スポンサーリンク

【MLB2023】大谷選手、右肘UCLを傷めた疑いが濃厚!今季の登板は無くなる!

現段階では詳細は不明

 現地2023年8月23日、今季23度めの登板でレッズ戦のマウンドに上った大谷選手は、2回途中、打者3人めの5球目でマウンドを降りることとなりました。

明らかなベロシティー・ダウン

 腕の疲労ということで8月9日以来の13日を空けての登板でしたが、この日は立ち上がりからオフスピードのボールが中心。

 今季、4シームのアベレージ・ベロシティーが96.8mphをマークしていた大谷選手ですが、この日は21球投げたうち、4シームは7球のみ。その4シームのMAXは1回表にマット・マクレインに投じた94.4mphにとどまりました。

 この4シームをいかに速く見せるかという投球をしていた大谷選手は70mph台のスライダー、スウィーバーを多投。

 この明らかなベロシティー・ダウンは腕によくない兆候ではありました。そして、2回表にクリスチャン・エンカーナシオン=ストランドに投じた94.2mphの4シームを投げた直後、大谷選手に明らかな異変が起き、ベンチから一平さん、ネヴィン監督、トレーナーが飛び出しました。

UCL損傷の疑い

 試合後、GMのペリー・ミネイジアンが会見に臨みました。

 GMの会見では、”between the game”と述べていたことから、Gm1で離脱してからGm2が始まる前に病院に行ったようです。「その診断の結果、残りシーズンの登板はシャットアウト」と発表しています。記者に「UCLか?」と聞かれて、「そうだ」と答えていますが、正確な状態はまだわかっていません。

 UCLがTorn、つまり断裂かどうかは、MRIを撮影して、複数のドクターの所見を聞かないと判断できないところです。ただ、ベロシティー・ダウンは限りなくそれに近い現象だとは言え、まだそうとは決まっておりません。

 現段階で決まったのは今季の登板がレッズ戦で最後になってしまったということだけです。

打者としては出場を継続しそう

 今季の登板が無くなってしまった大谷選手ですが、現地2023年8月23日のレッズとのダブルヘッダーの2試合めにフル出場したように、打者としてはこのまま出場を続けると見て良さそうです。

 ちょうど44号を放ったところでした。

 なお、大谷選手の現地2023年8月23日終了時点の打撃成績は、HR 44本でこれはMLB NO.1。RBI 91は、ALで3位、打率.304もALで3位です。RBIも手の届きそうなところにあるので、2冠もあり得ます。

症状次第で手術も 

 仮にUCL断裂という重い症状で手術を選択する場合、シーズン終了直後に行うはずですから、これから1ヶ月の大谷選手はかなりスケジュールが慌ただしいことに。

 フルのトミー・ジョン手術となった場合、投手なら1年半の離脱。

 打者ならブライス・ハーパーが2022シーズンオフ直後に行い、5月に復帰した例から投手よりも早いとは言え、6−7ヶ月というところになります。

 トレバー・ストーリーのように簡易版ならま1月に手術して8月に復帰した例があります。

オフにFA

 また、大谷選手はこのオフ、FA資格を得ます。トレードデッドラインで動かなかったがゆえに、このオフに動くと注目されていました。

 そして契約が大きな課題となります。これは大谷選手本人でなく、オファーするクラブ側のお話です。

 筆者は二刀流ならこうなるというシナリオを考えていましたが、その想定もこの肘の怪我で崩れそうです。それはまた別の記事で。 

 まだ様子見ということで、いずれにせよ、大谷選手はかなり難しい選択を迫られることになりそうです。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました