ブライス・ハーパーの流血騒ぎ(現地2012年5月11日)

何があった!?

ScreenHunter_01 May. 12 23.52
▲流血したハーパー(2012年5月11日:現地) レッズ戦

いきなりの衝撃画像です。

新しいカードになり、今日からシンシナティに移動して、レッズとの3連戦です。この日も5番に座ったハーパー。

前日同様ライトを守りました。怪我をしたワースの代わりにライトです。

打線が爆発

好調のナショナルズ、この日は初回から打線が爆発!

1番デズモンド(Desmond)のシングルを皮切りに、2番のベルナディーナ(Bernadina)が2ランホームラン!3番ジマーマン(Zimmerman, R)四球のあと、4番ラローシュ(LaRoche, Ad)の2塁打と、いきなりの3点を先制!

さらに、2回から4回まで得点を重ね7点を計上し、序盤でゲームを決めてしまう好調ぶり。

そんな波に乗るチームをよそに、ハーパーはというと・・・・

ハーパーは蚊帳の外

1回表

3回表

4回表

7回表

9回表

見逃し三振

CF フライ

空振り三振

1B ゴロ

見逃し三振

得点が入った4回までの打席をいずれも凡退。このゲームは野手でノーヒットだったのはハーパーだけという一人蚊帳の外という状態。

暴れてしまいました!!

とても真面目で、やる気のあるハーパーはそんな自分が許せなかったでしょう。7回の打席で凡退した後、

Bryce Harper vents some frustration by swinging a bat against a wall in the dugout

resulting in the bat hitting him in the head
※vent = 〔怒りなどの感情を〕爆発させる

自業自得でした

ブライス・ハーパーは、フラストレーションを爆発。ダグアウトの壁をバットで殴り、それが跳ね返って自分の頭を直撃!!という訳で、流血となったようです。

いやー、ブライス・ハーパー、話題が尽きません(^.^)(さすがにベンチ内のその模様まではカメラで追ってなかったようでその瞬間の動画はありません)

それにしてもナショナルズ、強い!!ナリーグ東地区は、アトランタも好調!!この2チームがともに20勝。勝率でナショナルズが首位です。

お読みいただき、ありがとうございました。

こちらからもご訪問いただくことがあるので

よければ応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ MLB・メジャーリーグへ

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク