スポンサーリンク

【MLB2020】「40才」ネルソン・クルーズ、旬をキープ中!HR数トップ、DHでは余裕の3冠!

MLBプレーヤーの紹介

ネルソン・クルーズが止まらない

 ミネソタ・ツインズのネルソン・クルーズ(Nelson Cruz)が止まりません。

 現地2020年9月8日のカージナルス戦でも2試合で4安打、2HRを放ちました。シーズン通算15 HRはマイク・トラウトと並んでトップ。さらにDHに限って言エバ、ただいまぶっちぎりで3冠といった具合です。

 結果を出している選手に年齢のことを書くのは失礼なことですが、あえてそれを許してもらうとするならば、この人の打撃には年齢による「衰え」はまったくありません。むしろますます迫力を増し、打撃の神様でもついているかのような活躍です。

2017年からのDH専門でむしろ輝く

 通常、年齢の節目では何かを失っていきます。プロ野球選手の野手だと、走力の衰えがもっとも早いでしょう。走力が衰えれば、守備にも影響が出て、出場試合が少なくなっていき、打撃で結果を残せなければ、なおのこと試合には出られなくなっていきます。

 ネルソン・クルーズも例にもれず、総合的な走力は落ちたと言わざるを得ません。たとえば盗塁数で言えば、11年前の2009年には20盗塁を決めていたのに、2019年は0。

走力はベースランニングに注力

 ただ、ネルソン・クルーズの場合、走力が落ちたと言っても、守備で若い頃ほど器用に動く力が衰えた程度で、打撃を支える下半身の力はむしろ充実しており、持っている走力をひたすら攻撃力の時に必要なベースランニングに注力させているといった具合です。

そもそも体力がすごい

 ネルソン・クルーズはそもそもスタミナの点で、他の選手より体力が強いようです。現地2020年9月8日のカージナルス戦は上述で「2試合で4安打」と書いた通り、ダブルヘッダーでした。

 Game1は午後2時過ぎのプレーボールで気温31度の中行われ、この暑さの中、フル出場。5回に今季14号HRを放っています。

 また、Game2は午後5時過ぎのプレーボールで、このゲームでもフル出場。3打数3安打で、しかも7回の最終打席で今季15号のソロHRを放ちました。

 ネルソン・クルーズ、すごすぎます。

2020年の成績(現地2020年9月8日時点)

 ネルソン・クルーズは現地2020年9月8日時点で、42試合、169打席で、146打数50安打。打率.342、OBP .432、SLG .685、OPS 1.117、OPS + 200。HR15、RBI 31、Runs 30。

HRリーダー

 なお、15HRはマイク・トラウト、フェルナンド・タティス・ジュニアと並んで両リーグ通じてトップ。

(HRタイトル)現地2020年9月9日時点

  1. ネルソン・クルーズ(MIN)、マイク・トラウト(LAA)、フェルナンド・タティス・ジュニア(SDP): 15
  1. テオスカー・ヘルナンデス(TOR)、ルーク・ボイト(NYY):14

 ア・リーグの選手が非常に頑張っています。

打率 3位

 打率.342は、両リーグ通じて5位、ア・リーグでは3位です。

(打率タイトル)現地2020年9月8日時点

  1. トレイ・ターナー(WSH): .359
  2. D.J. ルメイヒュー(NYY) : .355
  3. ティム・アンダーソン(CWS) : .353
  1. ドノバン・ソラーノ(SFG): .353
  1. ネルソン・クルーズ(MIN): .342

 なお、RBI 31は、両リーグ通じて12位、ア・リーグでは5位です。RBI は同じ数字で並んでいるケースが多いので、1打点でも上げれば順位がグッと上がります。

DHでは余裕の3冠

 そしてネルソン・クルーズの成績をDHというポジション限定で見た時、際立ったポジションにおります。

  • HR : MLB 1位/ ア・リーグ 1位
  • 打率: MLB 1位/ ア・リーグ 1位
  • RBI : MLB 2位/ ア・リーグ 1位

 両リーグを通じたRBIで、ブレーブスのマーセル・オズーナに追随する形となていますが、ア・リーグはもちろんトップです。

 DHは長打力があれば、相手投手にプレッシャーをかけることができますが、ネルソン・クルーズと対する投手は、彼の前にランナーを出すことを許されない状況ですね。

2009年からHR激増

 現地2020年9月8日時点のネルソン・クルーズのシーズン別HRログです。2009年からHRが激増。40HR以上を4度達成。2014年以降はシーズン40HR近辺を見込めるほどの数字です。年齢を重ねていくごとにHRを打つコツをつかんでいるような数字です。

YearAgeTmHRRBI
200524MIL00
200625TEX622
200726TEX934
200827TEX726
200928TEX3376
201029TEX2278
201130TEX2987
201231TEX2490
201332TEX2776
201433BAL40108
201534SEA4493
201635SEA43105
201736SEA39119
201837SEA3797
201938MIN41108
202039MIN1531
Total16 Yr4161150
162試合換算39108

 ネルソン・クルーズ、素晴らしい仕事をしています。ツインズは残り15試合です。どこまで成績を伸ばすのか、注目しておきたいと思います。

 ネルソン・クルーズの打撃理論をMLBネットワークが紹介しています。

 お読みいただき、ありがとうございました。

コメント

NEW

【MLB】レッドソックスが3人のインターナショナル・プロスペクトとサイン
“幻の2012” ! メルキー・カブレラが引退を表明
【MLB2022FA】ロイヤルズ、アローディス・ビスカイーノを獲得(マイナー契約)
【MLB2022】”200勝左腕”のジョン・レスターが引退へ!キャリア16年、レッドソックス、カブスでWSチャンプ
【MLB2022】新CBAの交渉再開とナ・リーグのユニバーサルDH(追記あり)
【MLB】エンゼルスのリリーバー、タイ・バトリーが復帰へ
【MLB2022】エンゼルスの新ベンチコーチはレイ・モンゴメリーに。コーチにアダム・イートンの名も
【MLB2022】OF、ロレンゾ・セドロラのレッズとの再契約とインターナショナル・サイニング・プールについて
【ビジネス】”The Athletic”がニューヨーク・タイムズ傘下に。わずか5年弱で550Mドルの価値に成長
【MLB2022】最悪の怪我をしたデビン・ウィリアムズ、開幕はOK
【MLBロックアウト後】マット・チャップマン、マット・オルソンなど気になるA’sの調停資格選手の動向
【MLB Pre-2022】ナショナルズのプロスペクト、ケイド・カヴァーリのデビューが楽しみ
【MLB2022】NEW CBAのスムーズな更新が求められる
【MLB】2021年を駆け抜けた大谷選手の仕事ぶり
【MLB】マリナーズで11シーズン!カイル・シーガーが引退を表明
【MLB】”CからSSまでこなす”万能選手、カイル・ファーマーの2022シーズンが楽しみ
【MLB2022FA】2021年大活躍のケビン・ゴーズマンがブルージェイズとサインしたディールについて
【MLB2022FA】マーク・マランソンがパドレスを蹴ってDバックスとサインしたディールについて
【MLBクリスマス】アグリー・セーター(Ugly Sweater)の季節
【MLB2022FA】”サイ・ヤング賞”ロビー・レイのディールとマリナーズの2022年の戦力について
【MLB2022FA】フィリーズがコーリー・クネイブルを獲得したディールについて
【MLB】2021年の贅沢税上のサラリーが確定!LADが怒涛の285.6Mドル
【MLB2022】アスレチックス新監督はOBで3Bコーチを担っていたマーク・カートセイ(Kotsay)に決定
【MLB2022FA】レッドソックスがリッチ・ヒルを獲得したディールと2015年の運命の4試合について
【MLB2022】メッツの新監督は”サルベージ”に定評のあるバック・ショーウォルターに決定
【MLB2022FA】レッドソックスがジェーム・パクストンを獲得したディールについて
【MLB2022】パドレス、ノーマー・マザーラとマイナーディールで合意
【MLB】2022”アマチュア”ドラフト・プロスペクト100にクマール・ロッカーも名を連ねる
【MLB2022FA】ドジャースがクリス・テイラーと4年/60Mドルで再契約したディールについて
【MLBワード】ポストシーズン・シェアとは?
タイトルとURLをコピーしました