スポンサーリンク

【ナショナルズ ニュース2019】まるでU22オールスター!ソト、ロブレス、キーブーム(弟)が同じゲームでHR

MLB史上初!U22の3選手が同日にHR

現地2019年4月28日の出来事になりますが、ナショナルズのヤングスターの3選手がMLB史上初の快挙を成し遂げています。

フアン・ソト(20才)、ビクター・ロブレス(21才)、カーター・キーブーム(21才)。

これら22才以下の3選手が28日のパドレス戦で同日にHRを放ちました!

22才以下の選手が同じゲームで3人がHRを放ったというのはMLB史上初の快挙です。

ハーパーが出ていき、攻撃力が落ちると思いきやむしろ上がっています!

Padres 6, Nationals 7 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Padres vs. Nationals at Nationals Park

3人のHR

まずその3人のHRを見ていただきましょう。

お客さんも盛り上がっていますね。

ナショナルズは先発のジェレミー・ヘリクソンが立ち上がりに打たれ、3回表を終わって0−6の大量ビハインドの状況でした。

まず3回裏に狼煙の一発を上げたのはフアン・ソト。

ランナー2人を置いてセンターへ3ランHR。ソトの打撃はきれいですね。これで3−6に。

次にHRを放ったのはビクター・ロブレス。4−6と2点差になっていた4回裏、ソロHRを放って5−6と1点差に。

そして、5回裏、カーター・キーブーンがソロHRを放ち6−6の同点に追いついたのでした。

若手3人のHR攻勢なのでこれはチームに勢いが出ますね。

それぞれ3人を見ていきたいと思います。

フアン・ソトの2019

Juan Soto Stats | Baseball-Reference.com
2021: 29 HR, .313 BA (2nd), 95 RBI (10th),Career: 98 HR, .301 BA, 312 RBI, OF, AllStar, Nationals 2018-2021, b:L/t:L, 1x BA Leader, born in Dominican Republic. ...

フアン・ソトはもう有名ですね。2018年デビューの左投げ左打ちの外野手。日米野球にも来てくれました。そして2018ROY得票で2位に入りましたね。

2019年は現地2019年4月28日時点で打率.255、OBP .376、SLG .490、HR 6、RBI 22、盗塁3。

ビクター・ロブレスとは

ビクター・ロブレスは1997年5月19日、ドミニカ共和国生まれのまもなく22才になる外野手。右投げ右打ちです。

デビューは2017年ですが、At bat(打数)が130以内がルーキーステータスの要件で、ロブレスは2017年が24、2018年が59でしたので2019年はまだルーキーステータスのままです。

2019年は打率.265、OBP.308、SLG .480、HR 4、RBI 11。盗塁7は現地2019年4月28日時点でナ・リーグトップ。もういわゆる走る、当てる、飛ばす、守る、肩が良いの5ツールですね。

カーター・キーブーム

カーター・キーブームは1997年9月3日生まれの21才。2016年ナショナルズの1巡目指名の選手。右投げ右打ちのショートストップです。

正SSのトレイ・ターナーがバントで指を詰めて骨折となったことから上に上がってきました。

2019年4月26日のMLBデビューです。

Carter Kieboom Stats | Baseball-Reference.com
2021: 6 HR, .207 BA, 20 RBI,Career: 8 HR, .197 BA, 31 RBI, 3B/SS, Nationals 2019-2021, b:R/t:R, born in GA 1997

兄は捕手のスペンサー・キーブーン

そしてお兄さんもナショナルズでプレー。捕手で2016年にMLBデビュー。2018年には52試合に出場。

2019年は捕手枠の関係で現時点ではマイナーですが、40人枠には入っています。

ちなみにトレイ・ターナーがナッツに入ったトレード

現ナショナルズの正SSのトレイ・ターナーがナショナルズに入ったトレードも調べましたので、記載しておきたいと思います。

トレイ・ターナーはもともとは2014年のパドレスの1巡目指名。

2014年12月のパドレス-ナショナルズ-レイズ間で起こった三角トレードの後日指名の選手としてナショナルズに移籍していました。後日指名が明らかとなったのが2015年の6月5日のことです。

ウィル・メイヤーズがパドレスに動いたトレードでナショナルズに入ったという経緯がありました。これはちょっと余計な情報でしたが。

2014年12月のトレード

SDP→WSHSDP→TBR
・後日指名の選手→トレイ・ターナー
・ジョー・ロス
・ジェイク・バウアーズ
・リーン・リベラ
・バーチ・スミス
TBR→SDPWSH→TBR
・ホセ・カスティーヨ
・ライアン・ハニガン
・ウィル・メイヤーズ
・トラビス・オット
・スティーブン・ソウザ・Jr.

ナショナルズの期待の3人、これからも注目ですね!!

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】大谷選手がコペックと投げ合う!5.2イニング、11奪三振で7勝目をマーク
【MLB2022】一旦は野球から離れた2013年全体1位のマーク・アペルがついにMLBデビューへ
【MLBトレード2022】マリナーズ、ロイヤルズからカルロス・サンタナを獲得
【MLB2022】アストロズ、強い!今度はメッツを粉砕!フランバーが粘りの投球!
【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に(追記あり)
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
タイトルとURLをコピーしました