スポンサーリンク

【MLB2017】ナショナルズ、ナ・リーグ東地区を制覇!

ナショナルズ

ナショナルズがやりましたね。現地2017年9月10日、両リーグ通じて一番乗りで地区優勝を決めました。

 

当初はドジャースが8月終盤に優勝を決めるか!?と思われたのですが、それまでの勝ち過ぎの反動がでて、ここにきて、現地2017年9月10日の時点でなんと10連敗。

 

ちょっとア・リーグの話しに飛びますが、連日のように記事にしていたインディアンスは10日のゲームにも勝利し、なんと18連勝!

 

インディアンスはまだまだけが人の復帰の要素もあるので、連勝はそのうち途切れるにせよ、このままポストシーズン終了までの1ヶ月半を乗り切るかもしれませんね。

 

さて、ナショナルズですが、143試合目での優勝達成となりました。

 

 

8月と9月にスティーブン・ドリュー、ブライス・ハーパー、ジェイソン・ワースという攻撃陣を怪我で欠いたものの、8月は18勝11敗、9月もここまで7勝3敗と安定した勝ちっぷりをみせてくれています。

 

6月に14勝14敗で調子を落としそうになったものの、負け越しはありません。

 

シーズンを通じて強かったですね。

 

ベテランのライアン・ジマーマンが中心打者として活躍したのが大きかったと思います。現地2017年09月10日時点で、打率.305、HR31、打点95です。

 

そして打率.321のダニエル・マーフィーの存在、固め打ちの得意なアンソニー・レンドンの存在も大きかったです。

 

投手陣はシャーザー、ジオ・ゴンザレス、タナー・ロアーク、スティーブン・ストラスバーグとスターターは言うことなしの好成績ですね。

 

ナッツの長年の課題はやはり試合終盤。特にクローザーの存在です。ショーン・ドゥーリトルを夏に獲得して本当に安定してきました。

 

念願のWS出場なるか!楽しみです。

コメント

NEW

【MLB 2021】大谷選手が2ヶ月連続でプレーヤー・オブ・ザ・マンスを受賞!NLはジョーイ・ボット
【MLB 2021】トレードデッドランのディール一覧(クラブ別)
【MLBトレード2021】カイル・シュワーバーを獲得したレッドソックス、贅沢税の状況は?
【MLBトレード2021】アンソニー・リッゾのディールとヤンキースの贅沢税の状況
【MLBトレード2021】ハビアー・バイエスはトレバー・ウィリアムスとともにメッツへ
【MLBトレード2021】クリス・ブライアントはジャイアンツへ
【MLBトレード2021】マックス・シャーザーとトレイ・ターナーがドジャースへ!
【MLBトレード2021】ヤンキース、ジョーイ・ギャロを獲得!
【MLBトレード2021】マリナーズ、左腕のタイラー・アンダーソンを獲得
 【MLBトレード2021】ケンダール・グレイブマンがアストロズへ
【MLB2021】大谷選手が5勝目!全てやってのけ、最後が100mphピッチ(追記あり)
【MLBトレード2021】アスレチックス、カブスから左腕のアンドリュー・チェイフィンを獲得
【MLB2021】大谷選手が35号!98試合目で早くも区切りの数字
【MLBトレード2021】パドレスが注目のアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2021】エンゼルスのパトリック・サンドバルが9回1アウトまでNO-NO!
【MLB2021】ラファエル・デバース、24才の若さでキャリア100HR
【東京五輪2021】ドミニカ共和国のロスターと野球のスケジュール
【MLB2021】出ずっぱりの大谷選手、スタメン回避へ ! 今季3試合目のOFF
【MLBトレード2021】これはサプライズ!メッツが左腕のリッチ・ヒルを獲得
【MLB】インディアンスの新ニックネームはGuardians(ガーディアンズ)に決定
タイトルとURLをコピーしました