スポンサーリンク

【MLB2023】エンゼルスのジオ・ウルシェラが左骨盤を骨折!(追記あり)

怪我直後に守備につくも、心配な症状

 現地2023年6月16日、この日からカンザスシティにてロイヤルズとの3ゲームシリーズに臨んでいてエンゼルスですが、気になるニュースが入ってきました。

 経験値の高い内野手で3B、1Bと柔軟にこなしてこなしてきたジオ・ウルシェラが現地2023年6月16日付けで10 Day ILに入りました。判明しているのは左骨盤の骨折。

 一応、10 Dayに入れてはいるものの、復帰のタイムテーブルは未定で、より精密な診断が今後行われ、60 Day IL に入る可能性も大きそうです。現時点ではシーズン・エンディングになるかどうかはわかりませんが、ちょっと長引きそうな症状ではあります。

1塁への走塁で危ない転倒

 ジオ・ウルシェラが怪我を負ったのは、現地2023年6月15日。大谷選手が登板したレンジャーズとの3ゲームシリーズのGame3の1回表でのことでした。

 ネイサン・イオバルディの立ち上がり、エンゼルスはテイラー・ウォードがシングルで出塁、2番の大谷選手が四球で歩いてチャンスメイク。マイク・トラウトがフライアウトで凡退した後、アンソニー・レンドンが左手首に死球を受けて出塁。1アウト満塁でジオ・ウルシェラに打席が回ってきました。

 ウルシェラは、2球で追い込まれた後、3球目の94.5mphのアウトコースへの4シームに対応。しかし、2Bゴロで4-6-3のダブルプレー・コース。チャンスでの凡退を防ごうとウルシェラは一塁に懸命に駆け込みましたが、間に合わずにダブルプレー。

 その際、ベースと歩幅が合わず、さらに空足を踏むようなぎこちない動きとなり、そのまま1塁後方で転倒。

 足のメカニズムから言って、見ただけで危ない転び方をしたジオ・ウルシェラ。起き上がるのに時間がかかりましたが、なんとか自力で歩行。痛そうにしながらも1回裏の守備を守りきりました。

 ゲームに出場し続けたので、大丈夫かと思われたのですが、2回裏の守備で交代。1Bにジャレッド・ウォルシュが入りました。

 ウルシェラはこの後、松葉杖をつき、病院へ行った結果、左骨盤骨折が判明しました。

 骨折は後で分かったこととは言え、そのまま1イニング分の守備についていたというのが驚きです。1回裏のレンジャーズの攻撃は、四球、CFライナー、三振、LF前シングル、2Bポップフライと送球を受ける機会もなかったのが幸いです。

すでに腰痛は発症

 なお、ジオ・ウルシェラは6月9日時点で腰痛を発症。9日のマリナーズ戦には急遽スタメンから離脱し、11日のマリナーズ戦も欠場。さらに13日と14日のレンジャーズ戦にも欠場していました。

 今回の骨盤骨折は具体的には骨盤のどの部分かというのが明らかになっていませんので、この腰痛との因果関係もわかりませんが、すでに何らかの兆候は出ていたのかもしれません。

ザック・ネトーもIL

 なお、エンゼルスはSSのザック・ネトーも左腹斜筋を傷めて10 Day ILとなり、15日のレンジャーズ戦ではジオ・ウルシェラが怪我をする直前にアンソニー・レンドンが左手首に死球を受けて、16日のロイヤルズ戦に欠場。レンドンはX線の結果、骨に異常はなく数日の休みで戻ってくる見込みです。

 エンゼルスは内野が潰れている状態です。

 ジオ・ウルシェラは15日の離脱時点で打率.299、OBP .329、SLG .374、HR 2、二塁打 8、RBI 24、OPS+は94。当初の獲得動機よりも長打が少ないものの、打率、出塁率で貢献。14日までの打率は.300を超えていただけに、彼の離脱はエンゼルスの攻撃力に影響を与えそうです。

 また、ザック・ネトーは打率.259、OBP .338、SLG .431、HR 6、二塁打 12、RBI 22をマーク。ウルシェラよりHRを多く放っています。

 この2人が欠けるのは非常に厳しい戦いを強いられそうです。せっかくリリーバーに光明も出てきているだけに何かちぐはぐとしております。

 ちなみに16日のロイヤルズ戦は、ブランドン・ドゥルーリーが2B、ジャレッド・ウォルシュが1Bで、3Bにはルイス・レンヒーフォ、そしてSSはアンドリュー・ベラスケスという布陣でした。

ウルシェラの1B守備の映像

 最後にウルシェラの奇跡の1B守備の映像も載せておきます。これは飛び飛びで出場していた10日のマリナーズ戦での映像。3回表、フリオ・ロドリゲスが放った1Bへのゴロに反応。すばやく2Bへ投げるもアンパイアーに当たってSSのネトーのもとに転がるというなかなか面白い映像が。

 なお、これはファウルの打球です。この直後、フリオがHRを放ったのでした!

 ウルシェラのレベルならあえてやったプレーかもしれませんね。

 ウルシェラの早い復帰を願うばかりです。彼の球際の強さは魅力です。

追記:やはりシーズンエンディングに

 現地2023年6月21日、ジオ・ウルシェラの怪我の続報が入りました。2023年はもうプレーできずということで、シーズン・エンディングとなってしまいました。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB2024】2023年に40/70を達成したロナルド・アクーニャ・Jr.が左膝ACLを断裂。
【MLB2024】ブルワーズ-レッドソックス戦でベンチクリアー!
【MLB2024】レッドソックスのギャレット・ウィットロックが右肘手術でシーズン・エンディングへ
【MLB2024】”絶好調”セス・ルーゴが得意のスラーブでレイズ打線を翻弄!ALトップの8勝目をマーク!ロイヤルズは7連勝
【MLB2024】マックス・フリードがカブス相手に完投勝利!5イニング以上のノーヒッターは今季3度め
【MLB2024】パドレスのザンダー・ボガーツが2ヶ月以上離脱の見込み!(左肩を骨折)
【MLB2024】ラファエル・デバースが6試合連続HR!レッドソックス、ようやくレイズに快勝
【MLB2024】ダルビッシュ投手が日米通算200勝を珠玉の投球で達成!
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが復帰後初勝利!
【MLB2024】今永投手が1981年のフェルナンド・バレンズエラ超え!キャリア最初の9先発で史上NO.1のERA 0.84をマーク
【MLBプロスペクト2024】ポール・スキーンズ、2戦目で6回ノーヒッターを達成!しかも7者連続を含む11Kをマーク
【MLB2024】レッズ、ドジャースに快勝!エリーが4盗塁、ニック・マルティネスがスーパー・リリーフ
【MLB2024】ロッキーズが7連勝!レンジャーズとパドレスを連続スウィープ!
【MLB2024】30勝一番乗りはフィリーズ!アーロン・ノラがメッツをシャットアウト
【MLB2024】カブス・今永投手、ブレーブス相手に5回スコアレス投球!ERAは0.96に
【MLB2024】レッドソックス、ブライアン・ベイヨーが復帰勝利も、吉田選手はあと1ヶ月離脱
【MLB2024】ダルビッシュ投手がドジャース相手に圧巻の投球!7回、2ヒッター & スコアレスで日米通算199勝目
【MLBプロスペクト2024】Max 101.9mph!ポール・スキーンズがMLBデビューを果たす
【MLB2024】マリナーズのマット・ブラッシュがトミージョン手術を実施
【MLB2024】改めて思う、大谷選手の奇跡の繰り延べ払い設定
【MLBプロスペクト2024】パイレーツがついに決断!ポール・スキーンズをメジャーへ
【MLB2024】今永投手、パドレス打線を7イニング0封!8回に逆転2ランを許すも、カブスはサヨナラ勝利
【MLB2024】ドジャースのウォーカー・ビューラーが約2年ぶりにマウンド復帰!
【ML2024】レッドソックス、打線が息を吹き返し、ツインズの連勝を12で止める!
【MLB2024】大谷選手が今季初のマルチHR!ドジャースがブレーブスをスイープ
【MLB2024】フィリーズのトレイ・ターナーが左ハムストリングスを傷めて6週間の離脱へ
【MLB移籍2024】パドレス、マイアミからルイス・アラエズをトレードで獲得
【MLBレジェンド】今永投手の好投で再注目されたフェルナンド・バレンズエラの強烈な9先発(1981)
【MLB2024】今永投手、1-0ゲームを制す!負けなしの5勝目!
【MLB2024】レッドソックス・吉田正尚選手が10 Day IL入り!(左手の親指の捻挫)
タイトルとURLをコピーしました