スポンサーリンク

【MLBニュース2019】レッドソックスのネイサン・イオバルディ、右肘手術で6月までアウト!不幸中の幸いで診断は「ネズミ」

Injury(ケガ)

ネイサン・イオバルディ、一時離脱

現地2019年4月22日の情報です。

20日(日)に、右肘痛のため10 Day ILにリスト入りしたレッドソックスのネイサン・イオバルディですが、右肘手術が決定しました。

”Loose Body”とは「遊離体」

ただし、診断は”loose body in right elbow”で、「右肘関節内遊離体」、俗称「関節ネズミ」です。

“loose body”と書くと「ゆるんだ体」と直訳しそうになりますが、ここでの意味は「遊離体」です。

投球の動きの中で肘の関節はかなりハードな動きをします。その過程で骨や軟骨がこすれて、それが小さな破片となって関節内でちょろちょろと動き回ることから、「ネズミ」と呼ばれます。これが結構痛みを伴うのでやっかいです。

今回は簡易な手術で破片を除去し、経過を見ながら復帰するという流れになりそうで、復帰まで4週間から6週間が見込まれています。

5月はアウトで6月上旬から半ばにかけての復帰になりそうです。

2度のトミー・ジョン手術経験

ネイサン・イオバルディは2018年のプレーオフ・ヒーローですが、2018年もトミー・ジョン手術のリハビリから復帰したシーズンでした。

【イオバルディの2度のトミー・ジョン手術】

  • 2007年:17才 Alvin HS(アルビン・ハイスクール)時代
  • 2016年8月:26才 NYY在籍時代

よって、今回のIL入りのニュースはかなりヒヤヒヤしてしまいましたが、まだ不幸中の幸いで関節ネズミだけで済みました。

2019年は4戦登板で被本塁打6

今季のネイサン・イオバルディは4戦に先発して、21イニング、0勝0敗、ERA6.00、被本塁打が6とかなり打たれておりました。

4月上旬までは気温の低い時期なので参考程度に思っておけばいいかと思いましたが、それにしてもコントロールの甘い投球が多かったです。

西海岸での登板が中心だったものの、寒さの影響と肘の影響があったのかなと思います。

しっかり治して復帰してもらいたいですね。

4人ローテ+オープナー

イオバルディが抜けたことで現時点でのレッドソックスのローテは、セール、プライス、ポーセロ、E・ロドリゲスの4人回しとなっています。

枠の関係で、トリプルAから左腕のボビー・ポイナーを上げましたが、リリーバーとして起用しています。

今季はすでにヘクター・ベラスケスで2度ほどオープナー(と呼ぶには先発のイニングが3回くらいと深いので、微妙なところですが)を使用しているレッドソックス。5人目としてカウントした方が良さそうです。

ただ、もうブルペンが連日の登板なので、さすがに休ませながらシーズンを乗り切ってもらいたいとは思います。

お読みいただき、ありがとうございました。


コメント

NEW

【MLB契約2022】パドレスが”超激レアキャリア”のマット・スウィリーとマイナー契約
【MLB2022】レイズ、タンパとモントリオールでのホーム分割案がMLBから拒絶される
【MLB2022】トリプルAでロボアンパイアー(ABS)開始!
【MLB2022】ドジャースの新GMは37才で元レイズのリリーバー
【MLB】112勝左腕のフランシスコ・リリアーノが引退を表明
【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
タイトルとURLをコピーしました