スポンサーリンク

【MLBルール&移籍2021】NLのユニバーサルDHに揺れるマーセル・オズーナ、ネルソン・クルーズ、カイル・シュワーバーの動向

【噂】長距離ヒッター3名の動向

 カブスからノンテンダーFAとなったOFのカイル・シュワーバー、ブレーブスからFAのマーセル・オズーナ、そしてツインズからFAのネルソン・クルーズ。

 彼らのFA市場の噂がストップしています。貧打にあげくクラブにとっては垂涎のヒッター達ですから、おそらく水面下では動いているとは思います。しかし、情報が表面化してきていません。ということはまだ話が煮詰まっていないということではないかと推測しています。

 長距離ヒッターの3人の動向が出てこないのはどうやら、ナ・リーグのDH制が2021年はないというのがまだオフィシャルにコンファームされていないためとの見方が強いです。

【非公式】2021年、NLはDH無し(12月7日時点)

 ナ・リーグのDHに関して、現地2021年1月2日時点での最新の情報は現地2020年12月7日の情報までさかのぼります。

 この少し前、ツインズからFAのネルソン・クルーズはツインズからのオファーに対して、ナ・リーグのDHの様子を見たいと態度を保留しました。

 MLBとMLBPAは2021シーズンの制度についてまだ正式に合意できていません。12月7日時点では、MLB側から各クラブに対して、2021年のナ・リーグはユニバーサルDH(=DHをデフォルトで設定すること)を置かない想定で動いて欲しいとのメモを送っています。

 今のところ、これがこの件に関する最新の情報です。よって、正式ではないゆえに、クラブ側も彼らをどうするか、決めかねているというのが現状のようです。

2020年、マーセル・オズーナは2冠

 2020年、ブレーブスのマーセル・オズーナは素晴らしい成績を残しました。HR18本でナ・リーグ1位、RBI 56もナ・リーグ1位。打率は.331でナ・リーグ3位で、トリプルクラウンを狙おうかというほど活躍。安打数77は2位、OPS 1.067は3位。素晴らしかったです。

 本当ならすぐにでも獲得に走るクラブが出てもおかしくはないのですが、まだ決まっていません。

OFが不足しているALのクラブもあるが

 マーセル・オズーナは2017年のマーリンズ時代にゴールドグラブ賞を受賞。このシーズンはLFを中心に守りました。どこもLFのスポットは埋まっているのが現状で、ホワイトソックスのRFが空いていましたが、ホワイトソックスはアダム・エンゲルと調停を避けてサイン、そしてFAのアダム・イートンともサインしました。

 珍プレーを演じたこともありましたが、OFの守備には定評があります。

打撃優先 

 マーセル・オズーナに関してはどのクラブも打撃を優先に考えているようですね。守備はプラスアルファのような位置づけかもしれません。もったいない気もします。

2020年は$18M 

 あとは2020年のサラリーが$18Mだったというのも一つネックになっているのかもしれませんね。増してや2020年は2冠でしたから、$20M以上は求めているでしょう。

ネルソン・クルーズ

 2021年の開幕時に40才、7月1日の誕生日で41才となるネルソン・クルーズはア・リーグからのオファーもありつつも、2021年のナ・リーグのDHが正式に無くなるのかを静かに待っている模様です。ネルソン・クルーズの場合、各クラブの動向というより、ネルソン・クルーズサイドが様子見をしていると言っても良さそうです。ネルソン・クルーズの2020年のサラリーは1年/$12Mでした。

カイル・シュワーバー

 衝撃のノンテンダーFAとなったカイル・シュワーバー。2020年のサラリーは$7.01Mでした。

2020シーズンは59試合に出場、打率.188と大いに苦しんでしまいましたが、通算121HR、2019年には38HRを放った大砲はカブスにとっては欠かせない得点源です。

 ダルビッシュ投手のパドレス移籍によって、ある程度余裕が出来たカブスが再契約する向きもありそうです。

 2022年にFAとなってしまいますが、もう1年カブスと契約するか、注目ですね。またDHを使えれば、カブスにとってはさらに嬉しいというところかと思います。

 カイル・シュワーバーが$10M以下というのは資金力があればかなり魅力に思えるのですが。

 いずれにせよ、ナ・リーグの2021年のDHが正式にどうなるのか、ここが焦点になりそうです。筆者はナ・リーグにDHがない方が嬉しいですが、選手の活躍する場を考えると、DH無しに賛成とは言い難い状況です。

 様子を見てみるしかありませんね。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【カブス2022プロスペクト】ブランドン・ヒューズとクリストファー・モレルがデビュー戦で活躍
【MLBトレード2022】ジャイアンツ・ファンから悲鳴が上がったマウリシオ・ドゥバンのアストロズ行き
【MLB2022】こんなのある!?レッズ、パイレーツをノーヒットに抑えるも敗戦!
【MLB2022】大谷選手、通算100号HRに到達!ベーブ・ルース以来の100HR & 250SO達成へ
【MLB2022】エンゼルス、チェイス・シルセス(Chase Silseth)がメジャー・デビュー
【MLB2022】ブライス・ハーパー、UCLに軽度の損傷が判明! PRP療法で対処し、DHで出場
【MLB2022】大谷選手、6回2ヒッターもノーディシジョン!マクラナハンが好調LAA打線を封じる
【MLB2022】ブルワーズ、クリスチャン・イェリッチが3度目のサイクル安打を達成!
【MLB2022】エンゼルス、またしても好循環!22才、リード・デトマーズがノーヒット・ノーランを達成
【MLB2022】アンソニー・レンドン、左打席でHR
【MLB2022】大谷選手、キャリア初のグランドスラム!エンゼルスがレイズを圧倒
【MLB2022】エンゼルス、2点差をひっくり返すサヨナラ勝利!レンドン、大谷、ベラスケスが躍動
【MLB2022】シアトルにまた新星!ジョージ・カービー、小気味よく6回スコアレス、7Kデビュー
【MLB2022】捕手がいなくなったパイレーツ!ジョシュ・バンミーターが急遽マスクをかぶる
【2022】MLBで最も背の高い投手、ショーン・ジェリ(Sean Hjelle)が、メジャー・デビュー!
【MLBプロスペクト2022】ツインズのロイス・ルイスがついにメジャー・デビュー! 初安打も記録
【MLB2022】大谷選手が3勝目!フェンウェイで7回11K!
【MLB2022】好調ウィットロック、エンゼルス相手に好投するも、またも報われず
【MLB2022】アストロズ、ダスティー・ベイカー監督が2000勝を達成!監督勝利数リストも
【MLB2022】メッツ、ロビンソン・カノーをDFAに(追記あり2)
【MLB2022】レッズ、長距離砲のアリスティデス・アキーノをDFAに
【MLB2022】メッツが達成した今季初のノーヒッターは団結力を強める苦心のNO-NO
【MLB2022】トレバー・バウアー、キャリアに痛手!2シーズンのサスペンション処分を科される
【MLB2022】エンゼルスが好循環!ホセ・ラミレスとのしびれる勝負で2勝目をあげた大谷に休養日を与える余裕が生まれる
【MLB2022ポストシーズン】12チームによる新フォーマットをあらためて
【MLB2022】「見えてなかったのか!」ブレーブスのエディー・ロザリオがレーザー眼科手術で前半戦を離脱
【MLB2022】エリック・ラウラーの13奪三振とシュワーバーの猛抗議
【MLB2022】タイガースのミゲル・カブレラが3,000本安打を達成!
【MLBプロスペクト2022】ボビー・ウィット・Jr.(KC)が大苦戦!しかし夜明けは近い!
【MLB2022】加藤豪将選手(TOR)がメジャー初スタメン!レッドソックスは一歩、及ばず(追記)
タイトルとURLをコピーしました