スポンサーリンク

【MLBスプリング2019】ナショナルズ、今季は強打の予感!7HRでメッツに完勝

ナショナルズ、ベテランがいいです!

28日の開幕まで2週間を切りました。

現地2019年3月15日、ナ・リーグ東地区のライバル同士の対戦、ナショナルズ@メッツのグレープフルーツ・リーグの対戦が行われ、ナショナルズが新打線でメッツの投手陣を粉砕!

7HR、11得点で完勝しました。

Nationals 11, Mets 3 (Final Score) on MLB Gameday
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone info, and Statcast data for Nationals vs. Mets at First Data Field

ハーパーの抜けた穴を複数で埋める

ブライス・ハーパーが抜けたナショナルズ。やはり得点力が心配になりますが、スーパースターが抜けた大きな穴を、仕事のできる中堅でカバーしていく形がで出来上がってきています!

7HR

まずはこの日飛び出した7HRを見ていただきましょう。

  1. アダム・イートン(1回表)S・マッツ
  2. ヤン・ゴームズ(1回表)S・マッツ
  3. アンソニー・レンドン(2回表)S・マッツ
  4. ライアン・ジマーマン(2回表)S・マッツ
  5. ヤン・ゴームズ(3回表)E・ハンホルド
  6. アンソニー・レンドン(4回表)E・ディアス
  7. マット・アダムス(4回表) E・ディアス

アダム・イートンの復活は大きい

Adam Eaton Stats | Baseball-Reference.com
2021: 6 HR, .201 BA, 30 RBI,Career: 66 HR, .276 BA, 319 RBI, OF, WhiteSox/Nationals/... 2012-2021, b:L/t:L, born in OH 1988, Spanky

ナショナルズのリードオフはアダム・イートン(Adam Eaton)。

そのイートンがゲーム開始直後に素晴らしい当たりのHRを放ちました。これが口火となりましたね。

2017年にトップ・プロスペクトのルーカス・ジオリト(現CWS)を放出してまで獲得したアダム・イートン。さあ、これからというときに膝十字靭帯を損傷し、シーズンエンド。

2018年は打率.301、OBP.394、二塁打18本を放つも、95試合のみに出場に終わっておりました。

2019年がようやくシーズン開始からフルに働ける状態になっており、彼が機能するかどうかはナショナルズにとっても非常に大きな存在なだけに、今スプリングトレーニングの22打数7安打、3HR、打率.318は心強い進捗ですね(現地2019年3月15日の数字)。

新戦力ヤン・ゴームズが2発

そしてウィルソン・ラモスを放出して獲得したヤン・ゴームズ(Yan Gomes)がこの日は2HR。

新戦力の活躍は嬉しいですね。ゴームズはこのゲームを終わった時点で24打数9安打、6RBI、3HR、打率.375です!

同じく新戦力のブライアン・ドージャーはこの日は4-0。今スプリングトレーニングは打率.179とまだ調子が上がってきませんが、膝さえなおればということですね。

アンソニー・レンドンも2発

いまやナショナルズに欠かせなくなっている右の大砲、アンソニー・レンドン(Anthony Rendon)も2HR。

2019年オフはFAとなりますので、今季の活躍は良い契約を得るためには大事な年。徐々にペースも上がってきています。

また、ベテランのライアン・ジマーマンにも一発が出たのはよかったと思います。

大注目の21才、ビクター・ロブレス

この日8番に入った21才のプロスペクト、ビクター・ロブレスは2−0で終わりました。

今スプリングトレーニングは34打数、12安打、2HR、7RBI、打率.353と非常に頑張っています。フアン・ソトとともにナショナルズ打線に活気をもたらせてくれそうです。

S・マッツとE・ディアスが大乱調

メッツ目線から見ますと、ちょっと開幕が不安になるような内容でした。

先発のスティーブン・マッツはご存じの通り、メッツのローテーション左腕です。この日は、2回を投げて被安打7、失点8、与四球1、奪三振1、被本塁打4。

そしてクローザーのエドウィン・ディアスも乱調。4回に登板し、被安打2、失点2、被本塁打2という内容。

よいように考えれば開幕前にいったん疲れが出て調子を落としているだけかもしれません。

しかし、メッツはもたもたするようなチームカラーがありますので、せっかくのオフの大活躍もうまく活かせられない可能性もあり、やや不安ですね。グレープフルーツリーグもここまで9勝11敗。

投手陣は本来は非常によいだけにシーズン開幕から機能するかどうかが、ポイントになりそうです。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】ホワイトソックスのトニー・ラルーサ監督、今季限りの退任へ
【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
タイトルとURLをコピーしました