スポンサーリンク

【MLB2023】エンゼルス、またしても戦力が奪われる!テイラー・ウォードが顔面に死球を受けて退場

エンゼルス、痛すぎる!

 現地2023年7月29日、エンゼルス@ブルージェイズのGame2はなんとも言えないゲームとなりました。

 ゲーム序盤は拮抗した展開でしたが、中盤以降はブルージェイズに流れが行き、終わってみれば1-6とブルージェイズの完勝。

MLB Gameday: Angels 1, Blue Jays 6 Final Score (07/29/2023)
Follow MLB results with FREE box scores, pitch-by-pitch strikezone inf...

 何が起こったのか、見てみたいと思います。

大谷選手も死球

 リード・デトマーズとアレク・マノアの先発で始まったこのゲームは、1回表、エンゼルスは大谷選手が死球で出塁。これは2-2カウントから左打者の膝下にスライダーを落とそうしたアレク・マノアでしたが、ひっかかって大谷選手の右足に当たる死球に。幸い、大谷選手はゲームを続行。

 マノアの左右のゆさぶりに苦戦しそうなそんな立ち上がりでした。

2回表のチャンスを潰す

 2回表、エンゼルスはこの日、あまり調子の良くないマノアから先頭のマイク・ムスターカスがシングルで出塁。ムスターカスは好調です。1アウト後、ハンター・レンフローもシングルで続き、チャンスを作りますが、エドゥアルド・エスコバーがフライアウトで2アウト。マイケル・ステファニックが四球で粘り、満塁のチャンスを作りますが、ルイス・レンヒーフォがするどいCFライナーに倒れて得点ならず。

 その後、エンゼルスは3回表に先頭の大谷選手が右中間へ強い当たりのゴロのヒットを放ち、2塁打にします。これでチャンスが拡がったのですが、後続が続かず無得点に。

5回に事故

 0-0スコアで迎えた5回表、エンゼルスはルイス・レンヒーフォの二塁打を皮切りに1アウト満塁でテイラー・ウォードに打席が回ります。当たっているだけに非常に期待が高まるところでした。

 満塁で投げ急いでいたのか、マノアはウォードへの最初の2球のスライダーがすでに抜け気味。そして3球目、91.7mphのシンカーが本格的に抜けて曲がりも遅かったため、テイラー・ウォードの顔面に直撃。非常に痛々しい事故が起こりました。

 ウォードはしばらく起き上がれず、このままカートで退場することに。

 この投球の後、アレク・マノアも降板。ジェネシス・カブレラがマウンドに上がりました。

 エンゼルスはこの際の押出による1点のみに終わります。

 その直後の5回裏、ブルージェイズはシングルで出たアレハンドロ・カークを1塁に置いて、サンティアゴ・エスピナルがLFへ2ランHRを放ち、2-1と逆転。

 テイラー・ウォードの詳細はまだわかりませんが、すでに左目が腫れて、鼻からの流血も見られたので、かなりの大怪我になったと思われます。

大谷選手に申告敬遠が2度

 エンゼルスは5回表と6回表に大谷選手に打席が回りましたが、2打席連続で申告敬遠に。これには3Bを守るマット・チャップマンから監督にクレームが行ったようで、「なんで勝負するんだ」と。「大谷しか打ってないじゃないか」と。もう少し汚い言葉ですが、そういうことを告げたようです。

 あと1本欲しいところで、得点源となる打者にそれをされたら、やはり点は入りませんよね。

 ブルージェイズの策は奏功したことになりました。

モニアックがノーヒット

 これまで大谷選手の後を打つミッキー・モニアックが大谷選手がフリーパスで塁に出た後に、かなりの頻度でそのチャンスを拾ってものにしてきたのですが、この日はちょっと当たる気配もないほど、調子が悪かったです。7月2日のゲームから続いていた連続安打は18試合でストップしました。

 かなり研究されてもいるとも思うので、Gm3にモニアックがどう対策してくるのか、見守りたいところです。

レイナルド・ロペスがデビュー

 エンゼルスにとって良かったのはトレードで獲得したレイナルド・ロペスが素晴らしいデビュー戦を飾ったことです。

 レイナルド・ロペスは2番手として5回裏から1.1イニングを投げ、被安打1、スコアレス、3K。

 非常に良かったですね。

レンドンはまだIL

 ジャレッド・ウォルシュをDFAにした後の今回のテイラー・ウォードの怪我。

 エンゼルスはまたしても戦力に苦しむことに。

 7月初めに自打球で退いたアンソニー・レンドンの近況ですが、脛の骨挫傷の周囲に内出血が見つかり、7月23日時点でさらに2週間の安静が必要となりました。この怪我は不運なものではありました。筋肉系の故障ではなく、自打球でしたので。

 一応、レンドンは8月後半に復帰する望みはありそうです。もしもエンゼルスがその時点でプレーオフ争いで熾烈な戦いをしていれば、その時こそレンドンの本来の価値が発揮されると思います。ネット上ではかなり評判が悪いですが、2019年のナッツでのWSチャンプはレンドン抜きには語れませんでした。

 レンドンには復帰してもらいたいですが、仮に今季はもう不在となっても、慣れたものでしょう。

 OFの補強ということでまたジョー・アデルが上がってきそうですね。頼むから変化球に対応してくれという感じですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
【MLB2024】好調だったマイク・トラウトが離脱!左膝を手術へ
【MLB2024】「手応えあり!」アスレチックスが東海岸タフシリーズを4勝3敗で勝ち越し!NYYにはタイ、O’sには勝ち越し!
【MLB2024】レッドソックス、ジョーリー・ロドリゲスをDFAにし、上沢投手をメジャーに
【MLB移籍2024】レッドソックス、カブスで出場機会に恵まれなかったギャレット・クーパーを金銭トレードで獲得!
【MLB2024】プレーヤーズ・ウィークエンドが復活!人気企画も前回とは違う装い
【MLB2024】ピート・クロウ=アームストロング(カブス/NLROY候補)がメジャー初HRを放つ!
【MLB2024】A’sが投手力でヤンキースをねじ伏せる!JP・シアーズ、メイソン・ミラーがシャットアウト・リレー
タイトルとURLをコピーしました