【MLB2021FA】ツインズ、ネルソン・クルーズと再契約へ!

良いなと思ったらシェアお願いします

N・クルーズ、DH固定のALを選択

 現地2021年2月2日、今オフのFA注目選手の一人であったネルソン・クルーズ( Nelson Cruz)のディールが決定。FA後から再契約を持ちかけていたツインズに決まりました。

契約内容

 ツインズとネルソン・クルーズは1年/$13Mのディールとなりました。オプションなどはない見込みですが、特別な付帯条項がつくようであれば追記します。

前年よりアップ

 ネルソン・クルーズとツインズは2018年12月に、下記の契約を結んでいました。今オフは下記の契約が切れたため、FAに。そして、今回の契約内容の1年/$13Mは前年の$12Mより$1Mアップということに。

【前の契約】

  • 1年/総額$14.3M (2019) + 2020 $12M クラブオプション($0.3M バイアウト)
    • 2019年11月にツインズが2020年のオプションを行使
現地2019年10月10日、ツインズはネルソン・クルーズに2020クラブオプションを行使する見込みです。

煮えきらぬNLユニバーサルDHに決断

 現地2021年2月2日時点でMLBと選手会はナ・リーグのユニバーサルDHについて、無しにするのか、それとも2020年同様に導入するのかを正式に合意出来ていません。

 情報の更新は2020年12月7日まで遡り、MLB側から各クラブに対して、2021年のナ・リーグはユニバーサルDH(=DHをデフォルトで設定すること)を置かない想定で動いて欲しいとのメモを送っているというところで止まったままです。

【噂】長距離ヒッター3名の動向  カブスからノンテンダーFAとなったOFのカイル・シュワーバー、ブレーブスからFAのマーセル・オズー...

 FAとなったネルソン・クルーズは移籍の可能性を広げるため、FA直後からオファーをしていたツインズに対して回答を保留。ナ・リーグがユニバーサルDHを導入するかどうかの結論を待ってから決めたいとの意思表示をしていました。

 しかし、スプリングトレーニング開始まであと2週間ほどに迫った現地2021年2月2日、ネルソン・クルーズ側は2021年のナ・リーグのユニバーサルDH(DHをデフォルトにすること)はもうないという判断を下したことに。

 MLBと選手会は2021年の154試合制の攻防でまずは選手会側がこれを拒否。今はDHルールよりも、スプリングトレーニングのゲームで観客をどうするか?といったCOVID-19の感染予防対策、あるいはシーズンの骨格ともいうべき、ポストシーズンの参戦枠の拡大の要否などにフォーカスが当たっているため、DHに関してはもうプライオリティーを持っていない状況。

 よって、DHのあるア・リーグで、当初から熱心だったツインズに決めたということに。

40才のシーズン

 1980年7月1日生まれのネルソン・クルーズは開幕を迎える2021年の4月1日時点で40才。オールスター前に41才となります。

 下記の記事に近年の成績の凄さを記載しています。

今季「40才」のネルソン・クルーズが現地2020年9月9日時点でHR数トップ、DHでは余裕の3冠です。

 初めてシーズン40HRをマークしたのは、2014年で33才のシーズン。それ以降は2018年を除いて、毎年MVP投票に名前が上がるほど。

 そして直近2年は、2年連続でシルバースラッガー賞を受賞。

 調整が難しかった2020年においても、60試合中53試合に出場。打率.303、OBP .397、SLG .595、OPS .992をマーク。HR 16、RBI 33、OPS +はなんと169。

 年を経るごとに迫力を増しています。

 2021年も大きな怪我さえなければ、十分にいい結果を出してくれそうです。

2020年の選手間の投票で決まるプレーヤーズ・チョイス・アウォードが発表され、ネルソン・クルーズがマン・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。今季創設のカート・フラッド・アウォードの詳細も。

マーセル・オズーナも決まりそう

 ネルソン・クルーズが動いたことで、FAのDH市場は突如、活発化しそうです。2020シーズン、2冠に輝いたマーセル・オズーナのディールも早めに決まるかもわかりませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

良いなと思ったらシェアお願いします

フォローする

この記事をお届けした
MLB4 Journalの最新ニュース情報はいかがでしたか?
よければいいねしてみてくさい!