スポンサーリンク

【MLB契約延長2019】メッツがジェイコブ・デグロムと5年137.5Mドルで合意

メッツ、サイ・ヤング賞右腕を囲い込み

現地2019年3月26日、開幕前にビッグネームの大きなニュースが入ってきました。

ニューヨーク・メッツは2018年サイ・ヤング賞右腕のジェイコブ・デグロムJacob deGrom)と5年1億3,750万ドルで契約延長に合意しました。

情報としてもオフィシャルになりました。

2019年1月に更新済み

ジェイコブ・デグロムとメッツは現地2019年1月12日に、2019年のサラリーを1年740万ドルで更新済みでした。

今回の契約延長はそれを上書きする内容です。

過去、1年ごとに更新していたデグロム

調べていてわかったことですが、ジェイコブ・デグロムはメジャー契約となって以来、毎年年初に契約を更新していました。

  • 2014年3月:1年 $0.5M
  • 2015年3月:1年 $0.557M
  • 2016年3月: 1年 $0.607M
  • 2017年3月:1年 $ 4.05M
  • 2018年1月: 1年 $7.4M(調停を避けて)
  • 2019年1月 : 1年 $17M (調停を避けて)

特にこの2年ほどはFAをにらんで複数年をあえて避けているのかなと思えるほどでした。

5年$137.5Mの内容

今回の5年$137.5M(1億3,750万ドル)の中身ですが、以下のような内訳になります。

  • まず2020年から2023年までの4年分の延長が$120.5M、これにサイニングボーナスの$10Mが加わり、$120.5M + $10Mで$130.5Mになります。
  • なお、サイニングボーナスは5年にわたって$2Mずつ均等割りで支払われます。
  • さらに長期契約ということで、当初の2019年分の$17Mが$7Mに変更。安くはなりましたが、その代わり前年よりは多いですし、2年め以降がぐんとアップします。この$7Mを加えると、5年$137.5 Mに。
  • 4年めの2022シーズン終了後にオプトアウト(デグロム側が途中解除可)も。
  • また、フル・ノー・トレード条項(契約中は勝手にトレードできない)も含まれています。
  • 2024年はクラブオプションで更新となった場合$32.5Mに。クラブ側が途中解除した場合のバイアウトは入っていない模様。
12019 (31才)$17 M$7M + $2M
2
3
4

5
2020
2021
2022

2023
$23 M+ $2M
$33.5M + $2M
$33.5M + $2M
2022終了後オプトアウト
$30.5M + 2M
62024 (36才)$32.5M 
クラブオプション

追記です。

現地2019年3月27日、ヘイマンさんからの情報によると、支払いはいつになるのか明確ではありませんが、毎年一部が繰り延べ払いになる見込みです。

ザックの繰り延べ払いと違うのは金利がないこと。とある将来、額面が支払われる見込みです。デグロムにとって得かどうかは判断しにくいです。

なお贅沢税の計算は繰り延べ払いがあったとしても関係なく算出されるはずです。

メッツのフランチャイズ史上指折りの高額契約

今回のデグロムの契約はメッツのフランチャイズ史上指折りの高額契約となりました。期間などが違いますが、年俸ベースで行くとデグロムが最高かもしれません。

  1. デービッド・ライト:8年 $138M(@17.25M/年)
  2. ジェイコブ・デグロム: 5年 $137.5M
  3. ヨハン・サンタナ:6年 $137.5M
  4. カルロス・ベルトラン:7年 $119M
  5. ヨエニス・セスペデス:5年 $110M

投手の契約でも上位

投手の延長契約においても、今回の契約はかなりよい内容です。

  • ザック・グレインキ(ARI): 6年 $206.5M(@$34.4M/Year)
  • クレイトン・カーショウ(LAD):3年$93M (@ $31M/Year)
  • デービッド・プライス(BOS):7年 $217M(@ $31M/Year)
  • マックス・シャーザー(WSH):7年 210M (@$30M/Year)
  • クリス・セール(BOS):5年$145M (@$29M/Year)
  • ジャスティン・バーランダー(HOU):2年66M (@$33M/Year)

ジェイコブ・デグロムのキャリア

デグロムはご存じの通り、2018年NLサイ・ヤング賞受賞者。

その他にもこのようなAwardやStatsを残しています。

Jacob deGrom Stats | Baseball-Reference.com
2021: 7-2, 1.08 ERA, 146 SO,Career: 77-53, 2.5 ERA (44th), 1505 SO, P, 2xCy, 2014 NL RoY, 4xAllStar, Mets 2014-2021, t:R, 2x SO Leader, born in FL 1988
  • ROY: 2014年(9勝6敗、ERA 2.69)
  • サイ・ヤング賞 順位:2015年(7位)、2017年(8位)、2018年(1位)
  • オールスター出場: 2度(2015、2018)
  • WAR 1位:2018年(10.1)
  • ERA 1位:2018年(1.70)
  • 15勝以上:1度(2017)
  • 200イニング以上:2度(2017、2018)
  • 200奪三振以上:3度(2015、2017-2018)

Face to Face Meeting

今回、メッツはデグロムと社長とGMでしっかりと将来について話し合ったそうです。

デグロムも年齢としては少し不安もあったでしょうから、こういったコミュニケーションは大事ですね。

ワゲネンGMまたしても金星ですね。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 2022】メッツ、大一番にデグロムとシャーザーで連敗!
【MLB 契約】大谷選手の2023年のサラリーが決定!調停を避けて30Mドルで合意
【MLB 2022】マリナーズ、カル・ラレイの代打ウォークオフHRで2001年以来のプレーオフ進出を決める
【MLB 2022】ニア・ノーヒッターの大谷選手、High-80mph駆使で15勝!投手寿命は明らかに伸びたはず!
【MLB 2022】エンゼルスのローガン・オホッピーが早くもメジャーデビュー!
【MLB 2022】リチャード・ブライアーに3度のボーク判定!メッツ、労せず1点を奪うも反撃の火も消されてしまう(追記あり)
【MLB 2022】パイレーツ、マイケル・チャビスとグレッグ・アレンをDFAに
【MLB 2022】新星ガーディアンズがALセントラルを制覇!総勢16人のルーキーと打ちまくった内野陣
【MLB 2022】マリナーズ、ルイス・カスティーヨと5年/108Mドルで契約延長!2026年まで大投手王国を構築へ!
【MLB 2022】大谷選手、14勝目!ついに200奪三振も達成!200K&30HR以上はもちろん史上初
【MLB 2022】アルバート・プホルズ、2打席連続HRで一気に700号HRを達成!
【MLB 2022】カイル・ブラディッシュ、バーランダーを向こうに回し、9回2アウトまで2ヒッター!
【MLB 2022】アーロン・ジャッジ、トリプル・クラウンのチャンス!ただ今、AL12冠
【MLB 2022】シルバースラッガー賞にユーティリティー・プレーヤー部門が新設
【MLB 2022】マックス・シャーザーが6回パーフェクト!キャリア通算200勝を達成!
【MLB 2022】”サイ・ヤング賞”のデービッド・プライスが2022年で引退を表明
【MLB 2022】ハンター・グリーン、100mphを連発!6イニングで47球!
【MLB 2022】大谷選手が7イニング、スコアレス投球で13勝目!二遊間の堅守も光る!
【MLB 2022】レッドソックス、捕手のケビン・プラウェッキをDFAに
【MLB 2022】「順調に回復!」ジャスティン・バーランダーがまもなく復帰の見込み!(追記あり)
【MLB プロスペクト2022】パイレーツ、またしても怪物を輩出!ルイス・オルティズ、デビュー戦で100mph連発!
【MLBプロスペクト2022】Dバックスの新星、ライン・ネルソン、パドレスの次はドジャースをねじ伏せる!
【MLB 2022】ブレーブス、SEAにサヨナラ勝利を許すも、9回表2アウトから4点差を跳ね返し逆転する粘りを見せる
【MLB 2022】プホルズの697号は劇的逆転2ランHR!
【MLB 2022】大谷選手、5回7Kで12勝目!自己最速の101.4mphをマーク!
【MLB 2022】”ナッツ期待の捕手”、ケイバート・ルイーズが急所直撃で今季残り試合は欠場の見込み
【MLBルール変更2023】ピッチ・タイマー、シフト・リストリクション、ビガー・ベースなど3つの変更点の詳細
【MLB 2022】フィリーズのエドムンド・ソーサが2試合で 2HR&2ダブル!守備でも華麗なタッチを披露!
【MLB 2022】首位メッツがパイレーツに敗戦。開幕以来初めてブレーブスに並ばれる(追記あり)
【MLB 2022】レッドソックス、キケ・ヘルナンデスと1年/10Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました