スポンサーリンク

【MLB 移籍 2023】ブルージェイズ、Dバックスの高評価OF、ドールトン・バーショをトレードで獲得

D−バックス、2023年のOFの中心をトレード

 現地2022年12月23日、ブルージェイズとDバックス間でトレードが成立。

 Dバックスはプロテクトの宝庫のような状態で、すでにプロテクトではありませんが、若手OFで2023年のゲームのキーマン的な役割を果たすと期待されていたドールトン・バーショをトレードでブルージェイズに出しました。

 またブルージェイズからDバックスにはこれまたいい素材のガブリエル・モレーノとヒットマシーンのルルデス・グリエル・Jr.が動くことになりました。

【YOUTUBE】Welcome to the Toronto Blue Jays, Daulton Varsho!

トレード概要

 1:2で計3名が動くトレードです。

ブルージェイズGet

  • ドールトン・バーショ(Daulton Varsho/ 26)OF&C/右投げ左打ち

DバックスGet

背景

 ブルージェイズは右打者が多く、左打ちのスラッガーを探すため、過剰気味の捕手をトレードマーケットに出すことは噂されていました。ブルージェイズの捕手はご覧の通り。確かにいい人材が揃っています。

【ブルージェイズの2022年の捕手】

  • アレハンドロ・カーク(24): 2022年シルバースラッガー賞
  • ダニー・ジャンセン(28)2022年はrWAR:2.9。72試合で打率.260、OBP .339、SLG .516、 15。
  • ガブリエル・モレーノ(23): 2022デビュー。25試合、打率.319、OBP .356、SLG .377、HR1

 一方、ダイヤモンドバックスは、このオフに複数のOFがトレード・ターゲットとして注目されていました。コービン・キャロル(OF)、アレク・トーマス(OF)、ジェイク・マッカーシー(OF)、ドールトン・バーショはいずれも左打者で、それぞれにセンスがあるものの、やはり過剰気味。

 さすがに2023年のROYの有力候補であるコービン・キャロルは出さないだろうとは思いましたが、トレードの相手次第ではそれさえもやりかねません。かつて、マックス・シャーザー、ダンスビー・スワンソンを出したクラブですから。 

 ただ、捕手は104試合出場のカーソン・ケリーの他には、25才で47試合出場のホセ・ヘレーラの2人で、いずれも打率は.100台だったこともあり、捕手が手薄だったことは確かです。よって、100%のマッチとは思えませんが、受給はかなりマッチしたことからこのトレードは成立しました。

 また、ブルージェイズはこのオフにレイズからFAとなっていたOFで左打者のケビン・キアマイアーを獲得したので、右打者のルルデス・グリエル・Jr.が右打者の少ないDバックスのOFとマッチしました。

選手紹介

【TOR】ドールトン・バーショ

 ブルージェイズが獲得したドールトン・バーショは1996年7月2日生まれの26才。2023年7月で27才になります。2017年のアマチュア・ドラフトでDバックスから2巡目指名を受けてプロ入り。

 メジャー・デビューは2020シーズン。COVID-19のパンデミックが始まる前の2020年1月に発表されたトッププロスペクト・ランクで76位にランクイン。

 ドラフト後、マイナーでは主に捕手として活躍。4シーズンで180試合に先発。2020年にデビューした後も、捕手として10試合にマスクをかぶり、このうち先発として6試合に出場。2021年も2020年も捕手としての出場実績があります。

 しかし、最近は持ち前の運動神経でOFとしての役割が多くなっており、2022年7月24日のゲームを最後に捕手にはついておらず、7月25日以降はOFに専念しています。CFを中心にRFをたまに守るという具合です。

 2022年のOFとしてのDRS(Defensive Runs Saved)は19 を誇り、これはMLBのOFのランキングではマイケル・A・テイラーと並ぶ2位。ちなみに1位はアリスティディス・アキーノの20。

 Dバックスは彼のOFとしての能力を高く評価しており、プロテクトしていくとも思われていました。実際、打撃も向上しており、2022年には151試合に出場して、592打席、531打数125安打をマーク。打率.235、OBP .302、SLG .443、HR 27,RBI 74、盗塁16をマーク。

 ブルージェイズは彼を獲得したことにより、攻撃の幅がかなり広がりそうです。しかも守備もいいですからね。

【Dバックス】ガブリエル・モレーノ

 ガブリエル・モレーノは、2000年2月14日生まれの22才。23才で2023シーズンを迎えることになります。

 ベネズエラ出身。2016年8月にアマチュアFAとしてブルージェイズとサインしました。翌年の2017年、17才でプロデビュー。2019年にクラスAに上がりました。2020年はマイナーがキャンセルとなり、冬にベネズエラ・ウィンター・リーグに参加しています。

 2021年にルーキーからトリプルAまで上がりました。最も多く過ごしたのはAAで、32試合で126-47と大爆発。打率.373、OPS 1.092をマークしました。

 2022年はAAAでシーズンイン。62試合で、打率.315、OPS .806をマーク。6月11日にメジャー・デビュー。途中、AAAに落ちたりもしましたが、25試合で、打率.319、OBP .356、SLG .377、HR 1、RBI 7をマーク。2022年でルーキー・ステータスは超えましたが、2023年が飛躍のシーズンになるかもしれません。

【Dバックス】ルルデス・グリエル・Jr.

 2022年11月にアストロズからFAとなったユリ・グリエルの弟ですね。

 1993年10月10日生まれで、現在29才。ブルージェイズの2世軍団のボー・ビシェット、キャバン・ビジオがデビューする前にSS、2Bなどを守っていたのがルルデス・グリエル・Jr.でした。

 2018年にメジャー・デビュー。65試合で、打率.281、OBP .309、SLG .446、HR 11、RBI 35をマーク。LFも守るようになったのは2019年から。

 ほぼ毎日試合に出るようになったのは2021シーズンからで、141試合に出場。もうジュニアたちがIFを守っていたので、主にLFでの出場でした。2022年も121試合に出場。

 キューバ出身のルルデスは、やはりヒットマシーン。MLB通算5シーズンの打率が.285です!右打者でありながら、2021年は138安打、2022年も132安打を放ち、とにかく打撃は信頼があります。安定しています。

 現場の指揮官が喜ぶ仕事をする選手です。Dバックスでは競争ということになりますが、勝ち抜いてきそうですね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

スポンサーリンク

NEW

【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB移籍2023】レッドソックス、フランクリン・ジャーマンをホワイトソックスへトレード
【MLB2023】個性的なアンダースローのダレン・オデイが引退を表明
【MLB 移籍 2023】ブルージェイズ、特殊契約でTJリハビリ中のチャド・グリーンと2年契約
【MLB移籍2023】レッドソックス、マット・バーンズをマイアミにトレード!リチャード・ブライアーを獲得
【MLB 移籍 2023】ジャイアンツ、GG賞2度の捕手、ロベルト・ペレスと契約へ
【MLB 移籍 2023】ナショナル・リーグ西地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 2023】メッツ、バッティング・チャンプのジェフ・マクニールと4年/50Mドルで延長契約
【発表】MLB 2023トップ・プロスペクト・ランク100!1位はオリオールズのガナー・ヘンダーソン
【MLB2023HOF】スコット・ローレンが野球殿堂入り!フレッド・マグリフはEra Commiteeで選出
【MLB移籍2023】レッドソックス、トレードで左腕のジョシュ・テイラーを出してアダルベルト・モンデシーを獲得
【MLB2023】エンゼルス・オーナー、売却はせず
【MLB移籍2023】トミー・ラステラを獲得したマリナーズ、左腕のジャスティス・シェフィールドをDFAに
【MLB スタジアム 2023】ブルージェイズ、ロジャース・センターのウォールの距離を変更
【MLB移籍2023】マーリンズとツインズ間でトレードが成立!ルイス・アラエズとパブロ・ロペスがスワップ!
【MLB移籍2023】ロイヤルズ、アロルディス・チャップマンと1年契約で合意!
【MLB移籍2023】レッドソックス、2021RBIキングのアダム・デュバルと1年契約で合意
【MLB 移籍 2023】ブルワーズ、マーリンズからFAのブライアン・アンダーソンと合意へ
【MLB 移籍 2023】レッドソックスが捕手を補強!ホルヘ・アルファーロとマイナー・ディールで合意
【MLB 2023】ツインズ、トミー・ジョン・リハビリ中のクリス・パダックと3年の延長契約へ
【MLB 移籍 2023】カブス、FAのトレイ・マンシーニと2年契約で合意!打撃の厚みが増す!
【MLB 移籍 2023】パイレーツ、FAのアンドリュー・マッカッチェンと1年で合意!2013年NLMVP!
【MLB 移籍 2023】藤浪晋太郎投手、アスレチックスと1年で合意(追記あり)
【MLB 移籍 2023】FAのカルロス・コレアはようやく決着!ツインズに戻る!
【MLB 移籍 2023】アメリカン・リーグ東地区、各クラブの移籍/FA/トレードまとめ
【MLB 移籍 2023】フィリーズ、タイガースから左腕のグレゴリー・ソトとINFのコディー・クレメンスをトレードで獲得
【MLB 移籍 2023】マリナーズ、CWSからFAのAJ・ポロックを獲得!
【MLB 2023 FA】エリック・ホズマー、カブスと合意するも、強烈なプロスペクト、マット・マーヴィスと競合
【MLB 2023 FA】Dバックス、リラックス投法のザック・デイビーズと1年/5Mドル保証で再契約
【MLB 2023】”地元スーパースターを確保”レッドソックス、ラファエル・デバースと11年/331Mドルで延長合意
タイトルとURLをコピーしました