スポンサーリンク

【ATL vs WSH 2013】ストラスバーグ、アクシデント発生で2回緊急降板もC・スタメンがヒットレス・リリーフ

2013 ナ・リーグ東地区首位攻防

こんばんは(^^)

現地2013年5月31日、いよいよナ・リーグ東地区の首位攻防戦、ブレーブス VS ナショナルズの3連戦が始まりました!!!

このゲームが始まる前まで、この地区は星の潰し合いで5割を超えているのはブレーブスだけ。

このまま行けばワイルドカードは間違いなく中地区と西地区のチームの争いになるであろうという状況で、ブレーブスが貯金11で独走しておりました。

ナショナルズとしては、この3連戦で少しでも差をつめておきたいところです。3位のフィリーズもすぐ背後に迫っている状況です。

ブライス・ハーパーは欠場

今年のナショナルズが今ひとつ力を発揮できていない原因は、怪我人による打力の低下が上げられます。

ジェイソン・ワースがいない状況は非常に痛いです。

フェンス衝突の影響

さらに、2013年5月13日のフェンス衝突の影響で、現在左膝痛に苦しんでいるブライス・ハーパーの状態があまりよくないようです。

この首位攻防戦に備え、オリオールズとのインターリーグを欠場しておりましたが、今日もゲームを休みました。まだヒザが痛むようです。

おそらくこの週末の3連戦全てを欠場するであろうと見られております。さらに、首脳陣は思い切ってDLに入れることも考えております。

ブライス・ハーパー、2年目のジンクスがまさかこのようなケガによるコンディションの悪化で訪れようとは、本人もファンもゆめにも思わなかったのではないでしょうか。

今日は内外野をそつなくこなすロンバードージがレフトに入り、ライトにはバーナディーナが入りました。

ストラスバーグが2回降板!!

そして、ナショナルズが苦しんでいるもう一つの原因がストラスバーグ(Strasburg)の不調です。

昨シーズンはイニング制限のある中、15勝6敗でチームを牽引してきた右腕は、今年は完全復活の予定でした。

しかし、いざ蓋を空けてみると、勝ち星に恵まれず、被安打が非常に多いです。

今日のブレーブスとのゲームは、2回裏の登板の際に突然苦痛に顔をゆがめました。 そして2回を投げ切ったところで降板!

降板の理由

ゲーム後、ストラスバーグの早期降板の理由が明らかになりました。良いニュースとしては、今回のアクシデントは肩やヒジの痛みによる降板ではなかったということです。 これは首脳陣もファンもひと安心ですね。

悪いニュースは、腰を傷めたということです。どうりで普段は98マイル(157.7キロ)がバンバン出ているスピードが、今日は90マイル半ばにスピードが落ちていました。

クレイグ・スタメンが完璧リリーフ!■

ストラスバーグの早期降板でピンチに立たされたナショナルズでしたが、2番手のクレイグ・スタメン(Stammen)がこの危機を救いました。緊急登板にもかかわらず、スタメンは3回から6回まで4イニングを完璧に抑えました!!被安打0、与四死球0、奪三振3です!!

【動画】Stammen’s hitless relief(2013年5月31日)

緊急登板となった投手がいい投球をするケースが多いのは、余計なことを考えず必死でゲームに没入するからだという説がありますね。

打たれる心配さえもしないくらい集中しているのかもしれませんね。

ナショナルズはその後を受け継いだタイラー・クリッパード(Clippard)もなんとか1失点で切り抜け、最後はストーレン(Storen)→R・ソリアーノ(Soriano, R)とつなぎ、見事危機を乗り越えました!

フリオ・テヘラン

ブレーブスは期待の若手、フリオ・テヘランTeheran)が登板しました(いい投げ方してますね!!)。

7回2アウトまで投げ、被安打7、失点3、奪三振9という内容で、残念ながら負け投手になってしまいました。3勝2敗です。

デナード・スパンが3安打

打線の方は、ナショナルズのリードオフ、デナード・スパンSpan)が4打数3安打と、いずれも得点にからむ活躍を見せました。チャンスをつかもうとロンバードージ、バーナディーナも活躍しています。

ブレーブス打線は4番のフリーマン(Freeman, F)がストラスバーグから1発を放ちましたが、ゲームを通じて4安打しか放てず、今日は元気がありませんでした。

リキャップです↓

【動画】Recap: WSH 3, ATL 2(2013年5月31日)

明日はジオ・ゴンザレスとティム・ハドソンの投げ合いです!

お読みいただき、ありがとうございましたm(_ _*)m

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました