スポンサーリンク

【INJURY2019】メッツのジェイコブ・デグロム、右肘「悲鳴」でけが人リストに(追記あり)

デグロム、右肘のMRI検査へ

現地2019年4月19日、ちょっと心配なニュースが飛び込んでまいりました。

メッツのローテーションの中心で2018年サイヤング賞右腕のジェイコブ・デグロムが右肘痛のため、現地2019年4月20日のカージナルス戦の先発を回避しました。

MRI検査へ

現地2019年4月20日(土)のカージナルス戦に登板予定だったジェイコブ・デグロムは18日(木)にキャッチボールをしたところ、右肘にはじめて経験するような痛みに襲われたとのことで急遽練習を取りやめ。

そのままニューヨークに戻り、MRIの精密検査を受けることに。

ちょっと重大かもしれません。

2010年にトミー・ジョン手術

ジェイコブ・デグロムのスローイング・アームの故障履歴としては、2010年のトミー・ジョン手術があります(2011年とするメディアもありますが、2010年に手術、2011年全休です)。

また2016年9月に同じ箇所に痛みを発症し、そのままシーズンエンド。この時は神経が傷んでいたようで手術となったものの、2回めのトミー・ジョンではありませんでした。2017年は4月の開幕から投げております。

そして今回のちょっと心配になるニュースです。すべてはMRIの検査結果次第。場合によってはセカンドオピニオンも。

クオリティー・スタートの2019

デグロムは2019年はここまで4ゲームに先発。

特に開幕から2戦連続しての無失点、二桁奪三振はさすがのサイヤング賞投手と思わせる貫禄ぶりでした。

【メッツ2019】ジェイコブ・デグロムが26試合連続クオリティー・スタートを達成!打ってはHR、投げては14K!

  1. 3/28 @WSH: 6.0 IP/ Hit 5/ Run 0/BB 1/ SO 10
  2. 4/3 @MIA: 7.0 IP/ Hit 3/ Run 0/BB 1/ SO 14
  3. 4/9 MIN: 4.0 IP/ Hit 8/ Run 6 /BB 1/ SO3 /HR 3
  4. 4/14 @ATL: 5.0 IP/ Hit 5/ Run 3 /BB 4/ SO9 /HR 2

ところが、ここ2戦はかなり別人の投球。奪三振の少なさからもスピードかコントロールが乱れているのは明らかで、その原因は故障か?との見方もありました。

特に4戦目のブレーブス戦は中4日しか空いておりませんでした。この日のアトランタはゲーム開始時で摂氏19.4℃。ナイトゲームで気温が下がってきましたので、おそらく12−14℃くらいの中での登板だったのではないかと思います。

一桁の中で投げるよりマシですが、ちょっと肘に負担がかかったのかもしれませんね。

ミッキー・キャラウェイ監督は経過はまだわからず、通常の痛みかもしれないとことわった上で、“He’s been under the weather, his elbow is a little barking” 「気温の低い中投げていたので、彼の肘が少し悲鳴を上げている」とコメントしています。

だから、2度のトミー・ジョン手術をしたネイサン・イオバルディが今季ナイトゲームでも半袖で投げるのはやめて欲しいものです。

5年1億3,750万ドルで契約延長したばかり

メッツとデグロムは現地2019年3月26日に今季を含めた5年の契約延長に同意したばかり。5年目の2023年はクラブ・オプション。

もしもトミー・ジョン手術となると、早くて来年後半の復帰になるので、メッツとしてもかなり痛いところです。

いずれにしても検査結果が重要ですね。

追記(現地2019年4月22日)

ジェイコブ・デグロムの続報ですが、MRI検査の結果、肘へのダメージはなかったことが判明しました。ではなぜ痛くなったのか?ですが、ここは詳細は出ておりませんでした。結論だけです。

トミー・ジョン手術は人工的に腱を橋渡しするような施術ですので神経を圧迫したりするのかもしれません。これは推測でしかありません。

22日にはすでにブルペン・セッションが実施されており、24日もブルペンが予定されています。

24日の様子が問題なければ早々に戻ってきそうです。

一番ホッとしているのはワゲネンGMかもしれませんね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB FA 2023】ジャスティン・バーランダーはメッツとサイン。再び、シャーザーとの最強デュオ結成へ!
【MLB 2022 WM】「史上初の開催!」MLB ドラフト・ロッタリーの仕組みとは?
【MLB 移籍 2023】マリナーズがコルテン・ウォンをトレードで獲得!A・トロ、J・ウィンカーがブルワーズへ
【MLB FA 2023】レッドソックス、ブルペン補強でクリス・マーティンを獲得!
【MLB FA 2023】ジェイコブ・デグロムはレンジャーズとサイン!5年/185Mドル保証の大型契約(追記あり)
【MLB 2023 FA】フィリーズからFAのザック・エフリンはレイズと3年契約へ!
【MLB FA 2023】ロッキーズからFAのカルロス・エステベスはジワリと人気!争奪戦は間違いなし(追記:LAAに決定)
【MLB FA 2023】ドジャース、シェルビー・ミラーとメジャー契約!直近6年で3勝も、リリーバーとしての活路を見出す
【MLB FA 2023】1Bサーチのアストロズ、ホセ・アブレイユと3年契約でサイン
【NPB 2023 契約】アリスティデス・アキーノがNPBへ!中日と1年契約でサイン
【MLB FA 2023】ホワイトソックスが先発強化! “サン・シャイン” マイク・クレビンジャーと1年で合意へ
【MLB 2022 ポストシーズン・シェア】チャンプのアストロズに過去最高の516,347ドルのボーナス!
【MLB 2023】パイレーツ、カルロス・サンタナと1年6.725Mでサイン
【MLB2023】ブライス・ハーパーがトミー・ジョン手術。DHなら5月中の復帰もあり
【MLB移籍2023】エンゼルス、トレードでハンター・レンフローを獲得!過去2年で計60HR
【MLB 移籍 2023】まるでパズル!SSがきれいに動いたカイル・ファーマー(MIN)とケビン・ニューマン(CIN)のディールについて
【MLBユニフォーム2023】ツインズが、チームロゴとユニフォームをリニューアル!北極星がきらめく!
【MLB移籍2023】エンゼルスがツインズからジオ・ウルシェラ(Gio Urshela)を獲得したトレードについて
【MLB2022-23】ノンテンダー・デッドラインが到来!今年は衝撃のコディー・ベリンジャーの名が上がる
【MLBトレード2023】元ROYのカイル・ルイスがDバックスへトレード
【MLBアウォード2022】MVPはアーロン・ジャッジとポール・ゴールドシュミットに決定
【MLB 2023 契約】ルール5ドラフトに向けた40manロスターのデッドラインが到来!TBのヤーブローらがDFAに
【MLBプロスペクト】2022 AFL MVPはオリオールズのヘストン・カースタッド(Heston Kjerstad)が受賞
【MLB 移籍/トレード】2023シーズンに向けたクラブ別主要FAプレーヤーリスト
【MLBアウォード2022】シルバースラッガー賞が決定!ジャッジ、トラウトらが受賞
【MLB移籍/FA】2023年に向けたクオリファイング・オファーを受けたのはジャッジ、ボガーツなど計14名(追記:2名が受諾)
【MLB 2023】「天才」デービッド・スターンズ退任後のブルワーズのフロント・オフィス
【MLB契約2023】ブルワーズ、コルテン・ウォンのクラブ・オプションを行使!(追記あり)
【MLB2023FA】レッドソックスのザンダー・ボガーツがオプトアウトを行使し、FA市場へ参戦
【MLB契約2023】メッツ、エドウィン・ディアスと5年/102Mドルで再契約!
タイトルとURLをコピーしました