スポンサーリンク

【MLB2018】大谷投手、TJリコメンド後にマルチHR!トラウトのルーキー時より早いペース!

現地2018年9月5日、ショッキングなニュースが入ってきました。

9月2日に復帰登板を果たした大谷投手でしたが、登板後はじめて故障していた肘のMRIを撮ったところ、新しい箇所に損傷が見つかり、ドクターからトミー・ジョン手術のリコメンデーションを受けたことが明らかになりました!

上のツイートのNew Damageというが新しい損傷箇所ということになります。

アメリカのファンの声

エンゼルスは登板直後は肘は大丈夫と言っていたのにちょっとこれは悲しいですね。確かにもともと傷めていた箇所は大丈夫だったようではありますが、新しい箇所が傷ついては元も子もありません。

一部のファンの声を上げてみました。論調としては「どうでもいい試合でなんで投げさせたんだ」という声が多いように思います。

↑「重要でもないゲームに登板させたのはなんで?エンゼルスはジョークものだよ。トラウトも大谷もここに来た皆は間違いだったね、ごめんね」※超意訳(柔らかめ)をご了承ください。

「なんでアストロズ相手に投げさせたんだ」

(復帰戦なのに一番強い相手に当てたのはなんでというニュアンスかと思います。)

2つほど引用させていただきましたが、いずれも”heXX”というhワードがついており、日本語だと「クO」(※Oにはソを入れてください)とかになりますでしょうか。

このようなファンの手厳しい声もあり、エンゼルスのメディカルスタッフはちょっと厳しい立場に追い込まれました。

本人は4-4、2HRをかっ飛ばす

そんなよくないニュースがゲーム前に駆け巡った大谷選手ですが、当の本人は何事もなかったかのようにレンジャーズ戦に4番DHで出場。

周囲の騒音をよそに、4打数4安打、3打点、2HR、1盗塁と大活躍を見せてくれました。

 

この2本で大谷選手のHR数は18。日本人のルーキーとしては城島選手の記録に並びました。

ちなみに同僚のマイク・トラウトはルーキー・イヤーの2012シーズンに30HRを放ち、ROY(ルーキー・オブ・ザ・イヤー)を獲得しているのですが、18本目は2012年8月3日、出場84試合、266打席目で達成しております。

なお、大谷選手は出場82試合目、247打席目の達成。なんと、トラウトより早いHRペース!

トミー・ジョンと言わず、セス・メイネス手術は?

ファンも関係者もトミー・ジョンと聞いて嫌な感じがするのは復帰に約18ヶ月かかるからです。2020シーズンの半ばくらいですね。人によってはもう少しはやくマウンドに上がる人がいますが、だいたい1年半かかってます。

大谷投手はPRP療法を行いましたが、トミー・ジョン手術との違いを一言で言えばこれです。

PRP療法は「修理」、トミー・ジョン手術は「交換」

うまくまとめてくださっているサイト↓

大谷翔平はトミー・ジョン手術を受けずに復帰できるのか(宇根夏樹) - エキスパート - Yahoo!ニュース
6月8日、大谷翔平(ロサンゼルス・エンジェルス)が故障者リストに入った。エンジェルスの広報によると、痛めたのは右肘の内側側副靱帯。前日にPR...

しかし、第三案とも言うべき、セス・メイネス手術というのがあるのはご存じでしょうか?

セス・メイネスとはカージナルスにいたピッチャーの名前。トミー・ジョン手術の名前の由来がメッツの投手でこの手術を成功させた選手の名前をつけたのと同様に、セス・メイネスがこの手術の初めての成功例だったので手術に名前がついています。本当は学術的な名前がありそうですが、通称はこれです。

どんな手術かと言いますと、セス・メイネス手術は人工靱帯繊維を入れる新手術です。要はこういうことらしいです。

セスメイネス手術は「添え木」してなじませる

うまくまとまめてくださっているサイトがありました↓。

6ヶ月で投球できる? 人工靱帯繊維を入れるヒジ新手術は野球選手を救う
米メジャーリーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が肘を故障し、一時は手術もささやかれましたが、約一ヶ月後、ひとまず打者での復帰を果たしました。そこ...

これだと復帰まで6から7ヶ月。うまくいけば2019シーズンにも復帰できる可能性もあります。

セス・メイネスはカージナルス時代の2016年8月にこの手術を行い、2017年4月にロイヤルズのマイナーのマウンドで復帰。5月にはメジャーのマウンドに上がっています。

通算5年、252試合、18勝10敗、7SVのリリーフ投手なのですが、現役最後の5年目が手術後の成績になります。8試合、9.2イニング、1勝0敗、SVなし。シーズン途中でDFAになったので回復の継続具合の詳細はわかりませんが、要は半年足らずで復帰した実績があるということです。

 

実はマイク・トラウトも怪我した指をこの治療で治しています。

大谷投手はじっくりと考えてから結論を出す予定です。動向に注目ですね。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

 

【2018大谷投手復帰】執念のベア・ハンドも、球速ダウンの代償(追記あり)
現地2018年9月2日(日)、大谷翔平投手が約3ヶ月ぶりとなる6月6日以来のマウンドに復帰致しました!

 

【編集後記】

北海道の大きな地震、安否不明の方々が早急に見つかりますように。希望をもって救出を待ちたいと思います。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】ギャレット・クロシェが”7回/13奪三振”で成し遂げた偉大な2つのこと
【MLB移籍2024】メッツをリリースされたホルヘ・ロペスがカブスとマイナー契約へ
【MLB移籍2024】ドジャースがブルージェイズからキャバン・ビジオをトレードで獲得
【MLB2024】フィリーズのJ.T.リアルミュートが右膝手術で離脱へ!しかし、ASG後には復帰する見込み
【MLB2024】タイガースのタリク・スクーバルが101.7mphをマークし、10Kで8勝目
【MLB2024】ドジャースがNYYに連勝!テオスカー・ヘルナンデスが6RBI
【MLB2024】山本由伸投手がブロンクスで輝く!7回2ヒッター&スコアレス投球!ドジャースが延長11回でヤンキースに勝利
【MLB2024】レッドソックス、今季MLB最多の24安打でCWSに快勝!タナー・ハウク、ERA 1.91に(追記:CWSは連敗ストップ)
【MLB2024】ポール・スキーンズと大谷選手の力勝負は見ごたえあり!そしてチャップマンもギアを上げる!
【2024】MLBが野球賭博への関与で5選手の出場停止処分を発表。マルカーノは永久欠格リストに、他4選手は1年間の出場停止処分
【MLB2024】ヤンキース、ついにフィリーズの勝利数を上回り、MLBトップの42勝へ!ドジャース戦近し!
【MLB2024】マックス・シューマンが攻守に活躍!アスレチックスがブレーブスに打ち勝つ!
【MLB2024】鈴木誠也選手がメジャー初のグランドスラム!カブスはD・スワンソンの勝ち越し2ランで勝利
【MLB2024】送球が走者を追い抜く!エリー・デラクルーズが土壇場で93.3mphスローを披露!チームを救う
【MLB2024】グラブ投げ入れからDFA、そして自軍への批判の誤解を説明するまでの「ホルヘ・ロペス騒動」
【MLB2024】今永投手が初黒星。10戦目にして今季最多の7失点を献上。それでもERAは1.86!
【MLB2024】パドレスのリリーバー、ジェレマイア・エストラーダが13者連続奪三振をマーク!(追記あり)
【MLB2024】「気になってしまう男」エンゼルスのジョー・アデル、ただいまHR10本!(現地5月27日時点)
【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
タイトルとURLをコピーしました