スポンサーリンク

【ナショナルズ ニュース2019】まるでU22オールスター!ソト、ロブレス、キーブーム(弟)が同じゲームでHR

MLB史上初!U22の3選手が同日にHR

現地2019年4月28日の出来事になりますが、ナショナルズのヤングスターの3選手がMLB史上初の快挙を成し遂げています。

フアン・ソト(20才)、ビクター・ロブレス(21才)、カーター・キーブーム(21才)。

これら22才以下の3選手が28日のパドレス戦で同日にHRを放ちました!

22才以下の選手が同じゲームで3人がHRを放ったというのはMLB史上初の快挙です。

ハーパーが出ていき、攻撃力が落ちると思いきやむしろ上がっています!

Padres 6, Nationals 7 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Padres vs. Nationals at Nationals Park

3人のHR

まずその3人のHRを見ていただきましょう。

お客さんも盛り上がっていますね。

ナショナルズは先発のジェレミー・ヘリクソンが立ち上がりに打たれ、3回表を終わって0−6の大量ビハインドの状況でした。

まず3回裏に狼煙の一発を上げたのはフアン・ソト。

ランナー2人を置いてセンターへ3ランHR。ソトの打撃はきれいですね。これで3−6に。

次にHRを放ったのはビクター・ロブレス。4−6と2点差になっていた4回裏、ソロHRを放って5−6と1点差に。

そして、5回裏、カーター・キーブーンがソロHRを放ち6−6の同点に追いついたのでした。

若手3人のHR攻勢なのでこれはチームに勢いが出ますね。

それぞれ3人を見ていきたいと思います。

フアン・ソトの2019

Juan Soto Stats | Baseball-Reference.com
2021: 29 HR, .313 BA (2nd), 95 RBI (10th),Career: 98 HR, .301 BA, 312 RBI, OF, AllStar, Nationals 2018-2021, b:L/t:L, 1x BA Leader, born in Dominican Republic. ...

フアン・ソトはもう有名ですね。2018年デビューの左投げ左打ちの外野手。日米野球にも来てくれました。そして2018ROY得票で2位に入りましたね。

2019年は現地2019年4月28日時点で打率.255、OBP .376、SLG .490、HR 6、RBI 22、盗塁3。

ビクター・ロブレスとは

ビクター・ロブレスは1997年5月19日、ドミニカ共和国生まれのまもなく22才になる外野手。右投げ右打ちです。

デビューは2017年ですが、At bat(打数)が130以内がルーキーステータスの要件で、ロブレスは2017年が24、2018年が59でしたので2019年はまだルーキーステータスのままです。

2019年は打率.265、OBP.308、SLG .480、HR 4、RBI 11。盗塁7は現地2019年4月28日時点でナ・リーグトップ。もういわゆる走る、当てる、飛ばす、守る、肩が良いの5ツールですね。

カーター・キーブーム

カーター・キーブームは1997年9月3日生まれの21才。2016年ナショナルズの1巡目指名の選手。右投げ右打ちのショートストップです。

正SSのトレイ・ターナーがバントで指を詰めて骨折となったことから上に上がってきました。

2019年4月26日のMLBデビューです。

Carter Kieboom Stats | Baseball-Reference.com
2021: 6 HR, .207 BA, 20 RBI,Career: 8 HR, .197 BA, 31 RBI, 3B/SS, Nationals 2019-2021, b:R/t:R, born in GA 1997

兄は捕手のスペンサー・キーブーン

そしてお兄さんもナショナルズでプレー。捕手で2016年にMLBデビュー。2018年には52試合に出場。

2019年は捕手枠の関係で現時点ではマイナーですが、40人枠には入っています。

ちなみにトレイ・ターナーがナッツに入ったトレード

現ナショナルズの正SSのトレイ・ターナーがナショナルズに入ったトレードも調べましたので、記載しておきたいと思います。

トレイ・ターナーはもともとは2014年のパドレスの1巡目指名。

2014年12月のパドレス-ナショナルズ-レイズ間で起こった三角トレードの後日指名の選手としてナショナルズに移籍していました。後日指名が明らかとなったのが2015年の6月5日のことです。

ウィル・メイヤーズがパドレスに動いたトレードでナショナルズに入ったという経緯がありました。これはちょっと余計な情報でしたが。

2014年12月のトレード

SDP→WSHSDP→TBR
・後日指名の選手→トレイ・ターナー
・ジョー・ロス
・ジェイク・バウアーズ
・リーン・リベラ
・バーチ・スミス
TBR→SDPWSH→TBR
・ホセ・カスティーヨ
・ライアン・ハニガン
・ウィル・メイヤーズ
・トラビス・オット
・スティーブン・ソウザ・Jr.

ナショナルズの期待の3人、これからも注目ですね!!

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
【ワールドシリーズ 2022】ヨルダン・アルバレスが逆転3ラン!アストロズ、確かな強さでWSチャンプ!
【MLB Awards】2022シーズンのゴールドグラブ賞にもユーティリティー!ガーディアンズから最多4名が選出!(追記あり)
【2022プレーヤーズ・チョイス】ジャッジ、ゴールドシュミット、JV、サンディー・アルカンタラらが受賞
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが再三のピンチを凌いで1点差勝利!シリーズ王手へ!JVがWS初勝利!
【ワールドシリーズ 2022】アストロズが痛烈にリベンジ!コンバインド・ノーヒッターで2勝2敗に
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、5HRで7−0シャットアウト!地元で大声援!
【MLB 2023】ホワイトソックスの新監督はロイヤルズのベンチコーチ、ペドロ・グリフォルに決定(追記あり)
【MLB 2023】ロイヤルズの新監督はレイズのベンチ・コーチ、マット・クアトラーロに決定!
【ワールドシリーズ 2022】フィリーズ、細かいミスが重なり、初回に3失点!打線もF・バルデスに苦戦し、1勝1敗に
タイトルとURLをコピーしました