スポンサーリンク

【MLB契約延長2016】D・ゴードンがマーリンズと5年、5,000万ドルで延長

MLB移籍/FA情報

ディー・ゴードンの契約延長

マイアミ・マーリンズの景気のいいお話です。

現地2016年1月13日、複数のソースによりますと、マイアミ・マーリンズが2Bのディー・ゴードン(Dee Gordon、27才)と5年、5,000万ドルで契約を延長しました。

際立っていた2015年のゴードン

ディー・ゴードンの2015シーズンは際立っていました。

打率.333でタイトルを獲得、2年連続で盗塁のタイトルを獲得(’14は64個、’15は58個)、シーズン安打数205!。

アウォードの方でも2年連続オールスター出場、シルバー・スラッガー賞受賞、ゴールデン・グラブ賞受賞とロングヒット系を除いたタイトルをほぼ手中にしました。

今オフ、FAではありません。

3年で権利獲得の「調停」は2016年オフ、6年で権利獲得の「FA」は2019年オフで、まだまだ先です。

そんなゴードンがどうして契約延長になったのか。

契約延長の理由

ここは憶測であることを断った上での話ですが、マーリンズは極端な成績をあげた選手を囲い込む傾向があります。

昨シーズンオフも’14シーズンに37HRを放ったジャンカルロ・スタントンを13年契約で囲い込みました。13年契約ですよ!13年!

これだという投資先に集中して資金を突っ込んでいるという方式に思えますね。

極端な成績でなければ、一流どころでも割りとあっさりとトレードに出したりします。 以前、マーク・バーリーも怒っていましたね。

しかし、D・ゴードンにとってはいい話ですね。大好きなイチロー選手も残りますし(^^)

マーリンズのチーム構成の考え方に色んな意見はあるにせよ、もっとわからないのは、’14年に盗塁のタイトルを獲ったゴードンを放出したドジャースですね。

どうして出したのか、未だにわかりません。

お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLBトレード2021】ハビアー・バイエスはトレバー・ウィリアムスとともにメッツへ
【MLBトレード2021】クリス・ブライアントはジャイアンツへ
【MLBトレード2021】マックス・シャーザーとトレイ・ターナーがドジャースへ!
【MLBトレード2021】ヤンキース、ジョーイ・ギャロを獲得!
【MLBトレード2021】マリナーズ、左腕のタイラー・アンダーソンを獲得
 【MLBトレード2021】ケンダール・グレイブマンがアストロズへ
【MLB2021】大谷選手が5勝目!全てやってのけ、最後が100mphピッチ(追記あり)
【MLBトレード2021】アスレチックス、カブスから左腕のアンドリュー・チェイフィンを獲得
【MLB2021】大谷選手が35号!98試合目で早くも区切りの数字
【MLBトレード2021】パドレスが注目のアダム・フレイジャーを獲得
【MLB2021】エンゼルスのパトリック・サンドバルが9回1アウトまでNO-NO!
【MLB2021】ラファエル・デバース、24才の若さでキャリア100HR
【東京五輪2021】ドミニカ共和国のロスターと野球のスケジュール
【MLB2021】出ずっぱりの大谷選手、スタメン回避へ ! 今季3試合目のOFF
【MLBトレード2021】これはサプライズ!メッツが左腕のリッチ・ヒルを獲得
【MLB】インディアンスの新ニックネームはGuardians(ガーディアンズ)に決定
【MLBトレード2021】レイズがツインズからネルソン・クルーズをトレードで獲得!ポストシーズンにロックオン!
【MLB2021】ヤーミン・メルセデスが引退騒動!その真意とは?(追記あり)
【MLBリハビリ】クリス・セール、復帰へ大きな一歩!マイク・トラウトはベースランニング開始
【MLB2021】大谷選手、今季最高の投球!A’sはビューティフル・リレーで流れを阻止し、後半に逆転
タイトルとURLをコピーしました