 計4時間14分もかかったこのゲームは29-9でブレーブスが圧勝しました。

• Box score

NLレコードの得点記録

 ブレーブスが上げた29得点は、1900年以来ナ・リーグでは最多となる得点記録となりました。過去、もっと得点を上げたゲームがあるかと思っていたのですが、ナ・リーグではこれが1試合での最多得点。

 ではメジャーの1試合最多得点はいくつかというと、30得点。なんと1得点差でした。これはごく最近のゲームで、2007年8月22日のレンジャーズvsオリオールズ戦の30-3。レンジャーズがオリオールズを下したゲームでした。

 29得点はもちろん、ブレーブスのフランチャイズ・レコード。それまでは1957年9月2日のカブス戦で上げた23得点でした。

アダム・デュバルが3HR

 もっともインパクトのある活躍をしたのが、7番LFでスタメン出場したアダム・デュバルで、4打数3安打、3HR、9RBI。2回裏に2ランHR、5回裏に3ランHR、7回裏にグランドスラムを放ちました。もしあと1本ソロHRが出れば、1-2-3-4となるところだったのに惜しかったです。

フレディー・フリーマンが1500安打

 そして大量得点とアダム・デュバルの活躍に埋もれてしまいましたが、フレディー・フリーマンが1500安打を放っています。おめでとうございます。

ジョーダン・ヤマモト、13失点

 この日、マーリンズ投手陣の中で最も打ち込まれたのが2番手でマウンドに上がったジョーダン・ヤマモト。2回途中からマウンドに上がり、2.2イニングで被安打11、失点13、自責点11、被本塁打がなんと4本。

 ヤマモト、次に立ち上がれるか心配になる出来でした。

 もう1ゲーム、大量得点のゲームがありました。

ブルワーズ 19、タイガース 0

 コメリカで行われたブルワーズ@タイガース戦も荒れた展開に。

マシュー・ボイド、3回7失点

 タイガース先発は、エース格のマシュー・ボイドだったのですが、今季の調子の悪さがそのまま出てしまったような登板となってしまいました。

 マシュー・ボイドは3回を投げて、被安打8、失点7、自責点7、与四球4、奪三振2、被本塁打2。

 5回を終えてブルワーズが7−0とリードしたところでもうゲームが決まってしまったような状態でした。

ジェド・ジョーコが2HR

 ブルワーズはジャスティン・スモークが退いて以来、1Bを守っていますが、この日は2HR。今季は好調ですね。

 その他、オーランド・アルシアが6−4、ルイス・ウリアスが6-3、5 RBIと活躍しました。

コービン・バーンズ、7回1ヒッター、11SO

 なにより、ブルワーズ先発のコービン・バーンズが7回を1ヒッター、11奪三振の快投を見せたことがブルワーズにとっては糧になりそうです。

 • Box score

 たまにこのような当たり前から逸脱するようなとんでもないゲームを見ることができるのもメジャー・リーグの魅力でもありますね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

 

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました