スポンサーリンク

【MLB2022】フレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入り!

ブルワーズ、ローテーションの1人を欠いてしまう

 現地2022年5月23日、全てのクラブがシーズンの1/4に当たる40ゲームを消化しました。すでに40ゲーム以上を戦っているクラブも多いです。そんな中、ナ・リーグ中地区をトップダントツのトップで突っ走るミルウォーキー・ブルワーズにトラブルが発生。

 ローテーション右腕で、今季はブランドン・ウッドラフの次のゲームを任されていたフレディー・ペラルタが右肩のハリでIL入りすることになりました。

Freddy Peralta Stats | Baseball-Reference.com
2022: 3-2, 4.42 ERA, 50 SO (9th),Career: 29-15, 3.93 ERA, 503 SO, P, AllStar, Brewers 2018-2022, t:R, born in Dominican Republic. 1996, Kaciki

ゲーム途中でトレーナーを伴い降板

 ブルワーズにトラブル発生と言っても、フレディー・ペラルタが今季、本来の調子ではないことはすでに明らかでしたので、特別驚くことではありません。ただ、ローテーションの一人として機能していたのを失ったのは大きいです。

 フレディー・ペラルタは現地2022年5月22日のナショナルズ戦に先発。初回に2奪三振を上げ、好調な立ち上がりに見えましたが、2回に2アウトから2連打で1失点、3回にも四球絡みで1失点を献上。ここまではまだよかったのです。

 4回表、先頭から3連打を浴び、1失点で計3失点目。ペラルタはチームトレーナーを伴い降板することになりました。怪我であることは明らかな状態。

 ちなみに、その後、緊急登板となったブレント・スーターも5連打を浴び、このイニングだけで6点を失っています。

2021年も同じ炎症で離脱

 フレディー・ペラルタは、2021シーズンの終盤も同じ肩の炎症で約2週間離脱。

 2021年は144.1イニングを投げ、ERA 2.81、SO% 33.6%、BB% 9.6%、10勝5敗と素晴らしい成績を残し、オールスターにも初選出。唯一、この肩の炎症による離脱がもったいないシーズンでした。

早期復帰ならローテーションは大丈夫

 フレディー・ペラルタの傷めている箇所は広背筋。日本語訳にするとLatはこうなり、細かい部分までわかりませんが、旋回運動に関わる箇所なのはたしかです。肩の痛みでここを傷めるのは厄介です。早期に復帰できれば良いのですが、仮に15日間のIL通りに、15日で復帰できれば、ブルワーズは次の14日間で15試合をこなすことになるため、アーロン・アシュビーをそのカバーに入れることでなんとかなりそうです。

 過密日程ゆえ、おそらく5月30日のダブルヘッダーでカブスと対戦するときは、マイナーから補強が必要になるかもしれません。

 ただ、長期離脱ということになるとクレイグ・カウンセル監督もちょっと頭が痛くなるところではあります。

 早期復帰が叶いますように。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2022】”冴え渡るシンカー”ロッキーズ、チャド・クールがドジャースを3安打完封
【MLB2022】マリナーズ-エンゼルス間で起こった大乱闘は計12名がサスペンション対象に
【MLB2022】大ケイオスとなったエンゼルス、マリナーズの大乱闘の伏線
【MLB2022】アストロズ、ヤンキース相手にコンバインド・ノーヒットノーランを達成!
【MLB契約】ジャッジ、2022年のサラリーは19Mドルでサイン!延長は未だ決まらず!オフへもインパクトあり!
【MLB2022】バーランダーがさすがの1失点投球!アストロズがヤンキースに勝利
【MLB2022】ヤンキースが土壇場で3点差をひっくり返し大逆転!リッゾが16球も粘る!
【MLB2022】オリオールズ、オースティン・ヘイズがサイクル安打を達成!今季4人目!
【MLB2022】8RBIの翌日に13K!大谷選手、またしても強烈なインパクトを残す!
【MLB2022】こんな嬉しそうな顔は(笑)!デービッド・ロバートソン、14シーズン目でキャリア初打席
【MLB2022】大谷選手、パワー炸裂の2HR、8RBIをマーク!
【MLB2022】レイズ、アイザック・パレデスの3打席連続HRでなんとかヤンキースを振り切る
【MLB2022】”規格外SSの出現!”パイレーツ、オニール・クルーズがセンセーショナル・シーズン・デビュー
【MLB2022】ジョシュ・ハリソン・ナイト!2つの好守備、そしてHR(追記あり)
【MLB2022】パドレス、追撃のタイミングでマニー・マチャードを欠く事態に
【MLB2022】パイレーツのルーキー、ジャック・スウィンスキがサヨナラを含む1試合3HRを放つ
【MLB2022】ジャイアンツがヤーミン・メルセデスをウェーバーで獲得
【MLB2022】ブルワーズ、ロレンゾ・ケインをDFAに
【MLB2022】アンソニー・レンドン、右手首手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2022】ハイレベルな投手戦!カブスが連敗を脱出!ブレーブスは14連勝でストップ
【MLB2022】「うなる剛球!」大谷選手、5勝目!
【MLB2022】アストロズのガルシアとメイトンがイマキュレート・イニングを達成!1試合で2度は史上初
【MLB2022】ドジャース、トニー・ゴンソリンとタイラー・アンダーソンがハーラートップ争い(追記あり)
【MLB2022】DETのエドゥアルド・ロドリゲス、「個人の事情」で今季の登板は未定に
【MLB2022】6月負けなし!ブレーブスが11連勝を達成!今、勝っておかないといけない理由とは(追記: 14連勝でストップ)
【MLBレコード2022】ジャレッド・ウォルシュがサイクル安打を達成!トラウト、大谷もHR!
【MLB2022】マーリンズ、「90分ミーティング」後に4連勝!ジャズ・チズム、さらに発奮
【MLB2022】レッドソックス、2カード連続スイープは大谷に阻まれる!LAAは14連敗でストップ
【MLB2022】いつ見ても惚れ惚れするマイケル・コペックの投球!今季はすでに4度の1ヒッター
【MLB2022】ジョシュ・ヘイダーを今季最初に崩したのはフィリーズ!
タイトルとURLをコピーしました